2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007/06/27

東京国際ブックフェアおいでませ!

今年もやってきました。
7月といえば、これ。
東京国際ブックフェア2007
ぜひご来場ください!

会期:2007年7月5~8日(木~日)
会場:東京ビックサイト西1・2ホール
(りんかい線 国際展示場駅、ゆりかもめ 国際展示場正門駅)
数百の出版社、プロダクションが集結して本の祭典を行います。有名な著者のサイン会・講演会があったり、本の割引セールがあったり、プレゼントがあったりと、何かとお得で珍しいものづくしのイベントです。
本好きにはたまらん!

私の勤め先も出展します。体験コーナー、試食、著者講演など注目イベント目白押しで毎年人気のブースです。
招待券さしあげます。欲しい方はお気軽にコメントください(メルアド入れてくださいね)。

今年はワタクシめは、著者の方の講演を一部担当させていただいています。
はるか熊本から薬草の第一人者にお越しいただいたり、素敵なハーブの先生にもお越しいただく予定です。
お二人ともとっても魅力的でバイタリティにあふれた方で、私の大好きな方々です。
講演はすごくおすすめですよ!今からワクワクしています。
講演中には、他では味わえない珍しいものの試食もできます。
オススメはこの二人がやってくる土曜日。
まっきゅーは木・土・日、アタフタしながら自分のブースで働いておりますので、いらっしゃった方は声をおかけください。お得なことがあるかも。

ご来場を心よりお待ち申し上げます!

2007/06/26

素敵なお庭の予感

昨日、素晴らしいお庭の数々を拝見する機会をいただいた。
近々、写真をたっぷり紹介しましょうね。
今日は、そのエッセンスを1枚。
Photo_43

このお花はそのお庭の持ち主が生けてくださっていたものだけど、素晴らしいセンス、素晴らしい植物。
こんな草花が植わっているお庭はどんな素敵なお庭なのかしら…期待膨らむ!

乞う、ご期待!

2007/06/25

どきどき!茨城町

ちわ!
Img_3265

んま~なんてかわいいの。
元同僚のお子さま、りんたろうくん。

だいぶ前になってしまったが、彼女のご実家、茨城町を訪問してきた。
レンタカーを借りて、仲間とともに松戸から常磐道を北へ北へ。
水戸市の南となりに位置する茨城町、わたしにとっては、営業時代に1ヶ月滞在していた思い出の場所である。

メインイベントは、茨城町の観光名所「ポケットファームどきどき」の”森の家庭料理レストラン”
とっても人気の高いレストランで、土日は12時前から満席の断りをしないといけないほどなのだとか。
こちらが入り口。
Img_3273
お庭もとてもきれいに手入れされている。

店内。
Img_3274
この奥には、めくるめく自然料理のワンダーランドが…!
自然食バイキングレストランは最近東京にも多いけど、ここのは野菜の新鮮さが一味ちがったね。
「どきどき」の敷地内に有機栽培の畑をつくって、そこで採れたての野菜を使ってくれているそうだ。
葉つきのニンジンがごろっと山盛り置いてあったのはおもしろかった。
こういうのは珍しいのか、ほとんどの子どもがぶらぶら持っていっていたなあ(ちゃんと食べたのだろうか…)。

時間制限がないから、ゆっくりと楽しめるのがこのレストランの素晴らしいところ。
その分、満席のときの待ち時間が長いのだけど、その間は「どきどき」の敷地内であそんだりお買い物できたりするので、イライラすることはあんまりない。
待合席には無料のドリンクが置いてあったり、絵本が山ほど置いてあったり、こんなすてきなお花が飾ってあったりと、なかなか気配りが行き届いている。
Img_3283
最近は都会のレストランとかでも、接客がずさんなところが多いから、こういう心遣いがしみじみうれしい。


「どきどき」内の直売所「ファーマーズポケット」の品揃えもなかなか個性的。
ここの自家製ソーセージは美味じゃった!おすすめ!
ソーセージづくりの体験教室もやっているみたい。

この後、この「どきどき」の直売所の組合の代表の農家とお話しさせていただく機会があった。
ご夫婦そろって明るく意欲的な方々で、まだまだ「どきどき」をおもしろくしてくれそう。

「ポケットファームどきどき」、半日は十分楽しめる場所と保証しましょう。
ずえひ、行ってみてね。

2007/06/17

ハイジの村パート2

山梨県北杜市「ハイジの村」のバラ園をご案内。

Photo_39
手前にある薄オレンジのバラは”パットオースチン”
奥のパーゴラに絡まる赤ツルバラも素敵。

木に絡まるオールドローズ。
Photo_40
いかにも優雅な景色である。やわらかい雰囲気のオールドローズだからこそ、自然風に見えるのかもね。
冬の丁寧な誘引作業の成果ですな。

