2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/26

ショッキングな日曜日

昨日、東京地方は朝から久々に大雨&大風。
しかも石川県で大地震が起こり、心配でもありました。

オーケストラの練習の後、気を取り直して「フラワー&ガーデンショウ2007」を見に行くために幕張メッセに向かいました。
これが、さんざんだったのです。
強風のせいで京葉線は遅れに遅れ、へんちくりんな間引き運転。武蔵野線との直通運転は中止されるし、13時過ぎなのに電光掲示板には9時台の列車の発車時刻が書いてあるなど大混乱(南船橋駅)。どれに乗ったらいいのかわからなくて、誤って新習志野終点の各駅停車に乗って(快速はとまらない)、ただでさえ少ない時間を大損する始末(次の各駅停車の電車がくるまで20分近くかかった)。

あげくの果てに電車の中でカメラを落っことし、電源入らなくなってしまう大事件!
もう会場に着く前から完全にテンションは地に落ちてしまいました…
(その後購入先のフジヤカメラに行くも、落下は保証外と有料修理が決定…ぐすん)

ぼろぼろになりながら、幕張メッセに2時過ぎに到着し、駆け足で見学。
入場客はやっぱり中高年の男女が多かったですね。
バラの鉢苗を両手に抱えて(もちろん旦那が)歩く主婦の姿もよく見かけました。
それにしても、出来合いの寄せ植えや開花株を買う人の多いこと。
パンジーはもうすぐおわりだよう。よく考えてみればこの時期は冬~春の花と春~夏の花の間の端境期で、花苗を買うには中途半端な時期なような気もします。
種から育てる人にとって、種を買うにはいい時期かもしれないけど。
なんだかんだけちつけて、何も買わずに終わってしまいました。

メイン展示は「ガーベラ」でしたが、とにかく派手で乙女チックなコーナーでした。
確かにきれいだけど、ガーベラだけというのは、私にはちょっと濃すぎるな…ブースを出るころにはちょっと食傷気味でした。
バラだったら、バラだけのガーデンとか、展示でもそんなに違和感はないのだけど、それはきっとバラがかなり多彩な形態を持っているせいなのでしょうか?
ガーベラは色はともかく形が一様で、そればかり並べるとあきちゃうんじゃないかと思います。

本日の収穫。
サカタのタネのブースで、NHKの趣味の園芸で活躍している藤田智先生の講演会が聞けたのは楽しかったです。
おばちゃま達をひきこむ、ひきこむ。オヤジギャグのフルコースや~
「園芸が上手な人は、植物がこういうときどうなるのか、植物の気持ちになって考えを巡らすことができる人だ」、とおっしゃっていたのに共感。多くの著者に当てはまることです。
(それ以上にマメであることが重要、、、とワタシはひそかにつぶやきましたが)
また、試食させてもらったプラム型のミニトマト「アイコ」は激ウマでした(あっ種買うの忘れた)。
他のブースが単なる販売所に徹していたり、植物以外のブツによる装飾に走っているのに対し、サカタのブースは、一味ちがい、展示に本気度が感じられました。
みずみずしいレタスのボーダーガーデンに?季節はずれの立派なトウモロコシ、トマト、かぼちゃ(空中栽培)、キュウリ、ナス、大株のサンパチェンス(インパチェンスに似た花、丈夫ですごく大きくなる)などなど…
よくまあ、暖冬とはいえ真冬にこれだけ育てたものです。たいへんだったでしょう。
その甲斐あってか?トマトの株を見るおじさんの目は本気でした。「ふうん、こんな風に誘引するんか」とつぶやいていた…おばちゃまたちのパワーもすごいね。「このレタス食べさせてくれないのかしら?おいしそう!」(…まてまて…)
なるほどこういう人たちを読者にしていくんだな、と納得した次第です。

ああっ写真で伝えられなくて残念!
ていうか、桜が満開を迎えそうな今週に修理行きってどうなの!
わたしのばかばかばかーーーうわーん。

2007/03/25

マーラー「復活」祝祭管弦楽団

先週の日曜日、宇都宮にてマーラー「復活」祝祭管弦楽団を聴いて来ました。
営業時代以来3年ぶりの宇都宮。変わらない町並みにほっとしました。
ところが、宇都宮に住んでいる友人の話によると、パルコがなくなる(もうじき)、シンボルの二荒山神社のよこに高層マンションが建てられようとしているなど、あまりよろしくない動きもあるようです。
ともかくみんみんのぎょうざはうまかった。それでよし。

話を本筋に戻しましょう。
この演奏会、実は静岡に住んでいる友人から誘われたのです。
むう、静岡と栃木とは随分離れておるのう。
このオーケストラ、名前からしてまさに、マーラーの交響曲2番をやるためのザ・一発オケです。
栃木に住むオーケストラ愛好家の有志によってこの企画が発起され、数年かけて実現にこじつけたのだとか。
静岡の友人も、いろいろなめぐり合わせで静岡のオケのトランペット奏者から誘われたそうです。
何しろ、この曲はものすごい大人数を要するのです。トランペットは20人近く必要なのでは。
この友人が参加することからして、このオケをめぐるものすごい情熱の渦が関東圏を駆け巡っていたことを感じます。
だってそのほかにもホルンだって10人以上いるし、木管楽器も各パート5人ずつくらいいるし、混声合唱もいるし、アルトとソプラノのソリスト歌手もいるのようっ。しかも激ムズ。アマチュアでやるのはかなり勇気が要ります。

でもよかった。とくに最後の5楽章。長大な楽章にもかかわらず、最高の集中力でした。
一緒に聴きに行った宇都宮在住の友人も「合唱の人たち、すごく練習を積んできたんだろうね。息がぴったり」と喜んでいました。
スカッとした!私もマーラーやりたいなあ。やりたいなあ...


ここからは写真のおみやげ。

宇都宮市文化会館のホワイエ。
モノトーンなホワイエから見える外のカラフルな景色がまぶしくて素敵でした。
Robi

帰りに使った東武南宇都宮駅。ちっこくてかわいい!
Minamiutunomiyaeki
ホールから10分足らずでつきます。

駅舎より大きいこの木がお気に入り。
かわいい駅舎に勇壮な大木。
Ekinoki


で、この後はなぜか夜から出勤。
はあ~~これがなければギョウザ三昧だったのに…
くやしまぎれに職場近くの神社をパチリ。
Akasakahudou


冒頭に書いた宇都宮の高層マンションの話の続き。
最近、市街地のど真ん中に高層マンションができるケース、増えてます。
ホントに最近の地上げ屋さんは景観のこと何一つ考えてないのね。
みんみんの社長がこの高層マンション建設の撤回を求めて孤軍奮闘しているらしいが、あまり周りが協力的でないらしい。
二荒山神社は私も好きな神社で、朝も夜もたくさんの参拝客が連日おとづれていたなあ、と思い出します。
あんまり、見下ろされたくないよねえ。と思うのです。
こうした問題はその土地に住んでいる住民が決めるべきことですが、やっぱり日本人は景観の美意識とか思い入れとか愛着というものが希薄なんだな、と思ってしまうのでした。

2007/03/18

きらきらの朝

今日は所用があって宇都宮に行ってまいりました。
とても素敵な用です。

前日終電帰りだったのに、こういう楽しみな日はなぜか勝手に早く起きてしまうのです。
今朝も目覚ましをセットした時刻の一時間以上前に起きてしまいました。
ゲンキンな私…でも胃痛というおまけ付でした。朝からなぜかシクシク痛む。

時間に余裕ができたので、自宅から駅まで少し遠回りしてお散歩。
今朝の東京はカラッと快晴でした。
朝日でみんなキラキラ。
撮った写真はフレアだらけ。レンズフードが欲しいよう。

(写真はクリックすると拡大します。ぜひ拡大写真もごらんください)
フレア:強い光がレンズに入って乱反射し、画面の一部が白や虹色になってしまう現象)
(レンズフードをつけて横からの光を入りにくくすると防げる)
Img_2043


お散歩わんこ。
Img_2041
「早く行くよ」
「…きれいだわン」

(惜しむらくはわんこの顔が柳の枝に隠れてしまったこと。あわてて撮ってはいけません)


近所のなんとかセージ
Img_2048

小指の先ほどの小さな多肉植物セダム。
Tanikukirakira

この写真はちょっと失敗。
ピントが浅すぎました。
セダムは真ん中3つをくっきりと写したかったし、背景はぼけすぎてなんだかわからない。
もう少し絞りをあげておけばよかったです(ピントの合う範囲を広くする)。
しかもうっかりISO(感度)1600で撮ってしまったために、画面の後方のざらつきが気になる…
この後ISOは400に戻しました。


Akaisinnme
鮮烈な赤の葉っぱ。
今年の新芽です。
あざやか!

少しひくとこんな感じ。
まるで花が咲いているようです。
Akaikakine


朝のしんとした歩道に響く、シャッターの乾いた「カシャッ」という音。
快感…癖になりそう(笑)

素晴らしいな、とおもう写真作品は、主題がはっきりとした、余計なものの写っていない写真だということを最近実感しています。
①主題ははっきりと(ピントも合い、露出も調度よく、画面上の位置も的確、よさが引き立つ絞り)
②余計なものはのぞく、あるいは目立たなくさせる(画面上から外す、ピントをぼかす)
本日の3枚目の写真、なんとかセージは、①②ともクリアしていると思うのだけど、イマイチ感動がないなあ。
うーむ、技術も大事だけど、自分が感動したものを撮るようにしないといけませんね。
そういう意味で言えば、本日感動的だったのは垣根の赤い新芽。ホントにキラキラしてきれいじゃったー


素敵な用事についてはまた明日ご報告しましょう。

2007/03/16

花の誘い

Photo_17

昨年11月に会社の近くで撮影した椿。
水やり直後でうるおっています。
かなり薄暗い曇りの日だったので、怪しげなピンク色の露出になってしまいました。
まあ、これもよしかな。

同じ樹の椿はいまもちらほらと咲いています。
冬を通じて楽しめる花なんですね。改めて実感。

ところで今月下旬、こんな催しがあります。
日本フラワー&ガーデンショウ
3月23日(金)~25日(日)まで、幕張メッセです。
とある雑誌でこの宣伝を見たのですが、かなり大規模な催しのようです。
NHKの趣味の園芸で活躍する講師の講演や、プランターでの野菜つくりの実習、もちろんこの春からのタネや苗、園芸資材も豊富に揃っているらしい(しかも市価より安いらしい)です。
ふふふ…楽しみだわ。カメラと財布と大袋を持って出陣しよう。
狙うは最終日のバーゲン(ていうかこの日しか行けない)。

2007/03/14

ナイト・ガーデン

日比谷のとあるホテル玄関前の小さなガーデン。
Photo_16

・・・かなり苦しい写真です。くらーい所です。
ふつうに撮るとシャッター速度が3秒くらいかかってしまい、ぶれまくり。
なので、ISOは1600まで上げ、露出もマイナス3段階くらいに補正、絞りを開放気味にして、ようやく8分の1秒らいまでシャッター速度をあげて、石像になったつもりで超慎重にシャッターを切りました。
…それでもぶれてますが…

もっとまともな明るさで写真が撮りたい。撮るべきなんでしょう。
でも夜の暗い町の中の、ほの明るさも好きなのです。
薄暗い中でもぶれずにきれいに、ソフトな明るさを写せるようになりたいなあ。

2007/03/13

雨から晴れへ

11日は午前は雨。
久しぶりのまとまった雨でしたね。


ちょっと冷たい雨で冬に逆戻りでしたが、寒さに強いパンジーさんはうるおって一層美しくいらっしゃいました。
Photo_9
我孫子市湖北地区公民館の玄関にて。


我孫子フィルの練習の後は、紀尾井ホールへ「全日本医科管弦楽団」の定期演奏会を聴きに行きました。
四ツ谷に着いたころ、うっすらと青空が見え始めました。
Photo_12

でもまだ雨は降っていて、散歩もそこそこにちょっと早めにホールへ。
プログラムはオールベートーベン。
「プロメテウスの創造物」序曲
ピアノ協奏曲第4番
交響曲第7番

おおっと、前とメインはどこかできいたことのある曲じゃなーい?
ピアノソロは伊藤恵さん、指揮は森口真司先生でした。

これがもう、すっばらしい演奏でした。
ステージ脇のバルコニー席だったのですが、下手側でピアニストの手の動きが見えるのがまた素敵。
ピアノ協奏曲は思いっきり伊藤ワールドにひきこまれてしまいました。
ピアノのきらきらした音色にうっとり。オケの音程もアンサンブルもバランスよかったです。
交響曲7番でびっくりしたのは、音が高い上に吹きまくりでキツイホルンパートを、二人でちゃんと吹ききっていたことでした。
通常アマオケでは4人で2人ずつ分担して吹くことが多いのです。
すごい体力と気合と技術。尊敬!
紀尾井ホールもまたいいホールです。見た目も音響もセレブです。


晴れ晴れした心地でホールを出ると、空もすっかり晴れ渡って、あらゆるものがきらきらしていました。
Photo_14
上智大学前の堤防から地下鉄四ッ谷駅を眺めて。


きらきらの夫婦。
Photo_15


はー久々に休みらしい休みでございました。


2007/03/08

写真部反省会

水曜日、会社の趣味の写真部の鎌倉撮影反省会(という名の飲み会)がありました。
以前、私が鎌倉の写真をしこたまアップしていたのを覚えていらっしゃる方いますか?
あの時は、写真部のメンバーみんなで一緒に撮影していたのです。

反省会では、自分のこれぞという写真を少し大きめに現像して、みんなで合評会をします。
でるわでるわ。力作の数々。
何人もいる巨匠から、ほめられたり、もっとこうしたらいいとアドバイスをもらったり。
ものすごーくためになる、いつも楽しみな反省会です。
時計を見ながらやらないと、いつまでたっても終わりません。

以下は反省会で巨匠から聞いた自分のためのメモです。
興味ある方は読んでみてね。

・日差しが強くてコントラストが強すぎる時、あえて超アンダーにして撮ると、ときたますごくいい写真が撮れる。
・(↑に対して別の巨匠が)しかしそれは、夕方や朝などの光が斜めのときの方がいい。
(まっきゅーにはこの辺は謎の世界です。今度やってみよう)
・日差しが強い時は撮りづらいが、あらゆる露出で撮り比べ、順光・逆光両方で撮り比べると、どこかによい写真があるはず。いろいろと試してみるのが大事。
・花をアップで撮る時は、どうしても被写界深度(ピントの合う前後の範囲)が浅くなるから、すこし絞って撮った方が花の輪郭がちゃんとでて、撮る時のわずかな前後のぶれによるボケ失敗も少なくなる。
・絞り8~16くらいの”中間絞り”は便利。ほどよくボケを残し、ほどよくしっかり撮れる。
・余白を残す構図を意識する。梅の木なら樹冠を途中で切らずに、樹冠の少し上に余白を残した構図にすることで、樹全体の形が伝わり、印象に残る写真になる。
・マクロレンズを買う余裕がないときは、クローズアップレンズがあると便利(×3があるといいらしい)。今もっているレンズでも、もっと寄って撮れる。
・放射状になっている構図では、要(かなめ・放射線が集中している到着点)にピントを合わせるとよい。要の方に視線が向かうのが人間の自然な感覚だから、しっくり見える。
・人の顔(仏像でも)を撮る時は、その視線の先に多く余白を残すと自然で印象的な写真になる。
・ラインは強い印象を残すので、基本的に構図の中に入ってきたときは注意する。ラインのあるものを撮る時(鎌倉では竹林など)、メインの被写体にそのラインがかぶらないようにする。どうしても構図に入ってきてしまうようなら、縦位置にするなどして逆にラインを生かすと、”お主なかなかやるのう”という写真になる。

私の勝手な解釈が入ってしまっているかもしれないので、なんか変だぞ、と気づいた方はご指摘くださいませね。

さあ!週末もカメラを持ってでかけるか!
ホルンは修理に出してしまったので持ち物はマウスピースと楽譜だけだし。

父から届いたキンカン漬け

少し前、実家からでっかい荷物が届きました。
入っていたのは、姉が大掃除の中で見つけた大量のタオル(一夜にしてタオル長者になってしまった...)

と、

これ。
Kinkan

父手づくりのキンカンの砂糖煮です。
私の超大好物♪

いつもは母が作ってくれるのですが、最近は父もつくり始めました。
意外と(ごめんね)凝り性な父は、何か本でも読んだのか、水を入れずに砂糖を最小限に抑えてつくる技術をマスターし、煮崩れしないつやつやのキンカン漬けを自慢げに送ってきたのです。
味もさっぱりしていて、キンカンのさわやかな酸味が残ってて美味です。
父、やるな~

年も取ってきたことだしと、商売をうんと小さくしたのが昨年でした。(私の実家は田舎の小さいCD・楽器屋さんでした。今ではスタジオ・楽器小物屋さんです)
お店は一人でできるわね、と言って外に勤めに出かけるようになった母。
なんだか前より生き生きしてるみたい。いろんな人と友達になって話すのが好きなので、たくさんの人が集う今の職場は毎日が発見でおもしろいワ!といってました。
そんな母のサポートをしようと、いろんな家事をすすんでやるようになった父。
今では味噌汁と卵焼きの名人です。
そんな夫婦が素敵だな!と思う娘なのでありました。


*追録:写真について
写真のキンカンは、仕事のブツ撮りのついでに撮ったものです。
場所は自宅。窓が東向きなので、朝の8時ごろの少し高くなり始めた日光を半逆光として使いました(すりガラス越し)。
露出は2段階くらいプラスにしています。も少しプラスでもよかったかな。
この写真で後悔しているのは、も少し絞っておけばよかったな、ということ。
実際は最大限に絞りを開放しているのです。自分の中の「料理写真は開放でボケをだす」固定観念のせい。
本当はガラスの容器の手前のラインもツヤ感を出したかったのです。
まだまだ修行が足りないなあ。

2007/03/06

ウイルス退治、ひとまず完了

かれこれ2週間以上、自宅PCのウイルス退治に四苦八苦していたのですが、ようやく終息を迎えたみたいです。
ウイルスとして検出されまくったTEMPファイルと会社のデータベース(入社時、自社の商品があらかじめインストールされているのを買わされた)を洗いざらい消去し、ディスクのクリーンアップをして2つのスキャンソフトを最新の定義で実行し、ウイルスが検出されないのを確認して、ウインドウズアップデートをして完了。
(あきよしさんアリガトウ!)

ふー。やれやれ。とりあえず初期化はまぬがれてよかった。今はその時間はなし。
早いところ外付けハードディスクを買って、もしもの事態に備えたいものです。

それはそうと、今日はひさびさに大学時代のホルンの師匠と電話で話をしました。
ものすごく弟子の多い先生なのに、ちゃんと私のことも覚えててくださり、あいかわらずの豪快な口調でいろいろと話をしてくれました。
社会人になってから先生とまともに話したのは初めてです。自分が半人前でも働くことになってあらためて、多忙の仕事をこなしながらこれだけのテンションと明るさと情深さを常に維持しつづけることは、並みのことではない、この先生はやっぱりすげえや!と実感しました。
ただのキャラクターばかりではなく、意識してそのように維持しているのだなあ、とはじめて考えました。
心身状態は波ばかり、波を外に放出しまくりの自分のプロ意識のなさを反省です。

相談事があって電話したのですが、すぐに解決というわけではなく、いろいろと課題もあたえられ、自分の欠点も指摘してもらいました。
うーん、師匠だなあ。この先生に出会えてよかった!
すいません独り言で(^^;)だってうれしかったんだもん!

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »