2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 銀座で鹿児島の黒豚を食す | トップページ | 農薬つかってもいいじゃん? その1 »

2007/11/10

秋のバラ2007

(相変わらず更新が滞っていて申し訳ないです。)

本日の東京は冷たい雨。
冬が近づいてるという感じである。

東京では秋バラもそろそろ終わりかな、と思うのであるが、秋の花はなかなかどうして花持ちがよく、案外今も平然と咲いていたりする。

これはとある知人の庭に咲いていた秋バラ。
品種は、ええと、忘れちゃった。
Photo

お昼前の高めの逆光で撮ったのだが、まー真紅できれいだこと。
暖かくなるシーズンに一挙にエネルギーを爆発させるように咲く春のバラと違って、秋は気温が低くなり成育が緩慢になっていく季節に咲くため、花が咲くスピードがゆっくりなのだ。
咲くのに日数がかかるため、養分が花にじっくりと送られて、色の濃い、形のしまった花になる。
そして、その花を形のよいまま、長く楽しむことができる。

Img_5824

こちらは、つるバラの「ローゼンドルフ・シュパリスホープ」というドイツの品種。
つるバラは、春しか咲かない「一季咲き」の性質を持っているものが多いのだけど、この花は、秋にもわりとたくさん花を咲かせてくれる(こういう、春も秋も咲く性質を持つ品種を四季咲きというらしい)。


Img_5793

こちらは、「丹頂」。日本の育種家がつくった品種である。
赤と白の二色が、タンチョウヅルを連想させるために、この名前をつけたんだろう。
形も、鋭すぎず、柔らかすぎず、なんとも品があって日本的美だな~っと思う。
この品種は、超遅咲きとして知られていて、春よりも秋のほうが美しい花になるといわれているそうだ。
その逆に、春のバラのほうが美しく豪華になる品種もある。

大雑把に春バラと秋バラの長所短所をならべると、こんな感じだろうか

春のバラ
・花が大きく、豪華
・房咲きになりやすく、花数が多くこれまた豪華
・香りが漂いやすい
・でも花持ちが悪い(形が崩れやすい)
・形が膨張気味でしまりがない
・一気に咲いて、一気に終わってしまう

秋のバラ
・花色が濃く、形がしまっていて美しい
・花もちがよく、少しずつ次々と咲くので長い期間楽しめる
・ただし花数は少なく、一季咲きのバラは咲かないので、ちょっとさびしい景観になる
・香りは濃厚だが、ちょっとクセがある。気温が低いのであまり漂わない

それぞれ一長一短なんですな。
でも、バラは春だけじゃないぞって、覚えててもらうと、おもしろいかも。
ちなみに、私は秋バラのほうが好き。被写体として魅力があるから。

と、いうわけで、秋バラは今月いっぱいはそれなりに楽しむことができまする。
お近くにバラ園がある方は、ぜひ、寄ってみてくださいまし。
カメラも忘れずにねっ

« 銀座で鹿児島の黒豚を食す | トップページ | 農薬つかってもいいじゃん? その1 »

農・ガーデニングのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62457/17034557

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のバラ2007:

« 銀座で鹿児島の黒豚を食す | トップページ | 農薬つかってもいいじゃん? その1 »