まっきゅーオススメのバラ、ローブリッター。オールドローズのひとつ。
Photo_41
まるーくカップのようになった花の形がかわいい。
椿のように開ききってしまう他のバラと違い、最大に開いてもこの状態なので、お上品なバラちゃんである。


品種メモわすれ。お気に入りのピンクバラ。
Photo_42
薄いサーモンピンクがかわいいっ

ハイジの村のバラは、花の形も色も、高地のせいかキリっとしていて良花が多い。
バラ好きには本当におすすめ。ひとつひとつのバラをゆっくり見ていただきたい。
名園となる素質のあるバラ園だから、もう少し人を入れてお手入れをしっかりしていただきたいな、っと思ってしまうのであった。。。
ヨーゼフもいるよ。

2007/06/14

ハイジの村は今がバラの見ごろ

先日、山梨県北杜市(旧明野村)の「ハイジの村」(旧山梨県立フラワーパーク)に行ってきた。
200m以上も続く豪華なバラの回廊で有名。

ハイジがおでむかえ!気分はスイス。
4時おきで寝ぼけ眼の観光客が約1名紛れ込んでさわやかさをぶちこわしていますが、あしからず。
Img_3224
※決してクリックしないでください(後悔しても知りません)

標高750m付近の高地なので、6月にはいってもバラがきれいに咲いている。
下の写真はバレリーナ。
Img_3219
ピンクがとっても鮮明に出ている。
平野部ではこの品種はもっとピンク色が浅い。
高冷地、寒地は温度差が激しく、比較的冷涼な時期にじっくり花が咲くので、花の色は暖地よりも鮮明に、濃く出てくる。
紫や赤黒バラなどで違いが明瞭に出てくるらしい。

人気のツルバラ、ピエール・ドゥ・ロンサールのアーチ。
このバラも、中央のピンクがくっきり出ていてきれいだった。
Photo_37

おとぎ話に出てきそうなメルヘンチックなお庭。
ハイジっぽいかはこの際置いとこう。
Photo_38

雑草がバラより元気よく繁茂していたのは気になったけど、ハイジの村のバラはすこぶる元気で、とっても質のいい花を咲かせてくれている。
もう1~2週間は楽しめそう。
今月末からは山中湖畔のバラも見ごろを迎えるそう。
まだ今年のバラを堪能してない人は、高冷地へGO!


柄にもなく早起きして行ったために、終始寝ぼけていて、そのせいか写真も大半が眠いものばかり…
ほんとうは、もっと色彩鮮やかなバラが待ってますので。

2007/06/11

本番後、雑感

所属していた我孫子フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会が、本日無事終了した。
雨の中、我孫子ではなくお隣の柏の、しかも交通の便がヒジョーに悪い会場での演奏会だったが、それにしては概算680人という予想外のお客様に来ていただいて、とてもありがたかった。
来ていただいた方、本当にありがとうございました。
団員の皆さま、本当におつかれさまでした。

私にとっては、入団して2回目の演奏会。
早く団になじみたくて、志願して受付の仕事も少し手伝わせていただいた。
さらには全曲のり、弁当係りなどのお役目もいただいて、たくさんの人と共に仕事を、演奏をする機会を得られてとても幸せモノだったと思う。
おまけに終電ぎりぎりまで飲み会ももりあがり、明日が会社休みだったらゆうことなし…なんだけどなあ…

我孫子フィルは、来年創立30周年を迎える、それなりに歴史を積み重ねてきたオーケストラである。
年代もいろいろ、職業もいろいろ。でも地元にすんでいる人が多くて、地元の人たちが聴きに来てくれる、まさに地域のオーケストラといった感じである。
そんななかで、新参者の私がいろいろと仕事をさせていただいても、なんだかいつものやり方をかきみだしているだけなのでは…と情けなくなることも多々ある。
まあでも、なにか新しくおもしろい刺激をたまには提供できるのかもしれないし、気長に前のめりに、これからも一緒に活動していきたいなとおもう。

ちなみに、演奏の方は、個人的には緊張ガクガクビビラートの部分が若干あって、早く心臓に毛を生やしたいと改めてため息をついた感じ。
おもしろかったのは、初めて同じメーカーのホルンを使う複数の人と演奏する機会があったこと。
(アレキサンダーというやや特徴のある楽器をつくるメーカー)
特徴のある楽器なので、響きがやはり似ているのか、一緒に吹いていて非常に吹きやすかった。
カチっとはまった感じ。
音程やアーティキュレーションを気を使ってあわせるよりも、同族メーカー楽器で吹くこと、転じて音色の似ている者どうしで吹くことが、調和した響きをつくる近道なのでは…と思ったりした。
どうかな…パート練習をサボるいいわけにしかならんか。

次回冬の定期はオペラの抜粋。歌手と一緒に演奏。
これも未経験の形式なのでとっても楽しみ!!
時間の合う方は、ぜひぜひ聴きに来てくださいませ。
オーケストラはやっぱりいいなあ!

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »