2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

畜産

2010/11/20

口蹄疫の児童書(無料で読める)

ごぶさたしてます^^;
久しぶりの投稿ですが、またしても口蹄疫の話題です。

口蹄疫は8月27日に終息宣言が出され、被害地域への家畜の本格導入もはじまりました。
(しかし、ウイルスの侵入ルートは未だ解明されず、どうやらこのままうやむやになりそうな流れです)
再開を決意した農家を応援したいし、この口蹄疫から何を学ぶか、これからもずっと追究していかなければならないと思っています。

皆さんにぜひ、読んでいただきたい本があります。
「牛が消えた日」という口蹄疫をテーマにした児童書です。
一般の方の自主制作でつくられたものです。

ここからダウンロードできます(無料)。
http://ushigakietahi.jp/index.html
ページ内の「ダウンロード」ボタンを押すと、ZIP形式のデータがダウンロードされますので、解凍してご覧ください。

この話はフィクションではありますが、被害農家への聞き取りをもとにしているそうです。
家畜を失った農家とその家族が、そのとき何を思い、どんな会話をしたのか。
やさしい文章ですが、とてもリアルにまっすぐに描かれています。
私は号泣してしまいましたが、読後はすっきりと前向きな気持ちになりました。

年の瀬を前に、口蹄疫のことを改めて思い返すきっかけにしていただければと思います。
(5~10分くらいで読める短編ですので、どうぞお気軽に。涙腺のゆるい方はハンカチ必須)

制作された方に拍手喝さい!
とっても思いのこもった本でした。

2010/09/05

宮崎へ

5日から3日間、宮崎の取材にいくことになりました。
口蹄疫の苦しみから立ち上がるみんな。
今、何を取材し、何をうけとり、どう伝えるか。
自分の感情はさておいて、心のアンテナを高くしていきたいと思います。

Img_1774
今回のおともはこのコブタちゃんだよ


2010/08/29

口蹄疫 終息宣言

Photo_2
(8/29の日本農業新聞のJA広告)

宮崎で大きな被害を出した、家畜の口蹄疫。
8月27日、ついに終息宣言が出されました。

感染家畜の殺処分はずっと前に終わっていたのですが、感染農場の堆肥の消毒作業が今まで進んでいたんです。
汚染堆肥は発酵熱で中心部を60℃以上に上げ、ウイルスを死滅させるはずでした。
ところが、水分が多くてエネルギーの少ない牛の堆肥はなかなか熱が上がらず、終息宣言予定日間際に目標が引き下げられて、49℃の熱でもよくなったみたいです。
…ちょっと不安ですけど。
もう二度と口蹄疫を発生させたくないということは、宮崎の人が一番思っているでしょうから、今後の慎重な対応を信じたいと思います。

とにかく、ひと区切りですね!
そして、ここからですね!!

私個人としては、大規模な農場を狭い地域の中に密集させるべきではないという思いが、日に日に強くなっています。
宮崎県では、家畜伝染病ゼロの産地を目指すという方針を出しているみたいですが、離島でもないのに、生産農家がこれだけ多いのに、それは土台ムリな話じゃないかと思います。
いつまで海外の資源に頼りきった畜産の体制を続けるんだろ。
そのこと自体がリスクを際限なく生み続けるのに。
あーこんなことばっかり考えていても仕方がないんだけど。
前向きに応援したいのに、煮え切らないのでありました。


そしてお知らせ。
携帯電話をauからiphoneに乗り換えました。

2_2

もらったおまけは、「麦わら帽子お父さん」でした。かわゆい。
携帯アドレス変更の連絡が通じなかった方がけっこういらっしゃいます。
私のアドレスを登録してくださってる方で、アドレス変更メールが来ていない方、お手数ですが、こちらのアドレスまで一報いただけるとありがたいです。
makkyu103(あっとまーく)yahoo.co.jp

2010/07/05

口蹄疫また発生…くやしい!!

残念なことに、宮崎市で4日の夜、口蹄疫の新たな疑似患畜が発見されました。
疑似患畜とは、口蹄疫が疑われる症状が発生した牛のことです。
4日の夜から農場全体の牛の殺処分が行なわれ、すでに完了したとのこと。

本当に残念でなりません。
都城の家畜移動制限が解除になったばかりで、ようやく宮崎県全体の移動制限解除が秒読み段階に入っていたところだったのに……。
東国原知事のブログの文面も本当に痛々しい。
↑クリックで飛べます。ぜひ読んでみて。

今日はたまたま畜産農家への取材デーで、このニュースは取材先で教えてもらいました。
居合わせた数人で重~~~いため息。
宮崎の方々のほうが何十倍も辛いでしょうから、気を取り直して、自分がやるべきことを追求していきたいと思います。

もう少しの辛抱です。
口蹄疫は絶対収束できる!
宮崎のみなさん、希望をもってがんばって!
全力で後方支援しますから!!!

2010/06/29

我孫子フィル定演終了(口蹄疫ビラも)

26・27日と、私が所属する我孫子フィルの定期演奏会がありました。
おかげさまで今回も大盛況。
2日間で700人以上の方に来ていただいたそうです。
本当に、お客さまに支えられているオーケストラです。

さてさて、書きたいことはいろいろあるのですが、まずは口蹄疫関連の報告。
今回プログラムのなかに、手作りビラを挟み込みさせていただき、義援金を募りました。
結果、7350円の義援金をいただきました。大感謝!
さっそく28日の朝に、「社会福祉法人 宮崎県募金会」へ振込みしてきました。

挟み込んだビラを見て「知らないことが書いてあった」という感想をくれる人もいましたので、少し長いですけどここにもう一度文面を転載します。
よかったら読んでみてくださいませ。

口蹄疫について、
知ってほしいこと


本日は我孫子フィルの定期演奏会にお越しいただきありがとうございます。我孫子フィルでホルンを演奏している松久章子と申します。音楽とは直接関係ないことではありますが、現在宮崎県で発生している口蹄疫について、ぜひ知ってもらいたくて、チラシを挟み込ませていただきました(少し畜産に関係する仕事をしています)。演奏の合間に、読んでいただけるとうれしいです。

なぜ感染したら殺さないといけないか 
口蹄疫は、豚や牛、ヤギなど、蹄(ひづめ)が偶数ある動物だけに伝染するウイルス性の病気です。人間に感染することはほとんどなく、もし感染しても発病はしません。
 ものすごく感染力が強いのが特徴で、宮崎県では懸命の消毒作業にもかかわらず、たいへん多くの畜産農家が被害を受けました(6月25日現在、291軒、殺処分対象家畜199,293頭)。現在も感染家畜の殺処分作業が大雨のなか進行しています。たいへんな作業です。
 じつは口蹄疫は、大人の家畜が感染しても、死にいたる病ではありません。数週間苦しんだあと、抗体ができて治ることも多いのです。しかし、日本では感染が確認されると、その家畜はもちろん、同じ農場の家畜全員を殺処分しなければなりません。
その理由はおもに4つあります。①予防・治療方法がない。ワクチンはありますが効果が弱く、多少発生を抑制する程度。②感染力が強い。子牛・子豚の死亡率は高く、食欲低下など生産性を下げてしまうので、発生すると農家にとって大きな収入減になります。放っておくと、日本中で口蹄疫が発生して、農家は大打撃を受けてしまいます。③日本産の畜産物が輸出できなくなる。口蹄疫が発生した国(汚染国)の畜産物は、口蹄疫の発生してない「清浄国」に対して輸出できないという国際ルールがあります。黒毛和牛肉はこれまで世界中に輸出されていま
したが、口蹄疫の発生後輸出がストップしました。現在もどんどん在庫が膨れ上がっています。④アジアの汚染国の畜産物の輸入を拒否できなくなる。日本が口蹄疫を抑えられず「汚染国」とみなされると、同じく汚染国であるアジア各国の畜産物の輸入を断ることができなくなります(日本はこれまで清浄国だったので、汚染国の畜産物の輸入を拒否していた)。そうなると、日本に安い輸入畜産物がもっと流通するようになり、日本の畜産物が売れなくなり、農家は大赤字になってしまいます。
そうならないよう、「清浄国」に復帰するために、家畜ごとウイルスを全滅させる方針をとっています。
経済のために家畜に犠牲になってもらう…本当にそれでいいのか、胸が痛みます。

畜産農家はもちろん、県民みんなが苦しい
 畜産農家は家畜を、最終的に「殺して食べものにする」ために飼っています。
でも、だからこそ、短い生涯を幸せに健康に生きてほしいと、心をこめて世話をしています。家族のように付き合ってきた牛や豚を、口蹄疫のせいで「食べるわけでもなく殺さなければならない」苦しみは、言いつくせないものがあると思います。
これからの経営もたいへんです。殺された家畜に対してある程度の補償がされるものの、まったくゼロ、いえマイナスからのスタートです。畜産農家は、牛舎建設や機械などに投資をしているため、大きな借金を抱えながら経営している所が多いです。補償の多くは借金の返済や生活費にあてられることになるでしょう。
新たに家畜を導入するときには、また大きな借金をする必要が出てきます。
苦労しているのは畜産農家だけではありません。宮崎県では現在「口蹄疫非常事態宣言」が発令されており、一般の人も「不要不急の外出は控えること」とされています。そのため発生地付近のお店は開店休業状態。県全体でも経済の動きが鈍くなっているそうです。
しかも、一部の心ない流通業者が、宮崎産の野菜や果物の購入を拒否したり、宮崎ナンバーの輸送トラックの出入りを拒否したりしているそうです。私たち消費者が気付かない水面下で、宮崎産の農産物が店頭で買えなくなるという陰の風評被害が進行しているのです。

宮崎産の農産物を買って応援しよう
そこで皆さんにお願いです。お近くのスーパーの野菜コーナーに宮崎産の野菜が並んでいないときには、「宮崎産の野菜はないんですか?」と店員さんに聞いてください。できたらさらに、「宮崎を応援したいから、宮崎産の野菜を取り扱ってほしい」と添えていただけると幸いです。そんなひとことが5人、10人と重なると「ああ、宮崎産の野菜を置いても買ってもらえそうだ」とお店の人の認識がだんだん変わっていきます。ちなみに、宮崎県産の農産物としては、野菜はピーマン、キュウリ(ともに生産量日本一)、果物はマンゴー、ほかにブロイラー、和牛も有名です。もちろん、皆安全です。

※我孫子フィルの定期演奏会の間(開場~終演後)、ホールロビーにて「口蹄疫義援金」の受付をしております(小さな募金箱を設置)。よろしければ、少しでもご協力いただけますと幸いです。いただいた義援金は、「社会福祉法人 宮崎県共同募金会」へ責任をもって振込みいたします。ここに募金した義援金は、宮崎県によって、各被害農家に届けられます。
 千葉県でも酪農や養豚など、たくさんの畜産農家が頑張っています。今回の口蹄疫は、日本中どこで起こってもおかしくないことでした。人口の多い千葉で発生したら、たいへんなパニックになっていたでしょう。宮崎の皆さんの懸命な努力によって、県外への感染拡大が奇跡的に防がれています。少し遠い地域ですが、隣人のような気持ちで応援していただけると幸いです。
(ここまで)


「宮崎産の~」の内容は、フードコンサルタントの「やまけん」さんに刺激を受けて書き加えました。
彼のブログをいつも読んでいますが、物事の核心を明快に伝える筆力のある人だと尊敬します。
口蹄疫のことに関する彼の記事をぜひ読んでいただきたい。

やまけんの出張食い倒れ日記(口蹄疫関連)

2010/06/10

やっぱり牛が好きなんだな

今日は取材デー。
宮崎で口蹄疫が発生してから初めて酪農家を訪問しました。
数件アポをとったうちの一軒から「防護服を着てくれるなら来てもいい」といわれ、やはりかなり警戒体制なのだな、と実感。
できうる限りの防疫対策をとることにしました。

私がとった対策
①ひざ丈の靴カバーを農場ごとに取り換え装着
②フードつきビニールカッパを農場ごとに取り換え装着
④農場に入る前に酢の200倍液でうがい→マスク(農場ごとにかえる)
⑤農場に入る前に全身に酢100倍液をスプレー
⑥車をとめる場所を必ず農場の人に聞いておく
⑦カメラ、メモ帳の表紙、鉛筆は農場出入りごとにアルコールティッシュでふき取り

酪農家からは「そこまでしなくていい」と笑われましたけど、やっぱ気をつかいます。
それにしても、酢のうがい、けっこうのどイタイです。
自分としては、まだまだ。
本当にウイルスの危険があるなら、こんなものではすまされないと思います。

自分の武者修行も兼ねて、選りすぐりの優秀な経営の酪農家を数軒訪ねたのですが、久々に取材を忘れて酪農家の魅力に没頭しました。
(編集長にはいえない、いえ、記事の取材はちゃんとした…はず)

息子に今年経営を譲ったオジサマ酪農家「でも牛から離れられないんだよな~」とうれしそうにつぶやきます。
農場の休憩所にはところ狭しと牛グッズコレクションが。
「牛のことばっかり考えて生きてきたからね。牛がちょっとでも描いてあればなんでも買っちゃうの」

牛の観察力もすごい。
「毎日、搾乳の時間になると、牛をミルキングパーラー(搾乳する場所)に追い込みながら、一頭一頭に触ってやるんだ。性格全然ちがうんだよ。触るとすぐに立ち上がるやつ、ぼーっとして3呼吸してから動き出すヤツ。呼んでもないのにすり寄って来るやつ。100頭以上いるけど、全部性格わかってる。
その日さわったとき、いつもと違う反応をしたら、それは牛が何かを訴えようとしているサイン。
ほんのちょっとした違いの時点で気付いて、ケアしてあげられるかが勝負なんだ」

そのオジサマの農場は、200頭近く牛がいるのに、ニオイはまったくなく、そよ風の音が聞こえるくらい静かでした。
牛はみんな穏やかで、私のような異邦人が侵入しても、「だあれ?お客さん?」てな感じでそっと寄って来るくらいの反応。
牛が寝るベッドもきれい。エサ場もきれい。
「『カウ・コンフォート』なんて最近言われてるけどね、うちは20年も前から、牛が快適に過ごせる環境を絶対つくってやるんだ、てつもりでやってきてた。
牛が気持ちよさそうだと、こっちもうれしいんだ。
夕方、パンパンにふくらんだ乳房を下げて、よたよたとミルキングパーラーに牛が入って来る。それを絞ってやると、牛が満足げに出ていくんだ。それを見ると『あ~オレがやりたかったのはこういう酪農なんだ!』って、うれしくなっちゃう。やっぱり牛が好きなんだなあ」

牛が快適に過ごした結果として、たくさんの牛乳がもたらされる。
そのことに無上の喜びを感じる酪農家。

そんな酪農家の話を聴くことが、私のよろこびだなあ。

2010/06/02

首相辞任 今度はもっとましな農水大臣に!

鳩山首相の辞任のニュース、出張帰りの新幹線中で知りました。
(取材中に、このことが話題に出なくてよかった…)

4年連続?総理大臣が変わりますね。
それだけ難しい情勢なのか、というくらいかな、私の感想は。

それより、口蹄疫対策に政治的空白を作らないために、一刻も早く組閣をしてほしい。
でも、赤松さんが辞めることになってセイセイしています。
この人は本当に宮崎の農家、いや農家全員を傷つけた。
口蹄疫発生で混乱する宮崎をほっぽって、GWに重要でない外遊をしたうえ、帰国早々民主党候補者の応援に行く始末。
ようやく宮崎に来たと思ったら「口蹄疫対策は問題ない」の一点張り。
ついこの間もエラソーに記者会見で「早く殺処分のペースをもっと上げろ、何が問題なんだと現場に指示している」というようなことを言っていたみたいだし。
渦中の河南町にはまったく足を踏み入れないし……形ばかりの空虚な大臣さん。
やめてよかったよ。

今度はもっと、誠実で行動力のある、聞く耳をもつ人を農水大臣にしてほしいです。
知識は後からついてくる。
とにかく現場を大切にする人になってほしい。

2010/06/01

映画「牛の鈴音」 牛飼いの気持ち

ずっと気になっていた映画、「牛の鈴音」を見てきました。
40歳になるおばあさん牛を使って、老夫婦が昔ながらの農業を営む様子をたんたんと綴った、韓国のドキュメンタリー映画です。
見てよかった……かな。うん、見ておいてよかったと思います。今このときに。

(以下ネタバレ、映画を見たい人は見ないでね。だって映画見る人少ないと思うから、話したいんです)
実在の牛と夫婦の日常を撮っているのですが、この映画に出て来るおばあさん牛は、まーホントにヨボヨボで。
まっすぐに進むこともできず、人間が歩くより遅く、やっとこさやっとこさ畑を耕すんです。
隣りの畑ではトラクターが颯爽と駆け抜けていく。
それを見ておばあさん(人間)が「あ~あ、機械がある家はいいよねえ。あたしゃ本当にみじめだよ。こんな手のかかる老いぼれ牛しかなくて。ぶつぶつ……」
とひたすら愚痴をこぼします。
おじいさんは聞こえないふりをして、黙々と牛のために草を刈ります。
不自由な足を引きずって、自分もフラフラになりながら。
この映画、見てるほうも忍耐がいります。

老夫婦の子供たちは言います。
「この牛は本当に働き者だ。
俺たちが小さいころにやってきて、よく稼いでくれた。
あの牛のおかげで大学に行けたし、結婚もできた。
でも今はあんなに老いぼれて……。もう限界だろう。
お父さん、もう売ってしまったら?今後のお金のことは、俺たちが面倒みるから。」

おじいさん、家族中の勧めで牛を家畜市場に連れていきます。
もちろん、安い値段しかつきません。骨と皮ばかりのおばあさん牛だから、当然です。
哀れまれて善意の価格を提示されても「俺は500万ウォンじゃないと絶対に売らん!」の一点張り。
とうとう買い手がつかず、おじいさんは牛を連れて帰ってきてしまいました。
おばあさんはあきれ顔(でも、心なしかほっとしてたような)。

その後もおばあさん牛は、たくさんの薪を運んでくれました。
農作業も終わって初雪が降るなか、おばあさん牛は静かに息を引き取りました。

おばあさん牛は、40年近く通った畑のなかに、ローダーで運ばれ、ショベルで優しく土をかけられ、埋められました(近所の人がやってくれた)。
それをさびしそうに見つめるおじいさんの横顔で、映画は終わります。

こんなにも長く一頭の家畜と一緒に暮らすことは今ではないけれど(といってもこの映画の撮影はつい3年前の話)、牛は本当に家族だったんだなと、思いました。

今でも子とりの繁殖牛は10年以上飼いますよね。
その牛の娘、そのまた娘と、何代にもわたって付き合っていく。
その血の絆を一瞬で断ち切られた口蹄疫被害農家は、どれだけ辛かったことでしょう。
それでも、児湯の畜産農家の7割の方は、畜産再開を希望しているとか。
心から応援してます!

Img_wallpaper02
牛の鈴音 公式サイト


*牛の鈴音は、今週いっぱいなら東京の「下高井戸シネマ」で見られます。ナイトのみ。

2010/05/30

宮崎が悪いという論調に騙されないで

勤め先の会社でも、社員に呼び掛けて口蹄疫募金と署名の回覧をまわしています。
さすがに関心が高く、予想以上の署名・募金が集まりつつあります。

そんな先週のとある日の出来事。
同じ部署の後輩クン(新人)がおもむろに私の机の前に来てひとこと。

後輩クン「まっきゅーさん、募金の回覧用紙って、今どの辺にありますかね」
まっきゅー「う~ん? たぶんこのフロアのどこかにあると思うけど。どうかした?」
後「あのう、募金の金額、変えようと思って」
ま「下げる?金欠?」
後「いえ、上げます!」
ま「???」
後「昨日、ネットカフェで泊ったんすけど、口蹄疫のことネットで調べてたら、ひどかったんですよ。
自己責任だ、税金の無駄遣いだ。想像力ない奴らばっか。腹たっちゃって。」

彼がネットカフェに泊ったのは、飲みすぎではなく仕事のやりすぎですので、誤解なきよう(笑)
腹がたって募金を増額するという行動に出るのが不思議ですが、こういう義憤を持ってくれるのは頼もしいことです。

それにしても、ここにきて宮崎批判のような論調がマスコミでもネット情報にも流れていますね。
種雄牛の発熱の報告をせず隠していたとか、宮崎は自分達のことしか考えてないとか、ワクチン拒否する農家は「ゴネ得」を狙っているとか。
あまつさえ、自己責任だなんて。
なんでそういう発想になるかなー

何より真っ先に批判すべきは、政府の対応の初動があまりにも遅かったことでしょう。
発生して一か月たってから「対策本部」設置だなんて、おそまつすぎる。
伝染病は発生後いかに短時間で徹底的に抑え込むかが命なのに。
その責任と権限を持っているのは国なのに。
10年前にも北海道、宮崎で口蹄疫が発生したにもかかわらず、そのときよりも初動の対応が相当にぶかったようです。

口蹄疫の疑似患畜(発生が疑われる家畜)と同じ敷地内にある家畜を全頭殺処分することも、法律で定められていること。
その是非はともかく、現時点での義務なんです。
口蹄疫のウイルスがどこから入ってきたのか、未だ明らかにされていませんが、これだけ世界的に物と人の動きが活発化していると、日本中のどこで起こってもおかしくない。
発生農家には、何の落ち度もない。完全な被害者、いえ被災者です。
他県に発生を拡大しないように、本当に頑張ってくださっていると思います。

たしかに、口蹄疫の問題を抜きにしても、今の畜産業界は国の補助金なしには立ち行かないことは確かです。
私が畜産の担当になった当初、よくまーこれだけ補助制度があるもんだ、とアゼンとしましたよ。

日本の畜産の在り方にも、正直、突っ込みたいところイッパイあります。
輸入飼料に依存する生産構造、高密度・大規模化農場の増加。
畜産過密地帯地域の存在(北海道とか鹿児島とか宮崎とか沖縄とか…)
(どれも、口蹄疫発生、まんえんを助長する非常に危険な要素)
サシ至上主義の和牛の格付け評価。
きめ細かいサシを入れるために、ビタミンAを制限して、倒れる寸前までエサを食わせ続ける和牛肥育技術。

でも、この国から畜産がなくなってはいけない。
人間が利用できない草や有機物を、肉・乳・卵・堆肥など人間の役に立つ形に変えてくれる。
堆肥があるから、田畑で農作物がたくさんとれる。
(家畜堆肥を嫌う人もいるけど、有限資源の化成肥料よりずっと永続性があり、コストも低くすみます。今一度価値を見直してほしい)
それに、畜産農家はみんな魅力的。
大きな動物を扱うから危険も多く、毎日真剣勝負。
母ちゃん農家でも野太い声で叫びながら牛を引いたりします。
牛に踏まれて足の形が変わったりしても、それでも「牛がかわいい」というんです。
経済動物だから情に流されてはいけないと誰もが言うけど、お互いに信頼関係があるんだな、と感じる場面を何回も見てきました。
畜産農家に、ずっと安心して仕事を続けていってもらいたいな。

宮崎の畜産農家には、十分な支援のもとにしっかり元気になってもらって、そこから先、これからの日本の畜産の在り方を、みんなで考えていきませんか。

今回支離滅裂な内容ですみません。

025_3
牛にエサをあげる母ちゃん

2010/05/26

宮崎の「畜産農家応援セット」ネット販売開始!

口蹄疫被害で苦しんでいる宮崎県を、おいしく食べて応援しようキャンペーンがはじまりました。

宮崎牛カレーや冷や汁などの加工品セットを注文すると、その売り上げの一部が畜産農家への義援金として寄付されるというものです。

詳しくはこちら↓
おひさましょっぷ みやざき屋SUN
宮崎経済連のネットショップです。

なかなか宮崎牛肉を買う機会に恵まれないのですが、これならネット通販なので、気軽に宮崎の産品を買って応援できます。
さっそく購入申し込みしました。

あなたもぜひ!