2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« TIBFをふりかえる | トップページ | 秩父の法雲寺 »

2007/07/26

秩父でSLを撮る

Tekkyou2

先週の日曜日、会社の写真部有志で奥秩父まで撮影会へ行ってきた。
上の写真は長瀞の荒川にかかる鉄橋。石造りの柱が古風で素敵。
そしてこのSL!現れた瞬間うおーっと叫んじゃった。
かっこいー
趣がある!
見事にはまってしまった。

はじめの日程では鉄道写真はこの1箇所のみだったはずが、まっきゅー他数名がSLにはまってしまい、メインの「甘酒祭り」をすっとばして、ひたすらこのSLを追ってしまった。
梅雨と夏のハザマ、曇りときどき晴れ、ときどき小雨の秩父。
お花を撮るには中途半端な季節だったかもしれないけれど、決してハデハデしくない大人っぽい写真がいろいろと撮れたように思う。

Tetutoajisai
東京では色褪せて秋色に移行しようとしているアジサイも、こんなに色あざやかだった。
と、思ったら東京ではまだ咲いていないサルスベリが満開だったり…お花事情はよくわかんなかったが、朝晩の気温の差が激しい地域なのだろうと思った。
きっと、秋の紅葉はすっごいきれいだぞ…むふふ。

« TIBFをふりかえる | トップページ | 秩父の法雲寺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

見事な鉄橋の1枚ですね!
SLはC58形かな...

しかしこの鉄橋、耐震対策はできているかな?ちょっと怖い気もしました。

SLすごいね!!! かっこいい!!

一度は、乗ってみたいなぁ~って思うね(^∀^*)

まっきゅー鉄子さんへ

素敵ですね☆C58

茨城「下館」~栃木「茂木」=真岡鉄道
には、C13が土日限定で走っています。
秩父の山中を走るものには、劣りますが、
関東平野の田園地帯を走るC13も結構オツですっ。
私は先日、乗車してきました(^o^)丿

機会があれば是非どうぞ♪

どうも、「まっきゅーさん鉄子化プロジェクト」の首謀者であります(^^;) 1枚目の場所、6人ではやっぱりちょっと狭すぎましたね。あと5分早く到着していれば、ワシとバケペンあんちゃんが二人で開拓した岩場にご案内できたのに・・・・・m(_ _;)m

リベンジは秋がよろしゅうございますかね?(爆)

機関車はC58型蒸気機関車であります。今のところC58で動けるのは、銀河系でこの363号機ただ1台だけです(たぶん)。大変貴重な機関車でございます。

この鉄橋は、通常の電車や週末運転の蒸機列車のほかに、連日チチブセメントの長大貨物列車がガンガン渡っておりますが、今のところは転落事故は起こっていないはず(^^;)

真岡鉄道もいいところですよ。チチブ鉄道よりこっちのほうがワシは詳しいです。過去7回ぐらい通ってます。道は大体分かります。

おおっ!さすがSLは反応がいいねっ

TKさま
えっ…あなた様も相当詳しいですね。
意外でございました。
うちの写真部の部長がコメントで回答してくれているので、C58で間違いないでしょう。わたしはさーっぱりわからんとです。
細身の鉄橋なのでたしかに大丈夫かな、と思ってしまいますが、ふにゃ咲かじいさんの話によるとかなり頑丈のようですね。
SL素敵です。メーテル…

いっちゃまさま
かっこいいですよね!電車と違って人間味があるというのか、自分たちに近い感じがするのです。
ぜひぜひ機会あれば間近で見てみてくださいませ。

ささぬまどの
真岡鉄道知ってる!普及で真岡に行くときにちょうどそのSLに乗ったんだ。
黒々していてかっこよかった。
22歳にして生まれてはじめてSLを間近に見たんだよね。忘れられません。

ふにゃ咲かおじいさま
いやはや本当におつかれさまでした。
秩父は見どころがありますね。
すごく惹かれます。
秋にできればぜひ行きたいです。
紅葉ぎりぎりの晩秋に。
あ、でも秋のさかりのきのこもいいですね。じゅる。
今度は徒歩でじっくりと参りましょう!(もう行く気まんまん)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62457/15901976

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父でSLを撮る:

« TIBFをふりかえる | トップページ | 秩父の法雲寺 »