2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007/02/28

ウイルス退治、真っ最中

先週のある日、自宅でつないでいる光回線のセキュリティーセンターから電話。
「まっきゅー様のPCから大量のデータが送信されているのを確認いたしました。なにかメール等で大量通信を行ないましたか?」
…いえ、ぜんぜん。
「そうですか…ウイルスに感染している可能性が高いです。最新のウイルススキャンソフトでウイルスを捜索・駆除してください。その後、ウインドウズアップデートを行ない、またこちらにご連絡ください。こちらからまっきゅーさんのデータ通信を制限している状況ですので、できるだけ早めに対処していただけますか?」

なぬーーーー
オンラインのフリーのウイルススキャンソフトをダウンロードしようとすると、異常に通信速度が遅くなり、途中でフリーズしてしまう。
ウインドウズのアップデートも同様の症状で、必ず3つめあたりのプログラムまでインストールしようとしてフリーズ。
もしかしてそういうウイルスに感染している…?(ウイルススキャンソフトのダウンロードを妨害するウイルスがあるらしい)

PCに詳しい会社の先輩にヘルプをもとめると、ウイルススキャンソフトの購入を勧められました。さらに、最終手段として外付けハードディスクに大事なデータだけ移し、PCを初期化することも提案されました。

そ、そんなにオオゴトですか…心の準備が…
と、いうわけで、自宅のPCはいま通信ケーブルを外しております。
このブログは某所(ばればれ)からの投稿です。
もう少し悪戦苦闘しそうなので、若干投稿がにぶるかもしれません。

ウイルススキャンソフト、外付けハードディスクでおすすめのものを知っている方はぜひコメントくださいませ。

こうなったら徹底的にやってやるわい。

2007/02/24

桜咲いた

桜咲いた
うちの近所の桜。ソメイヨシノではないみたい。いつも他より早く咲くから。

今日は久しぶりの土曜休みだけど、追い込み時期なので出勤。
休み気分だけでも少し味わいたくて、朝から洗濯と久しぶりの料理、お散歩と店舗改装したパン屋に冷やかしをたのしみました。
ちょっと早起きできるとこんなにゆっくりできるんですね。
はやく(朝型)人間になりたい!

2007/02/23

ミモザの花

Mimoza

著者の自宅で満開を迎えていたミモザの花。
よーく見たらピンボケ。はあ。撮影技術はまだまだです。

近づくとほんのかすかに香ります。
明るい日差しに映え、優しくとても印象深く咲いていました。

うちの近所の桜、咲きだしたんだけど…
すっかり春です。
……。

2007/02/22

ちょっと気取った料理写真

今朝自宅で撮ったジャムの写真。仕事用だけどこれはボツカット。

Jamrisize

こんな容器を使いました。

Utuwaresize

北千住のマルイの雑貨店で購入。どちらも手のひらサイズのどうってことないカップなんだけど、ちょっとアンティークな感じにひかれてついつい自腹で買ってしまいました。
やっぱり、100円ショップのとはちょっと違って味がある…よね?

本作りは山場。
今期私が担当している本は、非常にベーシックなジャンルの入門書。
それだけに他社の既刊との違い、個性をアピールしていかなきゃ生き残れない。
先日の販売会議で、私のつくった資料からは「どこが売りなのかわからん」と言われてしまった…
「君はこの著者に対して愛情もってつくってる?なんか冷めた感じに聞こえたんだけど」
それはないよおー 情熱だけが私の売りなのにい。

ありふれたテーマは非常に難しいと思い知らされた今回の仕事。
次からはうちの会社の得意分野で企画たてようと思いつつ、でもあと10日ほどの入稿までの間に、やれるだけ悪あがきをしてやろうと思います。
著者の個性、魅力…すごくわかっているつもりなのに、表現するのは難しいなあ!ちくしょー

2007/02/21

ワインと渋柿

今日ヤフーニュースをのぞいたら、「船で世界一周させたらワインの味がよくなった!」という見出しの記事がありました。
ワインのボトルを船で世界一周させたら、同じ樽から生産された世界一周しなかったワインよりも味がまろやかにおいしくなってしまったのだとか。
なかなかおもしろいですよね。
この記事によると、“波のかくはん効果や気圧による影響が”あるんじゃないか、という推測が書かれています。

これと似た話を、ある雑誌でよんだことがあります。
ずばり
「バイクでぶんぶん運んでいたら、柿の渋がぬけちゃった」
ほんまかいなーと言ってしまうような話。
どんな渋やねん。
バイクのかくはん効果(何もかくはんされません)?その仕組みはまったく想像できません。
う~ん一度試してみたい!

2007/02/20

漢方薬でGO

昨日から風邪を引いていますが、養生がよかったのか、本日は熱と関節痛と吐き気が見事におさまって、残りは喉の痛みとせきたんというところまで回復してきました。
忙しい時期、ありがたい限りです。
おかげさまで修羅場のわが部署のメンバーにも被害を与えなくてすみそう。

いつもは風邪に薬は使わないのですが、今回ばかりは休んでられないので薬で症状を抑えることにしました。
花粉症の薬、アレロックを飲んでいるので、総合感冒薬だと作用がかぶってしまってよくないかな、と思い、今回はもう少しゆるやかな作用の漢方薬を使ってみることにしました。
昨日近所の薬局の薬剤師の姉ちゃんに相談してみたところ、「胃腸を悪くしたり、関節の痛みがあるときはこれがいいですよ」といってすすめられたのが、柴胡桂枝湯

インターネットで調べてみると、関節痛に対する作用が見当たらないんだけど、ともかくも症状がおさまったのはこの薬のおかげもあるでしょう。

数年前、ある漢方の著者の方に「漢方薬はお湯に溶かしてゆっくり飲みなさい」と言われ、目の前で実践させられたことを思い出し、今回も空腹時に(このとき吸収がよい)、湯飲みに薬を入れ、たっぷりのお湯を注いでぐるぐるとかきまわし、ごくりごくりと味わって飲みました。
においは癖があるけど、意外と味は甘みがあって飲みやすいものです(カンゾウが含まれているからでしょう)。
この”味わって飲む”こと自体にも、薬効があるんだそうで。
さらに、この味の感じ方によって薬の処方が適切かどうかがわかるらしいです。
曰く、自分の体質や症状にあった薬は不思議とまずくなく、逆に、何度飲んでも「おえっ」として飲みにくい薬は、今の自分の体に合っていないとか。

ふーむ、この考え方に従うなら柴胡桂枝湯は私の体に合っていたということですな。
ちょっとまゆつばな感じもしますけど、この感覚的な検証法がいかにも漢方らしくて、もっといろいろ知りたくなりますのお。

皆様も、今度風邪引いたら、漢方薬でGO!してみませんか?

2007/02/19

まっきゅーに近づくな

この週末、仕事もあわただしく、土、日ともにめでたい席に立て続けに参加させてもらう機会もあり、非常に充実した時間でした。

しかし…
どこでもらってきたのか、日曜の夜から腹痛&関節痛という特殊な症状から風邪がやってまいりました。
今日の午前中は完全にノックダウン。
午後はこっそり会社に出て行ってチマチマ重要な案件だけ片付けて帰りましたが、風邪菌振りまいてないかちょっと心配です。
何しろ今の編集部は超重要な時期で、みんな多忙&お疲れ&締め切り間際なんですもの。
ここで風邪人が続出したら(しかもその発生源がこの若造だとばれたら)ただではすまされません。

熱、頭痛、吐き気、関節痛、咳、痰いろいろな症状が出ていますが、おもしろいことに花粉症対策で薬を飲んでいる鼻だけは症状があきらかに軽く、薬っておもしろいな~と思う次第。
洗濯物を室内に乾かして、暖房効かせて、おうどん食べて、今日はひさびさに日付が変わる前に布団の中へ。
明日はケロっとした顔で会社にいけますように!

もう少し暇な時期なら、思いっきり発熱して”風邪で老廃物デトックス”ができたらよかったのだけど。
今日の手帳に書いてあった名言
「その病気がものすごく重いものでなく、療養中に仕事をする必要もないのなら、病気は最高の休暇である」

2007/02/13

洞窟の観音様

ねちっこく鎌倉ネタ。

Doukutunokannnon


鎌倉は、山を切り崩してその岩肌を掘ってお墓などにしているところがたくさんあります。
暗い洞窟の中から世の幸いを願っている観音様。
「火の鳥」鳳凰編に出てくる良弁上人の生き仏の話を思い出します。

少しでも、そんな信念を自分も持ちたいと思いました。

2007/02/12

お地蔵ズのつぶやき

Moaitubuyaki

「あの子がワシラのこと”モアイや”ゆうてまんねん」
「はあん」

しつこく鎌倉ネタ。
@日曜の平和な散歩道

2007/02/11

東京ミッドタウンの胎動

東京ミッドタウンの胎動
建設中の東京ミッドタウン(旧防衛庁跡地)。ふと気がつくと、もうそれらしくライトアップされていました。


もうすぐオープン。
あのニャンコも住み続けていけるでしょうか。
春になったら行ってみよう!

新木の街角で

Kusunoki


大きなくすの木。大好きな木。
楠だよねえ…違ったらすみません。
楠は、常緑樹のなかでも一番明るい葉を持っているそうです。
木の中の精油成分(樟脳)は防虫効果があるから、庭の木にしたり、近くに植えて楠でタンスをつくったりと、人間にたよりにされてきたんだそうです。
もともと日本自生だったかどうかはわからないようですが、関東以西の「人里」によく生きているそうで、ほとんどの楠は人間とのかかわりの中で、そこに根をおろし生きはじめたのではないでしょうか。

ああ、もう週末。
さーオーケストラじゃ!

2007/02/10

新木駅前

Arakiekimae


鎌倉はネタがつきてきました。
こちらは千葉県我孫子市の新木駅前のお家。

木の下には小さな祠。
カブのいすの上には…牛乳パック・・・??
リサイクルあっぱれ。

2007/02/09

鎌倉の神社

Jinja2


鎌倉は お寺ばかりと 思いきや
神社もちゃんと あるのでござる

Jinja1


ただの勉強不足ですね。 はい。
お寺よりも、神社の方が落ち着くのはなぜなのでしょう。
こういう、村の神社、とくにそう。
大きな神社の神聖さとはまったく違う。ほっとするというのか。特別居心地のいいところです。
 
 
 
近況。
花粉症を抑えるために、今週からアレロックという抗ヒスタミン薬を飲んでいます。
めっためた眠い。
歩いていても寝そうになるほど。
今週いっぱい飲み続けて、体が慣れないようなら薬の量を減らそうかと思います。
眠さをとるか、辛さをとるか…究極の選択だ。

それから、今日は友人とひさびさに銀座でディナー。
とーっても幸せな気分になれる、素敵なお店を見つけました。
今度じっくり紹介しましょう!

2007/02/07

椿 落ちにけり

Tubakikoke2


鎌倉、東慶寺の中庭にて。
落ちても美しい椿。
苔がやさしく受け止めます。
 
 
 
 
 
で。
 
 
こちらが元の写真。
Tubakikoke


1枚目はちょっどどぎつすぎるかな。
花のあざやかさを強調しようと思って彩度を上げましたが、ちと不自然になりすぎたかも。

2007/02/06

色補正という名の演出

鎌倉の海蔵寺の前にあった。石を掘った井戸。

画像をクリックして大きくしてみてね。
Kagamiido2


実は、これが元の写真
 
Kagamiido
地味です。

1枚目の写真は、2枚目の写真の色補正をしたもの。
青と緑を強くして、全体の彩度、コントラストを上げました。

ちょっと寒々しい感じを強調してみました。
どちらがお好みですか?

我孫子の風景

Hatimandaibosatu
我孫子市新木の公民館の中にある八幡大菩薩。
この文字のデザイン、かっこいいよねえ。


それはそうと、今日はサントリーホールへフィンランド放送交響楽団のコンサートを聞きに行きました。
会社の先輩からチケットを譲っていただいてのありがたい機会。
すごかー
プログラムはシベリウスのタピオラ、マイスキーソリストのドボルザークのチェロコン、そしてブラームスの交響曲2番。
こんなに生き生きと躍動感があって、しかも音色が繊細なオケ、久々に聞きました!
こんな風に私も喜びいっぱいで演奏したいな、と強く思いました。
オケのメンバー同士の絆の強さもすごく伝わってきて、指揮者との息もぴったり。いいなあ。
これが脂の乗った全盛期のオーケストラなんだよ、と一緒に行った先輩に聞いて、なるほど。

自分の所属している二つのオーケストラ、メンバーとの関係もいっそう大事にしていきたいと思いました。
あー早くさらいたいわ。自宅に防音室がほしいと切実に思う今日この頃です。

2007/02/03

鎌倉で写真を撮る4

Img_1773


あの人、ぼくに手紙入れてくれるのかな…ドキドキ。


北鎌倉駅から東慶寺へ向かう路地にて。

2007/02/02

鎌倉で写真を撮る3

Hahatoko

東慶寺にて。朝のさわやかな逆光をバックに。

いつの時代も、母は優しくて強い。

2007/02/01

鎌倉で写真を撮る2

Moaipea

「あんた、モアイに似てるって言われてまっせ」
「はあん」

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »