2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 父から届いたキンカン漬け | トップページ | 雨から晴れへ »

2007/03/08

写真部反省会

水曜日、会社の趣味の写真部の鎌倉撮影反省会(という名の飲み会)がありました。
以前、私が鎌倉の写真をしこたまアップしていたのを覚えていらっしゃる方いますか?
あの時は、写真部のメンバーみんなで一緒に撮影していたのです。

反省会では、自分のこれぞという写真を少し大きめに現像して、みんなで合評会をします。
でるわでるわ。力作の数々。
何人もいる巨匠から、ほめられたり、もっとこうしたらいいとアドバイスをもらったり。
ものすごーくためになる、いつも楽しみな反省会です。
時計を見ながらやらないと、いつまでたっても終わりません。

以下は反省会で巨匠から聞いた自分のためのメモです。
興味ある方は読んでみてね。

・日差しが強くてコントラストが強すぎる時、あえて超アンダーにして撮ると、ときたますごくいい写真が撮れる。
・(↑に対して別の巨匠が)しかしそれは、夕方や朝などの光が斜めのときの方がいい。
(まっきゅーにはこの辺は謎の世界です。今度やってみよう)
・日差しが強い時は撮りづらいが、あらゆる露出で撮り比べ、順光・逆光両方で撮り比べると、どこかによい写真があるはず。いろいろと試してみるのが大事。
・花をアップで撮る時は、どうしても被写界深度(ピントの合う前後の範囲)が浅くなるから、すこし絞って撮った方が花の輪郭がちゃんとでて、撮る時のわずかな前後のぶれによるボケ失敗も少なくなる。
・絞り8~16くらいの”中間絞り”は便利。ほどよくボケを残し、ほどよくしっかり撮れる。
・余白を残す構図を意識する。梅の木なら樹冠を途中で切らずに、樹冠の少し上に余白を残した構図にすることで、樹全体の形が伝わり、印象に残る写真になる。
・マクロレンズを買う余裕がないときは、クローズアップレンズがあると便利(×3があるといいらしい)。今もっているレンズでも、もっと寄って撮れる。
・放射状になっている構図では、要(かなめ・放射線が集中している到着点)にピントを合わせるとよい。要の方に視線が向かうのが人間の自然な感覚だから、しっくり見える。
・人の顔(仏像でも)を撮る時は、その視線の先に多く余白を残すと自然で印象的な写真になる。
・ラインは強い印象を残すので、基本的に構図の中に入ってきたときは注意する。ラインのあるものを撮る時(鎌倉では竹林など)、メインの被写体にそのラインがかぶらないようにする。どうしても構図に入ってきてしまうようなら、縦位置にするなどして逆にラインを生かすと、”お主なかなかやるのう”という写真になる。

私の勝手な解釈が入ってしまっているかもしれないので、なんか変だぞ、と気づいた方はご指摘くださいませね。

さあ!週末もカメラを持ってでかけるか!
ホルンは修理に出してしまったので持ち物はマウスピースと楽譜だけだし。

« 父から届いたキンカン漬け | トップページ | 雨から晴れへ »

仕事や職場のこと」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

巨匠の言葉、
“お主なかなかやるのう”までノートに書き留めていたのは、驚きました。
全部、真剣に受け入れてたら、コワくてシャッター切れなくなってしまうので、頭の斜め隅に“ああ、確かこんなのあったっけ・・・”くらいに考えた方がいいですよ(笑)。女土門拳!がんばって!

まっきゅーさん、反省会ご参加お疲れ様でした。黄アロ兄ちゃん、クイックレスポンスですな(^^;)

ところでメモでひとつ気になったのですけど、


>絞り8~16くらいの”中間絞り”は便利。ほどよくボケを残し、ほどよくしっかり撮れる


これはもちろん一面の真理ではありますが、あまり金科玉条に考えないほうがいいですよ(^^;)

写真のウデが少し上がってきたくらいの初心者がよく罹ると言われる病気(笑)に、「f8症候群」というのがあります。f8とはもちろん絞りのこと。このくらいの絞りだと、確かにほどよくボケもあり、かつほどよくピントが合うので、いつの間にか撮る写真撮る写真全部絞りがf8になっているという非常にオソロシイ病気であります。

f8って、確かに便利な絞りです。それにデジタルカメラには回折現象(これについてはアンセル・アダムスの話題のときに説明しているので略します)などという困ったものがありますから、芸術的見地から絞りたいと思ってもf8ぐらいに抑えておくのがちょうどいいのかもしれません。白状しますと、f5.6~f8くらいの絞りはワシも結構多用しています。でも絞りがf8くらいの写真って、何と言うか「安全運転的」な写真になりがちなのも事実です。

「f8症候群」という言葉は、おそらく講談社ブルーバックスの『カメラ常識のウソ・マコト』(ISBN 4-06-257446-2)著者・千葉憲昭氏の造語だと思いますが、千葉氏は「f8症候群」に罹った方の写真は「業務写真」だと言って揶揄しています。つまり、「ピントぴったり、画像くっきり」だから「技術点」ではクリアであるが、それは「芸術点」とは別次元の問題であると。

ワシは別に「業務写真」を否定しませんけど、ゲージュツ的な写真を撮りたいのであれば、「f8症候群」には気をつけたほうがいいと思います。少なくともフォトコンで上位を取るような写真を撮ってみたいと思うのであれば、「f8症候群」は意識しておくべきだと思います。無自覚だと「オイラの写真はピンもばっちりでくっきりなのに、なんでいっつも落選ばかりなんだ~ イライライラ」ということになりかねませぬ。

千葉氏曰く、「この症状は一般にメカに詳しい人が陥りやすい」「『芸術点』を評価するすべを知らないがゆえに発症する。妙に自信を持っているだけに、一生治らない症例も多い」だそうで・・・・・ ワシも千葉氏の本に出会うまで一時期「f8症候群」的な写真を量産しておりましたので、全然ヒトのこと言えないんだけどね(^^;;)

あらま~巨匠が二人もご来店。
いらっしゃいまし~
黄色いお兄さんも末永くよろしくお願いしますね。このブログ。

黄色いお兄様
コメントありがとうございます!
実は私、かしこぶってますけど、とんだニワトリ頭なんです。
”いいこと”きいても、次に面白いことに出会ったらすぐそっちに気がいってしまい、”いいこと”はトコロテン式に脳ミソから追い出されてしまうのです。
こういうヤツは、しっかりメモをとってさらにブログに書いて、少しでも頭の中に”いいこと”を残しておくことが必要なんです。
いろいろ聞いたことを忘れないうちに、写真をたくさん撮りたいです!


ふにゃ師匠
うおーっすごいコメント。
ありがとうございました!
f8症候群、なるほど。
黄色い兄さんもこのことを反省会でちらっと言いかけていましたね。
これは私も『カメラ常識のウソ・マコト』を読んでみなくては。
それにしても、私は業務用写真を撮る必要のある立場なので、逆にf8マスターしたいですなあ!
基本的な技術の引き出しがまだまだです。楽しく頑張りたいと思います。
師匠よろしくお願いします!(^^)/

おお、人物の場合も視線の先に余白をとる、のですね^^。

樹形のはなしは、まっきゅーさんの作品と自分のとったのをこっそり比べて、反省させてもらってました^^;;。

参考になります~m__m。

mahhoさま
こんにちは!
写真の世界は奥が深いですねえ。
私のはあんまり参考になりませんですよう。まだまだわからないことだらけ。
それにしても、随分会ってないですね!
はやくあびこに来て~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62457/14184677

この記事へのトラックバック一覧です: 写真部反省会:

« 父から届いたキンカン漬け | トップページ | 雨から晴れへ »