2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 母、イノシシに襲われる | トップページ

2011/03/06

おいしいミカン産地の不思議な共通点

私はミカンが好きです。

冬から春までの間、毎日ミカンを食べずには一日がおわりません。

冬のおやつであり、水分であり、ビタミンでもある。

風呂上がりの冷えたミカンのおいしいことっていったらもう!

年明けからはデコポン、イヨカン、ポンカン、はるみなどなど中晩柑ラッシュに心おどる日々!

No みかん. No Life.

半分本気でミカン農家になりたい今日この頃。

とまあ、そんなミカン好きの私が、今年の初めに「農家の台所」銀座店に行った時のこと。
ちなみに「農家の台所」は、最近ちょっと有名な国立ファームの直営レストラン。
個々の農家をアイドル張りにアピールし、野菜は珍しい品種にこだわるなど、農のおもしろさを前面に出した店づくりをしています。
お店のナイスミドルなお兄さんが、あたらしいミカン「はるか」を試食させてくれました。


Img_2078
はるか。デコポンのようなデベソがかわいい。

レモンのような黄色い皮で、一見すっぱそう。
でも食べてみると、甘くてみずみずしくて、さわやかな香り!おいしい!!!
感動してお兄さんと話がはずみました。
そのお兄さんは、柑橘についてやたらと詳しく、あまり有名でない産地とか、温州ミカンの細かい品種のこともよく知っていました。
聞くと、お兄さんはもともと東京の青果市場のバイヤーで、果物を担当していたというのです。
しかも「柑橘はとくに好きなんですよね。いろんな産地を歩きました」というではありませんか。
どうりで詳しいわけだ。お友達になりたい!!

このお兄さんから、不思議な話を聞きました。
「ミカンの産地はほとんどが海っぺりの傾斜地にあるんですけど、ここはおいしい、って思う産地は畑の”西側”が海になっているところなんですよね」
つまり、夕日の沈む海に面しているミカン畑では、とくにおいしいミカンがとれるということ。

そういえば、歴史の長いミカンの産地は、西側が海になってる。
和歌山県の有田、田辺。愛媛県の八幡浜、宇和島、伊予。
熊本の河内、長崎もそう。
もちろん、西側でない有名産地もあるけど(静岡の三ケ日とか、神奈川の湯河原とか)。
何より、このイケてる元バイヤーさんがお気に入りの産地がサンセットビーチばかりというのは、大いに気になります。

Img_2085

和歌山県田辺産のポンカン

そんな話を、好奇心旺盛な職場のI先輩と話してみました。
まっきゅー「先輩どう思います?この話。どうして西側なんでしょう」
I先輩「へえ、おもしろいねえ。やっぱ海水なんじゃない?」
ま「は?」
I「風って西から東に吹くことが多いじゃない。偏西風ってやつ。海水混じりの潮風があたって、ミネラルいっぱいのおいしいミカンになるんじゃないかな」
ま「ふふ~ん。そういうことかなあ」

結局真相はまだよくわかりません。
ネットでも調べてみましたが、こういう視点で産地の分析をしている研究は見あたらないんですよね。
でも、なんだかロマンを感じてわくわくしました。

西側といえば、かくれた柑橘の名産地、鹿児島県の出水市も、西側が海ですね。
なかでも針原地区のミカンはおいしいと名高いそうですが、グーグルマップで見てみると、まさに目の前が海
出水のミカンは本当においしい。
まだ全国的には有名じゃないけれど、出水の特徴はすごくたくさんの品種が生産されていること。
温州みかん各種はもちろん、不知火(デコポン)、スイートスプリング、ポンカン、せとか、はるみ、はやか、ボンタン、晩白柚……他ではあまり聞かない品種もけっこうあります。
で、どれもうまい!
出水産のミカン、いまのところ外れたことがないです。
スイートスプリングはとくにおいしいと思います。あと温州もスーパーのよりみずみずしくてうまい。

うちの両親は「特産館いずみ」が大好きで、冬は月に2~3回も通うほど。
ここは並んでいる柑橘のほぼすべてを試食できるところがいい。
でも、どれもそん色ないくらい、おいしいです。
お惣菜も充実。ここの卵屋さんのサンドイッチと卵焼きが超うまいのでおすすめ。

そろそろ柑橘シーズンは終盤ですが、ハッサク、清見、甘夏、はるみなどなど、晩柑類はまだまだ目白押し。
まだまだ柑橘たのしむぞお~! 

あなたもレッツみかん!


追記:コメント欄で後輩のgamiくんがかなりおもしろい追加展開をしてくれています。
必見です!私より数段深い考察です。


 

« 母、イノシシに襲われる | トップページ

ふるさと鹿児島のこと」カテゴリの記事

農・ガーデニングのこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
興味深いですっ!!!!笑

方角に関係することといえば、風と日照がまず思い浮かぶところですね.

西向きは、記事中にもある通り、偏西風を受ける方向ですね.
一般的には、ミカンやオレンジが育つ気候というのは、気候区分で言うと
地中海性気候で、これは簡単に言うと夏に乾燥して雨が少ない気候です.

海沿いの斜面が日当たりもよく、水はけがいいのでミカンの栽培に適しているけれども、
海沿いなので湿気も高い.
西向きの斜面は風をよく受けて、海からの湿気の多い空気をとりのぞいてくれるので、
東向きよりも乾燥した環境が保たれていて、ミカンにとって良い.
のでは?というのが僕の印象です.

あるいは、西向き斜面の方がより偏西風を強く受け、
ミカン畑の蒸発・蒸散量が東向きと西向きでは異なる.
風を受ける方が蒸発量が増えるので、土壌はより乾燥する.
日射と気温の関係からしても、
気温が一番上がる午後2時~3時の時間帯に、
より効率的に日射が得られるのは西向き斜面なので
乾燥した環境を作るには理にかなっているし、
単純に植物として、効率的に日射が得られる方が
成長にとってプラス要因.
これは確からしい気がします!笑 どうでしょうか?

 + + +

似たような話で
モンゴルでは、すごーくなだらかな平原に
すごーくゆるい丘陵が続いている風景の中に、
山の片側だけ植生が生えるような風景が見られます.
ほとんど起伏がなくてどこでも条件は同じように見えても、
温度、湿度、日射などの気象要素の微妙な違いで
草が生えたり、生えなかったりして、
植物って思ったより繊細なんだな、って思い知りました.

日本のミカン栽培地の気候区分について小話.
気候区分の分け方の1つの基準は年降水量です.
これは、熊本で観測してるときに気付いたことなのですが、
日本では、ミカン栽培に適した気候の土地でも
地中海性気候に区分されるケースはほとんどないと思います.
それは、地中海性気候の基準より年降水量が多いからで、
実は、それは台風の影響なのです.
日本ではもともとの気候の条件に加えて、台風が不規則に
雨をもたらすので、年間、10年のスパンでみると、
台風でけっこう降水量を稼いでいるんですよね.

僕は観測で雨を獲りに山に入っていたのですが、
観測地の裏山はミカン畑でした(ちなみに東向きでした.)
あれ?ミカン畑があるってことは、雨が降らない
土地のはずなのでは?と思ったのですけど、
結局台風でデータが取れたのでした.

gamiくん

専門家キターーーーーー(・∀・) !!!
すばらしい追加展開をありがとう。
おもしろいねーー!!!
西向きのほうが、より乾燥しやすい条件だという発想はなかったよ。
なるほどそう考えると、園芸植物にとって真夏の西日が危険だということの理屈がわかった。
最近は温暖化で乾燥しすぎてミカンは日焼け果と浮き皮問題が深刻なんだよね。ダニも大発生。
暑すぎない気温と、適度に湿気を含んだ風、というのも大事なのかな。

モンゴルの話もおもしろかった。
まさに微気象だね。植物が生きるか死ぬかの境界線にある微気象。
日本はもっと豊かに植物が生きられる条件があるなかでの微気象だから、一見緑の大地だけど、
細やかに見ると、狭い範囲でも植生の違いはけっこうあるんだよね。
こういうのをとらえて、先人は適地適作の知恵を生み出したんだろうな。
アメリカの企業農業には100年たっても理解できまい。

台風の影響で気候区分が変わってしまうというのも新発見でした。
さんきゅうう!!!

ところでgamiくんの専門はひとことでいうと何だっけ?

応答が遅くなってしまって、すみません.
専門家だなんて、がっはっは。全然ですよ。笑
コメントした後に、植生にも詳しい先生と
会って話す機会があったのですが、地震のせいで
その機会が無くなってしまって、お話できなかったんです、、残念
そのうち聞いてみようと思います.

僕は水文学という分野で地下水の勉強をしています.
水の循環に関わることを勉強していると、
雨から土壌水、地下水、湧水、河川水、と
いろんな水の現象を扱うのですが、
土壌の状態や、蒸発散は、かなり重要なポイントで
なじみのない人には盲点だと思います.

今後の話題としては、
西向き斜面の方が偏西風を受けて、
大陸からの乾性降下物(黄砂)も受け止める.
黄砂には、硝酸性窒素も含まれていて
汚染にもなり得るけれども、養分とも言えるので
その影響なんかも考えられるかもしれません.

モニタリングとか、してみたいですね、、笑

今、鹿児島県文化センターでモスクワ・フィルハーモニー交響楽団の公演中です。舞台監督をしています。
今夜の一杯のお店を探していたところ、このブログが目に留まりました。
今夜、特攻チキン野郎加世堂さんによらせて頂きます。
おいしそうな写真にノックアウト寸前です。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62457/51043033

この記事へのトラックバック一覧です: おいしいミカン産地の不思議な共通点:

« 母、イノシシに襲われる | トップページ