2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 「消費者」から「当事者」になる | トップページ | 新しい家族 »

2007/08/07

秩父の花(7月)

秩父市、道の駅荒川から徒歩5分のところにある花ハス園。

Hasu1

7月下旬、ハスは終わりかけだったが、そのおかげで、夕方の来訪にもかかわらず、”開いているハス”を楽しむことができた。

Siroihasu

ハスの花はふつう早朝に開花し、真昼になるころには閉じてしまう。
毎日それを繰り返すうちに、花が老化して午後になっても花が閉じなくなってしまうようだ。
その花たちを撮ったのが、ここに載せているハスたちなのだ。

Img_3715

終わりかけ、散り際の風情というヤツですな。
まだ4時前だったのに曇りで薄暗い中の撮影。しっとりと色濃く見えてとてもきれいだった。
暗かったので、望遠レンズ三脚なしはかなり辛かった。かなりの枚数がぶれてしまい廃棄処分であった。
望遠レンズと三脚はセットで携帯ですな。

Img_3680

法雲寺のモミジ。偶然だけど手前の葉がきれいにボケてくれて、ちょっとお気に入り。
曇りの日は葉の色が濃くきれいに撮れるということを発見。

Img_3501

長瀞の小川沿いに咲いていたヤマユリ。真っ白い花に褐色のまだら模様が強烈なインパクト。
これが野生の花なんだもの。日本ってすばらしい。

Img_3605

秩父鉄道、三峰口駅のアジサイ。
秩父のアジサイはなぜかあざやかなサーモンピンク色が目立った。
とてもかわいらしいのでお気に入りである。
ピンク色ということは土壌のpHはどういうことになっているのだろうか。

Kamakiri

最後、花…というよりカマキリ君とかわいそうなガが主役。
みんなでしばらく撮影していたのだけど、カマキリ氏はずっとポーズを取っていてくれた。
(やはり食事を見られるのはイヤなのだろうか)
ちなみにこの写真は私が撮ったのではない。写真部の某先輩による撮影である。
他人に自分のカメラをつかってもらうと、勉強になることが多い。

あと2週間ほど早く、7月上旬に訪れていれば、アジサイ、ハス、ヤマユリ、キキョウが最盛期だったのだろうな、と思った。
秩父は何気にネイチャーフォトのポイントがひじょおおに多い。
みやましく手入れしてくださっている地元の人に深く感謝いたします。


« 「消費者」から「当事者」になる | トップページ | 新しい家族 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

所沢時代によく行ってましたね
高速使うと関越花園でおりて長瀞の方を
行ってた気がしますが
金もないので下道で、飯能市を通り過ぎて
山道を使って秩父へ行きましたね~

5月ごろかな?羊山公園は芝桜で大渋滞でしたね~
道の駅秩父で水を汲んでよく帰ってました

町の少し外れの
満願の湯というところにも良く行きました

こっちじゃそこらにあるけど
温泉スタンドがあって嬉しかったの覚えてます!
満願の湯の露天は、川の景色が良いので
おススメです!

秩父に来ると、綺麗な空気と、山の感じが
ふるさとを少し体感できるのが
何より嬉しかったですね~

なつかしい思い出です

たけのうちさま

お久しぶりのコメントありがとうございます!
秩父はたけのうちさんの思い出の場所でしたか。
さぞかし甘い思い出が…(鼻血)失礼…
なるほど、あの秩父の山並みや田舎っぷりが無性に懐かしく感じるのは、薩摩郡の風景になんとなく似ているからなのかも!
満願の湯…ぜひとも行きたいですな。
さすが温泉通自然派DJ、おさえるところはおさえてますね。

ガ じゃないよ イチモンジセセリ っていう ちょうちょ だよ。

ハスですねぇ〜。
私も日曜日に石岡の風土記の丘に
大蓮観会にいってきましたよぉ。

蓮の葉をストローにしてお酒(お茶)を飲むなんて風流な事してきましたぁ。

蓮の葉のストローを通るとお茶が若干に楽鳴るの。蓮は昔は薬みたいに使われていたんだってね。

一緒に行ったお兄ちゃんはすっかり一眼レフの虜になっちゃった(^_^)

とりあえずは私のお古の一眼レフで遊んでもらってまする♪

コメントのお返事が遅れてしまい申し訳ありません!!!

けん様
ご来場&コメントありがとうございます。
蝶なんですか!羽根がくっついていないようにみえたので、てっきり蛾だと思ってました。そういえば昼間に蛾がまんまとつかまっているのもおかしいか。
ご指摘ありがとうございました。

Rouisちゃん
蓮の葉のストロー??
茎、のことかな?葉をまるめてすとろーにするのかな?
蓮の根(レンコン)は薬になるから、花や茎葉も薬になるのかしら。
一眼レフ楽しいよね。私ももう少し装備を充実させてもっと楽しみたいワ。
あなたの一眼レフのメーカーは?
レンズ共有できたら楽しいかもね。

まっきゅうさま

お返事がだ〜いぶ遅れておりました。

カメラはNIKONですよ。
ちょう初心者様のsetです。
35mmの広角と、200mmの望遠。

そして銀塩カメラ。

ストローは茎でぃす。


Rouisちゃん
なんか久しぶりだねえ。
NIKONかあ!!残念私はCANONなり。
蓮の葉の茎ってストローになるんだ。
おいしいのかしら。。。やってみたい。じゅる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62457/16032356

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父の花(7月):

« 「消費者」から「当事者」になる | トップページ | 新しい家族 »