2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« マーラー「復活」祝祭管弦楽団 | トップページ | ちょっとだけマイナーチェンジ、まっきゅーのブログ。 »

2007/03/26

ショッキングな日曜日

昨日、東京地方は朝から久々に大雨&大風。
しかも石川県で大地震が起こり、心配でもありました。

オーケストラの練習の後、気を取り直して「フラワー&ガーデンショウ2007」を見に行くために幕張メッセに向かいました。
これが、さんざんだったのです。
強風のせいで京葉線は遅れに遅れ、へんちくりんな間引き運転。武蔵野線との直通運転は中止されるし、13時過ぎなのに電光掲示板には9時台の列車の発車時刻が書いてあるなど大混乱(南船橋駅)。どれに乗ったらいいのかわからなくて、誤って新習志野終点の各駅停車に乗って(快速はとまらない)、ただでさえ少ない時間を大損する始末(次の各駅停車の電車がくるまで20分近くかかった)。

あげくの果てに電車の中でカメラを落っことし、電源入らなくなってしまう大事件!
もう会場に着く前から完全にテンションは地に落ちてしまいました…
(その後購入先のフジヤカメラに行くも、落下は保証外と有料修理が決定…ぐすん)

ぼろぼろになりながら、幕張メッセに2時過ぎに到着し、駆け足で見学。
入場客はやっぱり中高年の男女が多かったですね。
バラの鉢苗を両手に抱えて(もちろん旦那が)歩く主婦の姿もよく見かけました。
それにしても、出来合いの寄せ植えや開花株を買う人の多いこと。
パンジーはもうすぐおわりだよう。よく考えてみればこの時期は冬~春の花と春~夏の花の間の端境期で、花苗を買うには中途半端な時期なような気もします。
種から育てる人にとって、種を買うにはいい時期かもしれないけど。
なんだかんだけちつけて、何も買わずに終わってしまいました。

メイン展示は「ガーベラ」でしたが、とにかく派手で乙女チックなコーナーでした。
確かにきれいだけど、ガーベラだけというのは、私にはちょっと濃すぎるな…ブースを出るころにはちょっと食傷気味でした。
バラだったら、バラだけのガーデンとか、展示でもそんなに違和感はないのだけど、それはきっとバラがかなり多彩な形態を持っているせいなのでしょうか?
ガーベラは色はともかく形が一様で、そればかり並べるとあきちゃうんじゃないかと思います。

本日の収穫。
サカタのタネのブースで、NHKの趣味の園芸で活躍している藤田智先生の講演会が聞けたのは楽しかったです。
おばちゃま達をひきこむ、ひきこむ。オヤジギャグのフルコースや~
「園芸が上手な人は、植物がこういうときどうなるのか、植物の気持ちになって考えを巡らすことができる人だ」、とおっしゃっていたのに共感。多くの著者に当てはまることです。
(それ以上にマメであることが重要、、、とワタシはひそかにつぶやきましたが)
また、試食させてもらったプラム型のミニトマト「アイコ」は激ウマでした(あっ種買うの忘れた)。
他のブースが単なる販売所に徹していたり、植物以外のブツによる装飾に走っているのに対し、サカタのブースは、一味ちがい、展示に本気度が感じられました。
みずみずしいレタスのボーダーガーデンに?季節はずれの立派なトウモロコシ、トマト、かぼちゃ(空中栽培)、キュウリ、ナス、大株のサンパチェンス(インパチェンスに似た花、丈夫ですごく大きくなる)などなど…
よくまあ、暖冬とはいえ真冬にこれだけ育てたものです。たいへんだったでしょう。
その甲斐あってか?トマトの株を見るおじさんの目は本気でした。「ふうん、こんな風に誘引するんか」とつぶやいていた…おばちゃまたちのパワーもすごいね。「このレタス食べさせてくれないのかしら?おいしそう!」(…まてまて…)
なるほどこういう人たちを読者にしていくんだな、と納得した次第です。

ああっ写真で伝えられなくて残念!
ていうか、桜が満開を迎えそうな今週に修理行きってどうなの!
わたしのばかばかばかーーーうわーん。

« マーラー「復活」祝祭管弦楽団 | トップページ | ちょっとだけマイナーチェンジ、まっきゅーのブログ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはよーございます。
カメラ、ご愁傷様でした(合掌)。
まさに今週末サクラ満開ですよね。
ボディだけどっかでレンタルできないですかね。

さんざんな目に遭いながら、ご来場ありがとうございました。今度お会いしたらブログに書けない裏話でもいたしましょう。

上野の国立科学博物館で開催中の特別展「花」は、とても内容が深くてためになるので、ぜひ観に行かれるとよいと思います。

スタジオAさま
いえいえ、こちらこそ招待券をありがとうございます。
おかげさまでワタシの他に少なくとももう1人同じ職場から潜入していたものがおりました(笑)。
確かにもう少しゆっくり時間もあってカメラも無事なら、ハイテンションで楽しめたかもしれません(^^;)
裏話を楽しみにしております。
「花」展、スタジオAさんのブログで見てちょっと気になっていました。カメラが使えない分、教養をふかめるようにしましょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62457/14403067

この記事へのトラックバック一覧です: ショッキングな日曜日:

« マーラー「復活」祝祭管弦楽団 | トップページ | ちょっとだけマイナーチェンジ、まっきゅーのブログ。 »