2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/12

ミソジの仲間入り

世の中が選挙やワールドカップでにぎわう11日、ひそかに一つ年をとったのであります。
29+1=30
いよいよミソジに突入したわけであります。

30歳というと、なんだかバリバリブイブイ社会の真ん中で活躍している大人、というイメージを持ってました。
じっさいなってみると、うーん全然大人げないまんま。
あせります。
私、30歳になっていいのかしら。
自分の年齢を言うのが急にこわくなってきたりして。

ともあれ、年を重ねるごとに公私ともにいろんな出会いがあり、世の中が少しずつ広く深く見渡せるようになってきたのはおもしろいです。
ある程度世の中わかったふうなフリもできるし、そうしがちな自分がいるんだけど、知らないことを学ぶ喜び・快感こそ人生のエネルギー。
知らないということを恥と思わず、謙虚にどん欲にいきたいです。

30歳になって、これはぜひやらねばと思うことが一つ。
「自分の失敗や欠点や、どうにもならないことに対して深刻になるんじゃなくて、”開き直り”や”明るいあきらめ”の精神でいこう」みたいなこと。
私に会ったことのある人は、第一印象で「なんかしっかりしてそーな人やな」と思ったかもわかりませんが、私の内面はそーとー大人げないです。
後輩の有能ぶりに嫉妬したり(その割に努力はしない)、著者に苦言をいわれて心のなかでその人ののしったり(表面上ではあいそよく)、会議で自分の発言がウケないと以後こわくて無口になったり(そして眠くなる)、同世代の結婚・出産を祝いつつ心の中は孤独感がましたり(いよいよそういう年齢になったか!)…でも本能的によかぶってしまうのですね。
自分が不幸だと思うと、暗いオーラを放って殻に閉じこもり、悲観的になり周りのことに関心が向けられなくなる。
そのせいで、ずいぶん時間を無駄にしてきたように思います。
もう少し肩の力を抜いて、明るい負け組おねーさんを目指します。
みんなと楽しく生きて、いつでも世の中楽しくするアクションをし続けられるように。

今後ともよろしくお願いしますね!

2010/07/05

口蹄疫また発生…くやしい!!

残念なことに、宮崎市で4日の夜、口蹄疫の新たな疑似患畜が発見されました。
疑似患畜とは、口蹄疫が疑われる症状が発生した牛のことです。
4日の夜から農場全体の牛の殺処分が行なわれ、すでに完了したとのこと。

本当に残念でなりません。
都城の家畜移動制限が解除になったばかりで、ようやく宮崎県全体の移動制限解除が秒読み段階に入っていたところだったのに……。
東国原知事のブログの文面も本当に痛々しい。
↑クリックで飛べます。ぜひ読んでみて。

今日はたまたま畜産農家への取材デーで、このニュースは取材先で教えてもらいました。
居合わせた数人で重~~~いため息。
宮崎の方々のほうが何十倍も辛いでしょうから、気を取り直して、自分がやるべきことを追求していきたいと思います。

もう少しの辛抱です。
口蹄疫は絶対収束できる!
宮崎のみなさん、希望をもってがんばって!
全力で後方支援しますから!!!

2010/07/04

クラシックコンサートに「親子席」は必要?

私は人と話すのが好きなので、我孫子フィルの演奏会では頼まれもしないのに受付係をやっています。
先日の演奏会では、初めて客席の一部に「親子席」をつくりました。

我孫子フィルでは、未就学児の入場を制限していません。
市民オーケストラとして、誰にも垣根なくクラシックの生演奏を味わってほしい、という趣旨だと思います(私が来る前からそうだったので詳しいことはわかりません)。
実際、「親子席あります」の立て札をみて「親子席あるんだって」という親子連れや、「へ~ここはいいんだね」とつぶやく人をけっこう見かけました。
小さい子がいるけどクラシック演奏を聴きたい、小さい子にもオーケストラを聞かせたい、という気持ちを持ってる人がけっこういるんだな~と実感しました。

しっかしまあ、実際やるのは難しい!
2日間の公演のうち、1日目はやや失敗。
会場のふれあいホールの階段席(客席後ろ半分)は可動式なので(体育館としても利用するため)、演奏中に歩くと地響きがしてしまいます。
地響き苦情を避けるため、1日目は親子席を、階段席より前の中央通路沿いに設定しました。

しかしこれがヤブヘビに。
親子席がかなり前だったため、親子が頻繁にホールを出入りする姿がかなり目立ってしまったのです。
1歳くらいの小さいお子さんがけっこう声を出したりして、アンケートにも苦情が書かれました。

2日目は方針転換。
親子席を比較的お客さんの少ないホール下手側最後部3列に設定。
多少の地響きは致し方なし。そのかわり、席を多めに確保して緩衝地帯となるようにしました(結局お客さんでいっぱいになったけど)
ドアマンスタッフの方からは、2日目はおおむねうまく行ったと好評でした。
しかし、親子席のなかに録画カメラが置かれる恰好となり、子供の発する振動でカメラが揺れてしまうというハプニングも。
あちゃー。
難しいのぉ。

正直、静寂が求められるクラシック演奏会に、おとなしくできない子供を入場させることに限界を感じつつあるのですが……。
まだやりようはありますよね。
スタッフの方も本当に機転をきかせて頑張ってくださってますし。
(我孫子フィルでは団員のご家族やご友人に受付スタッフをお願いしています。
皆さんいろんな提案もしてくださり頼もしい)

ホールの外に、モニターつきの親子ルームを設ける案も出ました。
建物がそういう造りになってないので実現は簡単ではないですが、いつかはできたらいいな。

ともあれ、2日間で700人以上のお客様がいらっしゃいました。
本当に張り合いがあってうれしいことです。
次の演奏会は11月末。
演目はチャイコフスキー「白鳥の湖」ハイライト!
本日の初練習を聞くと、いや~本当に名曲ぞろいでワクワクします。
どうぞお楽しみに! お子様もおいで~~

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »