2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 東京ミッドタウン | トップページ | クレマチス開花 »

2006/05/06

薩摩川内で木を切る男(寺山編)

5月1日晩から本日まで、故郷の鹿児島に帰っておりました。
たっぷり帰ったつもりだったのですが、じぇんじぇんやりたいことやりきれなくて、ちょっと心残りもあります。
それでも、仲間や会ってみたかった人(の数人)と会うことができたので、とっても充実していました。
会ってくださった方、ほんとうにありがとうございました。

いろんなことを感じ考えた4日でしたが、一番強く思ったのは、鹿児島にはいろんな人のやる気や思いやアイデアやエネルギーがあるのに、その多くが埋没してしまっているなあ、ということです。
ITを中心に、メディアやコミュニケーションの構造が大きく変わろうとしていて、それに合わせて経済や労働の形も変化してきている(にわか勉強)。
もうその流れは地方にまで押し寄せてきているのに、完全にそれについていけなくなってきている人が(はなからついていくことをあきらめている人が)、どれほど多いことか。
とにかく、地元の昔ながらの小売業がさっぱり元気をなくしています。
そういうところを目の当たりにしすぎて、視野の狭いまっきゅーは一時的にポジティブシンキングストップ状態になってしまいました。

でも、そんなことばっかり見ていても、つまらないですよね。


面白い動きも、いろいろ見つけたんですよ。

その中のひとつを、今日はご紹介。
私の実家のある薩摩川内市に、寺山というシンボル的なお山があります。
今、この寺山の麓近くの一区画で、ひたすら木を切っているおじさんがいます。
おそらく本邦初公開の画像ですよ~
Img_1842
ユンボで切った木を移動中?

このおじさま、薩摩川内在住の水道屋さんで、寺山の森の中に、イベント会場&バンドスタジオを作ろうと、ひとり黙々と森を開拓なさっているのです。
昨年から作業は始まり、驚くべき速さで工事は進んでいます。
Img_1827
こんな藪だったところが…。

木を切り、
Img_1850

斜面を切り崩し
Img_1847

ついに一部は完全にさら地になりました。
Img_1851

土の中から出てきた大石をつかって、ワイルドなステージにするんじゃ!
Img_1849

ユンボもチェンソーもブルドーザーもこのために全部自前で購入。もちろん初めて使うものばかり。
森の木の切り方も独学。斜面かつ木同士の密度が高い森では、木が思わぬ方向に倒れるので危険な作業のはず。身の危険を感じることも何回もあったそうです。

構想よりまず行動。
思い切りのよさとあまりの行動力に脱帽なのです。
敷地全体のレイアウト構想もほぼ白紙。作る施設の計画もほぼ白紙。
でも、なんとかして、ここを音楽好きな老若男女が活躍できる場にしたい。
練習、ライブ、祭りイベント、いつもだれかがここでイキイキと活動している。
音楽だけじゃなく、飲食店があったり、寺山で陶芸をやっているひとのアトリエショップを作ったりして、行くだけでも楽しめる場所にもしたい。
地域の人のエネルギーを生かせる場、交流できる場をつくりたいと、黙々と作業を進めているのです。

もうほとんど、木は切り終わってしまわれたそうです。
ここから先は、たくさんの人の、アイデアや助力や便乗やおせっかいが、絶対に必要です。
薩摩川内市のかた、ぜひぜひ、この企画を応援してあげてください。
むしろ、いろんな人が、自分がおもしろく使えるための手出し口出しを、どんどんすることで、ここはおもしろくなっていくんじゃないかと思います。
関心ある方は、この記事にコメントをくだされば、おじさまへの連絡先を聞くための連絡先を、お知らせします。
または国道3号線沿いの川内楽器へ問い合わせくださればと思います(今のところ)。

え?ひとごとのように言うなって?
そうですよねえ。そこは悩みどころなんです。

« 東京ミッドタウン | トップページ | クレマチス開花 »

ふるさと鹿児島のこと」カテゴリの記事

コメント

風のうわさでこの話聞きました!
かなりの行動力に、話を聞くだけでわくわくしました。

まきゅーさん、木を切ってる写真 撮影うまいですね。
だんだんと作業が進んでるようすがわかります。

あと、おみやげいただきましたよ。
ありがとうございます!!!

ぱぷりか様

コメントありがとうございます!
撮影をしたのは、実はうちの父なんですよ~(^^;)
父も自分のことのように燃えています。
ぱぷりかさん、ぜひぜひ、この素朴で大胆な企画をレポートしてくださいませ(笑)!
おみやげ、私とnozoからでございます。
川内は素敵なお菓子屋さんがいろいろあっていいですよね。
鹿児島県はお菓子屋のレベルは高いなーと思ってます。意識の高い、こだわりのある人が多い。
ここも、取材どころかも??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62457/9918665

この記事へのトラックバック一覧です: 薩摩川内で木を切る男(寺山編):

« 東京ミッドタウン | トップページ | クレマチス開花 »