2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/06

母、イノシシに襲われる

いやーーーーー
ぶったまげました。
先日、新燃岳のようすを聞こうと鹿児島の実家の母に電話したときのこと。
母「あのね、昨日すごい珍事件があったの。
職場の駐車場でね、イノシシに襲われたの」
私「え!!誰が!?」
母「お母さんよ」
私「なんですとーーーーーーーーーー!!!!!」

事件の顛末。
母は上川内にある短大の寮の食堂に勤めています。
お昼の仕事がおわって帰ろうとしたとき。
出入りの業者さんが「さっき駐車場にイノシシがおったよ」と声をかけました。
好奇心の強い母と同僚の2人は、「えー?まだいるのかな」と興味津津で駐車場に出ました。

ドアを開けた瞬間。
すぐそばにいたイノシシと目が合ってしまったのです。
あわてた母たちはすぐに中に戻ろうとしたのですが、同僚の方が誤って自分が入った時点でドアをしめてしまい、外に母だけが取り残されました。

ドアを開けようとあたふたしている母にイノシシが突進。
母のお尻に4回もどついてきたそうです。
「助けてー!!!!!!」
母の悲鳴は構内中に響き渡ったとか。

直後、2頭の猟犬が駆けてきてイノシシにかみつきました。
イノシシと猟犬は取っ組み合いのケンカを数分繰り広げ、ついにイノシシが降参。
そこへに数人の猟師がやってきました。
おびえる母の目の前で、猟銃を「ドン!」
イノシシは血の海の中で息絶えたそうです。

幸いにも母は軽傷でした。
お尻にキバの引っかき傷と打撲痕が数か所。
ただ、精神的なショックが大きかったようで、心療内科のカウンセリングをうけ、
軽い内服薬を処方してもらい、しばらく仕事も休むように言われました。
そりゃそうですよね。
ものすごい恐怖だったと思います。

なぜ、母はイノシシに襲われたのか。
イノシシはとても臆病な動物。
自分から人の目につくような場所に出ることはまずありません。
それでも今回、見晴らしのいい駐車場に自分から出てきた理由は、
「追われていてパニック状態だったから」
ということのようでした。

そのイノシシは、母の前に現れる前に10km以上も山の中を猟師集団に追われていたそうです。
しかしその猟師の人たちは伊集院に住んでいる人だったためか、土地勘がなかったようです。
猟師としてはあるまじき失態をしてしまいました。
人里に向かってイノシシを追ってしまったのです。

母の診療費は猟師さんたちが自分たちの保険で支払ったそうですが、
今回の事件を厳しく反省して、二度とこういうことが起こらないようにしてほしいです。
わな猟をメインしてもらうことはできないのでしょうか。
そのほうが危険も少なく、効率もいいと思うのですが。
イノシシをはじめとする獣害で中山間地の農家はとても苦しんでいます。
猟師さんのがんばりはとても大事。
だからこそ、みんなに歓迎される活躍をしてほしい。

母には、亡くなったイノシシの供養を提案しました。
少しは気が休まると思ったから。
母「そういえばあのイノシシもかわいそうだったねえ。イノシシは何が好物なのかな?」
私「米ぬかとか、お米かなあ(本当は何でも好きだけど)」
母「そうなんだ。じゃあお米と塩と焼酎でお清めしてこようかね」
翌日、襲われた張本人の母が事件現場で手を合わせて供養している姿を見て、大学の職員の人が驚いていたそうです。
もともと動物好きの母。優しい心に私も感動しました。
母「なんだか私の心も少し軽くなったみたい。不思議やねえ」
あとは一日も早く、心身ともに回復してくれることを祈るのみです。

人里近くに増えすぎた山の動物たち。
今踏ん張って、人間のパワーで山に押し返すことが、末永く共存する道だと思います、。
私も微力ながらがんばります。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »