2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/28

ゆとりの空間 ゆとりの時間

久々の週末らしい週末。
大学以来の友人2人と日比谷&有楽町へ。
いやーゆとりを満喫。
平日の銀座は、ギラギラと大人の欲望が渦巻いている感じで、歩いてるだけでも疲れることがある。
でも、休日夕方の銀座は、なんとなくゆったりしていて、のんびりできる。

夕方からの待ち合わせで、まずは晩ごはん。
行ったのは日比谷シャンテのなかの「ゆとりの空間」
カリスマ主婦の栗原はるみさんがプロデュースしているカフェなのだ。
ここはオススメですぞよ。

店内はこんな感じ。
Photo

もっとゆったりしたソファーコーナーもあるよ。

夜は8時までの営業なのだけど、おつまみじゃなくて、お味噌汁つきの普通の食事が食べられるのがありがたい。
メニューはハヤシライス卵のせとか、なすとひき肉のドライカレーとか、揚げ鶏のおろしソースとか、家庭料理でもつくりたくなるような身近感のあるラインナップばかり。
私は、デザートとドリンクもついて1575円の「ゆとりの晩ご飯」をセレクト。

メインディッシュは焼き肉ごはん、ナムル添え。
Photo_2
これに、お味噌汁と小鉢2品がついてくる。
おいしかった~。
焼き肉は濃い目の味付け、ナムルは控えめな味付けとメリハリがあるのがよかった。
上品な盛り付けなんだけど、野菜の量は意外と多いのでお腹いっぱい。

デザートは、パンナコッタの黒蜜がけ。
Photo_3
コンビニでも、栗原はるみプロデュースの同じデザートが買えるけど、それとほとんど同じ味だった。
黒蜜がたっぷりかかっているのがゼイタクでありました。

その後、日比谷シャンテや銀座モザイク、有楽町マルイをウインドウショッピング。
このなかでも、穴場的におすすめなのは「銀座モザイク」。
ソニービルのある数寄屋橋交差点の一角にあるビル。1階はGAPね。
ここの3階がよいのだ。

「私の部屋」とかの雑貨屋、ハーブショップ「カリス成城」とかの癒し系店、かわいい観葉植物の店など、ゆらーり歩いているだけでも楽しい。
私が学生時代にはまってた猫の”ダヤン”グッズの専門店があったりもする。
いちばんのお気に入りは「サンクゼールワイナリー」。
長野県の三水村(今は合併で名前変わったか)にあるワイン工房のアンテナショップ。
ここのジャムがとーってもおいしいheart01
甘さ控えめで、香りと酸味がたっぷり。
フルーツ感があるっていうのかな。
とくにヨーグルトとの相性が最高。
試食もあるの。小腹がすいたときにもいいのです。

今日の仕上げは、有楽町阪急の9階にある日劇PLEXで宝塚レビューの映画。
私の好きな雪組の水夏希さんが主役。30分はあっというまだった。

昼間に根津を散策してきた友人からのおみやげ。
Img_0779

手作りの金太郎飴とみそせんべい。
うおお、本物の金太郎飴初めて見たぜ。
なぜかみんな悲しそうな顔やー。
根津はとても散策しがいのある街なんだそうだ。
私もいってみたいな。

いやー休みっていいな!!!
一緒に遊べる友達が近くにいるのは、ホントにありがたい。
休日の夕暮れ時の銀座、ゆとりの時間をあなたもどうぞ。

2009/06/07

体の痛みの解決方法

左の首筋が痛くなってからもう半年近くたつ。
水平左側に首をまわすと、ズキっと奥のほうのスジが痛むのだ。
よく寝違えるタイプなので、最初はちょっと重い寝違えかと思って放置していた。
が、痛みはよくなるどころか、だんだん強くなってくるではないか。

皆様もこういう痛み、甘く見ないほうがいいですぞ。
治すのに時間とお金がかかるのですじゃ…

自力での回復は無理だと思い、5月上旬、所属業界の健康保険組合の病院に行ってみた。
レントゲンをとってもらったところ、骨や軟骨部に異常はなし。
首がこりやすいストレートネックだと指摘された上で
「まあ、疲れがたまっているんですね。そのうち治りますよ。ビタミン剤1月分出しときますから」
と、実にあっさりとした対応。

当然、治るはずもない。
1月近くビタミン剤飲んだけれども。
こーいうのをヤブ医者っていうのよねっ。

それで、5月末に職場近くの整骨院に行ってみた。
マッサージ治療のほか、カイロプラクティックや鍼灸もやっているなんでもござれのチェーン店。
そこでは、首の深部の筋肉が骨にこびりつくようにかたまっていることを指摘された。
緊張状態がずっと続くと起こるものらしい。
また、骨盤部のゆがみと、背骨の一部にある曲り(頚椎側わん症)も、体の左側に負担がかかるようになっているらしい。

そんなわけで、15分の上半身指圧と、15分のカイロを組み合わせた治療を、4日間連続で行なってもらった。
固まった筋肉にくさびを打つように”メリメリっ”と指圧されるので、最初は”ギャー”とうめき声をあげるほどの痛さ。
最初の3日間は頭がぼーっとして、気分も悪く、おまけになぜか腰まで痛くなってきて最悪の体調に。
(好転反応といって、今まで隠されていた体の負担が一気に出てくるものらしい)
4日目にしてようやく首をまわしても痛みを感じにくくなり、左側のコリが自分でもわかるくらいに改善してきた。
体調もよくなり、集中治療後の我孫子フィルの本番は最高に元気だった。

カイロのお兄さんによると、骨盤のゆがみも改善したらしい。
しかし、背骨の曲がりは簡単には治らないそうな。
無理に治そうとすると、筋肉バランスが狂って、かえってアブナイ状態になるのだとか。

現在は、首を左斜めに曲げたときの痛みがまだ残っているので、週に2回ほど件の整骨院に通っている。
1回の治療が2100円。
今まで累計6回行っているので、かかったおかねは12600円! ギャー

自力整体とか操体法とかヨガとか、自分でできる治療であれば、時間はかかれどお金はかからない。
でも、痛みが強い場合は、待っていられないこともある。
整骨院や整体は、金はかかるが即効性があることを今回実感。
最初は数日間連続して通うのがおすすめ。

ご参考になれば幸いである。
痛みは、早いうちにケアすれば、お金も時間もかからないよ~

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »