2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 宮崎の「畜産農家応援セット」ネット販売開始! | トップページ | 映画「牛の鈴音」 牛飼いの気持ち »

2010/05/30

宮崎が悪いという論調に騙されないで

勤め先の会社でも、社員に呼び掛けて口蹄疫募金と署名の回覧をまわしています。
さすがに関心が高く、予想以上の署名・募金が集まりつつあります。

そんな先週のとある日の出来事。
同じ部署の後輩クン(新人)がおもむろに私の机の前に来てひとこと。

後輩クン「まっきゅーさん、募金の回覧用紙って、今どの辺にありますかね」
まっきゅー「う~ん? たぶんこのフロアのどこかにあると思うけど。どうかした?」
後「あのう、募金の金額、変えようと思って」
ま「下げる?金欠?」
後「いえ、上げます!」
ま「???」
後「昨日、ネットカフェで泊ったんすけど、口蹄疫のことネットで調べてたら、ひどかったんですよ。
自己責任だ、税金の無駄遣いだ。想像力ない奴らばっか。腹たっちゃって。」

彼がネットカフェに泊ったのは、飲みすぎではなく仕事のやりすぎですので、誤解なきよう(笑)
腹がたって募金を増額するという行動に出るのが不思議ですが、こういう義憤を持ってくれるのは頼もしいことです。

それにしても、ここにきて宮崎批判のような論調がマスコミでもネット情報にも流れていますね。
種雄牛の発熱の報告をせず隠していたとか、宮崎は自分達のことしか考えてないとか、ワクチン拒否する農家は「ゴネ得」を狙っているとか。
あまつさえ、自己責任だなんて。
なんでそういう発想になるかなー

何より真っ先に批判すべきは、政府の対応の初動があまりにも遅かったことでしょう。
発生して一か月たってから「対策本部」設置だなんて、おそまつすぎる。
伝染病は発生後いかに短時間で徹底的に抑え込むかが命なのに。
その責任と権限を持っているのは国なのに。
10年前にも北海道、宮崎で口蹄疫が発生したにもかかわらず、そのときよりも初動の対応が相当にぶかったようです。

口蹄疫の疑似患畜(発生が疑われる家畜)と同じ敷地内にある家畜を全頭殺処分することも、法律で定められていること。
その是非はともかく、現時点での義務なんです。
口蹄疫のウイルスがどこから入ってきたのか、未だ明らかにされていませんが、これだけ世界的に物と人の動きが活発化していると、日本中のどこで起こってもおかしくない。
発生農家には、何の落ち度もない。完全な被害者、いえ被災者です。
他県に発生を拡大しないように、本当に頑張ってくださっていると思います。

たしかに、口蹄疫の問題を抜きにしても、今の畜産業界は国の補助金なしには立ち行かないことは確かです。
私が畜産の担当になった当初、よくまーこれだけ補助制度があるもんだ、とアゼンとしましたよ。

日本の畜産の在り方にも、正直、突っ込みたいところイッパイあります。
輸入飼料に依存する生産構造、高密度・大規模化農場の増加。
畜産過密地帯地域の存在(北海道とか鹿児島とか宮崎とか沖縄とか…)
(どれも、口蹄疫発生、まんえんを助長する非常に危険な要素)
サシ至上主義の和牛の格付け評価。
きめ細かいサシを入れるために、ビタミンAを制限して、倒れる寸前までエサを食わせ続ける和牛肥育技術。

でも、この国から畜産がなくなってはいけない。
人間が利用できない草や有機物を、肉・乳・卵・堆肥など人間の役に立つ形に変えてくれる。
堆肥があるから、田畑で農作物がたくさんとれる。
(家畜堆肥を嫌う人もいるけど、有限資源の化成肥料よりずっと永続性があり、コストも低くすみます。今一度価値を見直してほしい)
それに、畜産農家はみんな魅力的。
大きな動物を扱うから危険も多く、毎日真剣勝負。
母ちゃん農家でも野太い声で叫びながら牛を引いたりします。
牛に踏まれて足の形が変わったりしても、それでも「牛がかわいい」というんです。
経済動物だから情に流されてはいけないと誰もが言うけど、お互いに信頼関係があるんだな、と感じる場面を何回も見てきました。
畜産農家に、ずっと安心して仕事を続けていってもらいたいな。

宮崎の畜産農家には、十分な支援のもとにしっかり元気になってもらって、そこから先、これからの日本の畜産の在り方を、みんなで考えていきませんか。

今回支離滅裂な内容ですみません。

025_3
牛にエサをあげる母ちゃん

« 宮崎の「畜産農家応援セット」ネット販売開始! | トップページ | 映画「牛の鈴音」 牛飼いの気持ち »

畜産」カテゴリの記事

コメント

とある掲示板で、「週明けから宮崎県叩きを始めて政府から国民の目をそらすことにきまった」ってかいてあって、いやいやそりゃ無いでしょうとおもったら今その通りになってて
思ったよりこの国はやばいんじゃなかろうかとおもいました。そもそも感染源の特定もせず言い争いしてんのは不毛ですね

どらくん久しぶり!コメントありがとう。
この国はやばいかどうかはわからないけど、口蹄疫にかんしては、報道の質が悪いね、ホント。
マスコミさんは発生から1カ月、見殺しにしてたからね。
それも国による報道規制だというから、あきれる。
でも今は感染源の特定より、一刻も早い終息のために、すべてのエネルギーを注ぐべきやね。たしかに。
まだまだ終わっちゃいないし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62457/48500400

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎が悪いという論調に騙されないで:

« 宮崎の「畜産農家応援セット」ネット販売開始! | トップページ | 映画「牛の鈴音」 牛飼いの気持ち »