2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/23

麻布茶房のからいもスイーツ

麻布茶房のからいもスイーツ

あまりきれいじゃなくてすみません。先日友人と上野駅アトレの2階「麻布茶房」に行ってきました。写真はそこで食べた”クリームスイートポテト”。
これかなりおすすめです。アツアツのスイートポテトと冷たいクリームの対比がいいし、意外に甘ったるくない。
さらにトッピングのハニーレモンソースが爽やかでベストマッチング!
ぜひ一度お試しあれ!

*注:腹はふくらみます。

2006/08/19

本を出すということ

武田早雲さんという書道家の特集番組をNHKで見ました。

早雲さんは、会社員からストリート書道家になり、現在は斬新なアート的な書のスタイルと、音楽家やさまざまな芸術家とのコラボレーションを実現していることで世界的に有名な書道家なんですって。

自分の内なる思いを大切に大切に温めはぐくんで、それを書にあらわして人に届ける。
それを見た人が、癒されたり、元気になったり、何かに気づいてくれるように。

早雲さんが自分の活動の集大成を本にまとめた、というくだりがありました。
今まで一人一人に書いて渡していた書が、多くの多くの人に届き、影響を与える。
早雲さんが、なみなみならぬいきごみで真剣に取り組んでいる姿が印象的でした。

これを見て、改めて、著者にとって、自分の本を出すということは、本当に大事なことなんだ、人生の中でも、重大な出来事なんだ、その人まるごとの思いや人生がつまっていくんだということを感じました。

その思いを、それを潜在的に求めている読者に、すみずみにまで届けていくことが、編集者や出版社の役割なんだということも、改めてわからせてもらいました。

編集者ってやっぱり、無から有を生み出す仕事じゃないんでしょうな。
コーディネーターであり、世の中の知やコミュニケーションのマネジメントなんじゃないかしら。

企画のコンセプトから構成から見せ方から、値段まで工夫。読者の知りたいことがツボをおさえて書いてあって、わかりやすく、愛着のわくデザインで、買いやすい値段で…
本はまだまだ人をわくわくさせられると思うな。

早く寝なくちゃ。
NHKもいい番組つくりますねえ。

2006/08/09

涼な1日

涼な1日

とある所のオブジェ。
音はしないけど目に涼しい風景です。
今日はこの写真のごとく、つかの間の涼しい1日でした。
明日は台風一過でまた暑くなるのかしら…

気をつけているのにやはり貧血気味になってきました。
使いたくない鉄剤をついに導入です。

2006/08/07

あづい

あづい

たまらんニャ
ネコまでうだる
この暑さ


おそまつさまでした。
ネコは当然にしても、今日は道端の雑草までぐったりしていました。
そりゃあ病害虫も減るわ。アブラムシくんもだいぶ減ったと思いませんか?

2006/08/06

好きなのに、あわないの

食べ物の話なんですがね。
 
 
 
わたくし、カレーが好物でありまして。
あ、たいていの人は、好きですよね。
スープカレーもよいし、インド人店舗のインドカレーもココイチも中村屋もうまい。
最近食べたのでは「Soup Stock Tokyo」のグリーンカレースープがワンダフルにおいしかった!
辛すぎず、野菜たっぷり、ココナッツ風味濃厚で、絶対おすすめですよ。
しかし一番おいしいのはなんといっても手作りカレーですよね。兄の作るカレーがおいしかったな。

語りだすととまらないカレー。
しかし、こいが最近悩みの種なのです。

ここ半年くらいカレーを食べると必ずお腹をこわしてしまうのです。
グリーンカレー以外は全滅。
悲しいことです。
自分で手作りしてもダメなので、きっとあのルウの脂肪分がいかんのだと思い、先日そばつゆとS&Bのカレー粉で作る和風カレーを作ったのですが、おいしかったけどこれもだめ。
あまりにお腹を壊すので、たった一回食べただけで、泣く泣く残りを廃棄処分にせざるを得ませんでした。
まことにもったいないことです。

何がいけないのかしら。
カレー粉(ターメリック、コリアンダー、クミン、フェネグリーク、こしょう、赤唐辛子、ちんぴなど)の中に、体に合わないものが入っているのでしょうか。
同様の症状はひき肉+トマトソースという組み合わせでもおこります。

ところで、夏は食欲低下とのたたかいです。
昨年は仕事が多忙でストレスが多かったこともあり、夏にたくさん痩せました。
が、おかげで仕事中に動けなくなるくらい貧血になり、病院と鉄剤のお世話にもなりました。
夏も元気に活動したい人は、ぜったい、もりもり食べる工夫をしたほうがいいですよ!
私は今のところ、「一日一食はもりもり肉と野菜を食う」をモットーにしています。
自炊をできてないのがイヤなのですが(やる気がもう少し)、でも、今のところヘモグロビン値はきっと正常。
どうせ急に痩せても食欲の秋にリバウンドするだけなのだ!女性諸君!
痩せなければリバウンドもしないことを今年実証してみせますぞ。
え?リバウンドしなきゃいいんでしょ、って?    うーん、そうね。理論上はね。

夏は上記のようなお腹こわしにも注意です。
水分とミネラルが大量に失われて、体はだいぶ消耗する感じ。

2006/08/05

暑いの大好き!

暑いの大好き!

日光を跳ね返すようにキリッと咲いてるハイビスカスさま。
この暑さに人間どもはへばっておりますぞ。
何がタイヘンって、外と中の異様な温度差。
地下鉄のホームってなんであんなに暑いんですかね。夜は地上の方がよっぽど涼しいのに。

2006/08/03

ポリバケツからこんにちは

ポリバケツからこんにちは

ポリバケツからひょっこり顔をだしているヤツがなんだか、わかりますか?


正解は、こんにゃく。
落ち葉堆肥を入れているポリタンクのふたのわきから、ある日突然芽を出してきました。

タネイモ入れた覚えないよ!?

どうやら、堆肥の切り返しのとき、隣のゴミおき場の中に捨てられてたイモのかけらが紛れ込んだみたいです。
なんという生命力!
茎が軟白されててうまそう。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »