2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/29

春椿と満開桜

春椿と満開桜

街中の人がうっとり上をみあげながら歩いてます。さすが春のびーなす。 この桜の散る頃、わが花粉症もおわる...はず。

2006/03/26

リンク大幅?改定

今週もほとんど更新してませんでしたが、ひそかに左のサイドバーの内容が変わっていくのに気づいた方はいらっしゃったでしょうか(いるわけないですね)

これまでリンクを載せさせてもらっていた方々の紹介文を、一部OR全面リニュアルしました。
その人のブログの方向性も、私自身がその人のブログをどう読んでいるのかも、少しずつ変わっていくもんだなあ、と思いまして。そういうのを大事にしたいので、年度変わる前にやっちゃいました。
該当される方々は一度自分のところを見てみてくださいね。
むかつくとかやめてくれとかいう方は至急ご連絡を。
実はモノによってはこれからこのブログはどうなっていくんだ?というのもありまして、中途半端なコメントになっているものもありますが、それはわかり次第随時修正していきます。

そして、新たなリンクを二つ追加させていただきました。
どちらも全然違う次元の世界観ですが、私にとってはどちらも癒し系です(笑)
どうぞ末永くまっきゅーのブログと近所付き合いしてくださいませ☆

左サイドバーに、まだ見たことのないブログのある方、ぜひ新たなワールドをのぞいてみてください!
(いちおうここに載せてる方々はそれをOKしてくれているはずです)
毎日生活していて、ブログに書けることと書けないことがあり、誰でもブログに書けないことを抱えながら生活しているんだと思います。ひとつのブログが書き手のすべての面を表しているわけではない。
そんなことは誰でもわかることなんですが、それでもやっぱり、ブログにはごまかせないくらいにじみ出てきますよね。その人のパーソナリティーが。
何を感じているのか、何を大切にしているのか。どんなときにワクワクし、うれしくなるのか。
私はそういうのを読み取れたときがひそかな楽しみだったりします。自分と違うかもしれないけど、違うほうがおもしろいですもんね。

このブログを見ている人で、自分のページを持ちつつ黙っている人は、観念して自己申告してくださいな。
こっそりでもいいのでね。

2006/03/23

ふるさとの空気というクスリ

先週の土曜日夜から昨日まで、実家鹿児島は薩摩川内市に帰省していました。
スカイマークの鹿児島線が来月廃止になるので、それまでに帰れるチャンスをねらっていたのです。
一寸先が闇の(笑)仕事の進行とにらめっこしながら、ここじゃ!と思い切って一日だけ代休をもらって自ら3連休にしてしまいました。

突然だったにもかかわらず、駆けつけて一緒に遊んでくれた友人、たけのこ掘りに連れてってくれた(笑)先輩に大感謝です。
ちょうどお彼岸ということもあり、1年ちょっとぶりにお墓参りと、生まれて初めてよもぎもちをよもぎを摘む所からチャレンジしました。よもぎもちうますぎです。菜花はぴっちぴちの摘みたては生でも最高!白菜やチンゲンサイも菜花になるんだ!感動の連続。農村ってホント宝の山。宝の投げ散らかし状態といいたいくらい。
春休みの、おだやかでゆったりした町の空気にも、じんわりと元気をもらった気がします。
いきたかったところ、会いたかった人、まだまだあって心残りでしたが、次のお楽しみにしましょう。

それにしても、帰るたびに、自分の知ってた建物やお店がなくなっていきます。移り変わりは当然のことですが、移るのではなくて、ただなくなるのは…とくに3号線の中心部はさみしくなるばかり。
とはいえ、じいちゃんたちがうろうろしてるスギノ種苗店や南日本銀行向かいの八百屋、ジーンズのウエゾノさんたちの健在ぶりは目に留まりますね。元気に改装中のラ・フルッタもたのもしい。
大店法改正とバブルの崩壊、IT化、時代の流れはたしかに変わったようです。人の関心、求めるモノも変わった(その中に含まれる価値も)。でも、生きがいとか、ウキウキした楽しさを求める気持ちとか、家族や友達と一緒に楽しく過ごしたい気持ちとか、人が求めるコトは、そんなにかわってないはず。
…一昔前に代わる新しい論理で、街に元気をとり戻してほしい。
とはいえ、10年後くらいに私が1mmでもその手段になれるようなことくらいは残しててほしいと思うところです。

それにしてもよもぎもちはうまい。
おみやげに持ち帰ったもちを、これを書いている間に3個も平らげてしまいました。
…小さかったのよ!ほんとに!
まだ寝ないもん。大相撲みるもん。

追伸:鹿児島弁が直りません。

2006/03/20

唐芋料理ありったけ

川内の食改さんの唐芋料理、続きです。

○さつま芋入りふくれ菓子
(材料)4人分
さつまいも 200g
小麦粉 500g
重曹 10g
黒砂糖 400g
水 350g
酢 50g
(作り方)
①さつまいもは1センチ角くらいの大きさに切り、かためにゆがく。
②小麦粉、重曹、をふるいにかける。
③水、酢をボールに入れ、黒砂糖をそこに溶かす。
④②に③を少しずつ入れ、粘らないように混ぜる。
⑤4を型に流し込んで、蒸気の上がった蒸し器に入れる。はじめは強火にし、次に中火にして30分蒸す。ぬれた箸か竹串をさしてみて、何もついてこなければできあがり。
*鹿児島郷土菓子のふくれ菓子(むっかん)ですね。かんたんにできそう!昔、阿久根の道の駅に売っていたふくれ菓子はおいしかったなー。私はしっとり系が好き。それにしても黒砂糖400gは多い…わたしなら半分にするかも。

○がねん天ぷら
(材料)4人分
さつまいも 100g
にんじん 80g
ごぼう 80g
にら 50g
たまご 40g
小麦粉 60g
もち米粉 20g
揚げ油 適量
調味料

さとう 大さじ1
地酒 小さじ1
塩 小さじ1・5
うすくちしょうゆ 小さじ1
(作り方)
①さつまいも、にんじんは千切り、ごぼうはささがき、にらは2cmくらいに切る。
小麦粉ともち米粉をボウルに入れて、その中に卵を入れ、水を少しずつ入れて混ぜながら、天ぷらのときより少しかための衣を作る(ちょっとどろどろに)。
③②にAと①を入れてよく混ぜ、低い温度の油でゆっくり揚げる。最後に火を強くし、からりときつね色に仕上げる。
*こちらも鹿児島郷土料理の定番、がねん天ぷら。がねとはかごんま弁で「かに」のこと。揚げた姿がかにに似ているからこの名前になったんでしょうかね。単に「がね」といったり、「がねんしゅい」といったり、地域によって少しずつ呼び名が違うようです。ほんのり甘い唐芋の味とごぼうの風味がたまりません。


がね、このあいだ自力で作った時は、芋が大きすぎてぜんぜんがねの形にならずに失敗。単なるいも天でした。もっと細かく千切りにして、山太郎ガニのようにつくってみたいなあ、と思います。

からいも料理収集開始

唐芋(さつまいも)が大好きな私。もっと普段の料理にいかせないかなあ、と考えています。
そこで、これから唐芋をつかった料理やおやつの収集をはじめようと決意いたしました。
でんぷん質、糖質が主体だから、どうしてもボリュームが出すぎてしまい、おかずにはなりにくい唐芋。
どんな料理の可能性があるのかしら。
ずぼらな私ですので、あんまり手の込んだもんは載せませんので、あしからず。

本日は、母が貸してくれた、川内市食生活改善推進員協議会が作成した「おいしく食べよう!郷土料理バイキングコーナー」(平成16年度健康づくり推進大会)のなかから、2品ご紹介いたします。

○芋ごはん
(材料)
米 5カップ
からいも 100g
水 米の2割増し
塩 少々
ゴマ 少々

(作り方)
1.米は普通に洗い、ザルにとって30分ほどおく。
2.芋は皮のまま1cm角に切り、水にさらす。
3.炊飯器に米、芋の順に入れ、米の2割増しの水で炊き上げる。
4.炊き上がったら飾りにゴマをふる。
*(まっきゅーコメント)芋ご飯は定番の使い道ですね。これもさがせば家ごとにいろんなやり方がありそうです。我が家はもう少し大きくいもを切ります。しかし5カップって…何人分?(レシピはまっきゅーにより少々加筆されています)。

○2色いもようかん
(材料)4人分
[むらさきようかん]
むらさきいも 450g
棒寒天 1本
水 180cc
砂糖200g
[オレンジ?ようかん]
紅さつまいも 450g
棒寒天 1本
水 180g
砂糖 200g

(作り方)
①さつまいもはそれぞれ皮をむき、1cmくらいの輪切りにしてそれを4つくらいに切る。
水にさらして、ゆでる。煮えたらつぶし、裏ごしする。
②寒天は水につけてふやかす。それを小さくちぎって180ccの水で煮溶かす。
さらに砂糖を入れてよく溶かし、裏ごししたサツマイモを入れ混ぜ合わせる。
ボコボコ泡が出るまで煮溶けたら、型に流しいれる。
③冷めたら冷蔵庫に入れて冷やし固める。
*はて、どうやって2色にしたらいいのかしら。要確認ですね。いもようかん、大好きなんですけど、唯一裏ごし作業が面倒で面倒でなりません。かんたーんにできる裏ごし方法(または道具)ないかなあ。

また続きを書きますね。

2006/03/12

メロスフィルハーモニーのモーツァルト

メロスフィルハーモニーの定期演奏会を本日は聞いてまいりましたよ。
ほんとにいつもクオリティの高い演奏を聞かせてくれます。
今日はひときわ素晴らしかったですね。
ひとりひとりが、弦の先まで心を入れて弾いているのがしっかり伝わってきました。
譜面にも非常に忠実で、譜面、作曲家に対して誠実さがあると感じました。
アクセントやクレッシェンドをすごく効果的に演奏してる。
こんなにイキイキとしたモーツアルトははじめて聞いたかも。
場所は晴海トリトンスクエアの第一生命ホールだったのですが、とてもいいホールですね。
客席とステージの目線が近くて、ホール全体が響き、同じ共鳴の中にいるように感じられ、幸せ。
演奏者はどんな感覚だったのかしら?
(演奏者の方でこれ見ている人いたら、感想教えてくださいませ)

心をこめて、きれいにきっちりと。ひとつになって大きなハーモニーをつくる。
私のホルン吹き、オケマンとしての理想・目標です。メロスには全部そろってるようなきがして、うらやましく、ちょっと嫉妬感もうまれましたね。
”きれいにきっちりと”が、個人的にはいちばん苦手。気合が入るとどうしても雑で薄っぺらい音になってしまうんです。

この1月から千葉県のとある市民オーケストラに入れていただき、演奏活動を再開していますが、一週間に一度しかふけなくても本当にたのしく、ありがたいです。
限られた条件の中でも、すこしずつ目標に近づいていきたい。今日はそれをびしっと再認識させられましたね。

メロスの演奏者の皆様、すばらしい演奏をありがとうございました。
スタッフの皆様もありがとうございます!おつかれさまです!

2006/03/11

築地本願寺

偶然通りかかりましたが、インパクトありますね。人をひきつける力というのでしょうか。
でもわたしはやっぱり、村はずれのお宮のほうが、落ち着くなあ。
060311_082047

花粉症すっきりアイデア

まっきゅーは花粉症5年目でございます。
反応するのはスギ花粉と、ちょっぴりヒノキ花粉。
関東地方はそろそろきてますね。
帽子メガネマスクのあやしい3点セットを着用する日も近い…
薬は眠い上に脱力感をもよおすので、なんとか薬以外で症状を軽減するアイデアを模索中です。
昨日はちょっとした発見があったのですよー、という話。

最近CMで、「いたくない鼻洗浄液」なるものを宣伝しているのを見ました。
むむ、ほしいぞう。鼻の中に花粉残ってるから夜鼻つまっちゃうんだろうから。
しかし、得体の知れない液体を体内に入れるのは気が引ける、、、なんとか自分でそういう液をつくれないかな、とチョッピリ思案しました。
最大の課題は、どうしたら鼻に通すとき痛くないのか。
誤って真水を吸ったとき、痛いですもんねー
まてよ。鼻水も液体なのに痛くないじゃないか。
鼻水にあって真水にないもの
・・・塩分!

というわけで、鼻水味(きたなくてスミマセン)くらいの濃度の塩水を、お風呂に入ったときおそるおそる鼻に流してみました。
・・・・痛くない!
大成功です。でも調子に乗って勢いよく吸ったら気管にまで侵入してはげしくムセてしまいました。あまりにもおばかさんです。やってみる人は気をつけてね。少しずつ何度もやるのがポイントかも。要研究。
その晩はすっきり眠れましたとさ。

われながらなんてグッドな発明をしたんだ、と感動し、さっそく今日、会社の花粉症同盟会長に報告。会長も大喜び。
しかし、横で聞いてたカメラマンがぽつり
「昔からそれくらいやってたわい」
なーんだ。
昔の人はえらいのう。でも昔の人の知恵に自力でたどりつけたのはうれしいですね。

花粉症のあなた、だまされたと思って、レッツチャレンジ!

2006/03/08

掌の上の宇宙

松屋の前で。超ミニ盆栽「江戸盆栽」をひき売りする兄ちゃんと長話。
買わなかったけど、モミジのてのひら盆栽、ほしかったなあ。1万円するそうです。写真は咲きかけの梅、3000円。
こんな小さな大地のなかで、あたりまえの世話さえすれば300年も生きられるとか。
彼らは私たちの知りえないどんな世界を見ていくのでしょうか。
まずは、いい主人に出会えますように。060308_232140.jpg

2006/03/03

フリーで働くということ

今日はお世話になっているフリーのデザイナーさんのところへデータ関係を渡しにいきました。
東京の都心部のやや下町に、ひと部屋借りて自分の事務所を構えている方です。
まだ若い方だけど、しっかりとしたセンスと主張をもっている、信頼できるデザイナーさんです。
ていうか、私の好みのタイプなんですよね。センスがね。
よい刺激を受けたので、私の感想をおすそ分けします。

**********************************
彼女は仕事きっちり。必ず納期を守ってくれるし、こちらの要望もただ聞いて言いなりにするだけじゃなくて、それを踏まえたあたらしい提案をしてくれるところが彼女の素晴らしいところ。
編集者って、傲慢なる素人のかたまりなので、直感でこのフォントを変えろとかこの文字の大きさが気に食わんとかいうばっかりで、言うとおりに変えるとその部分だけはよくなっても全体の調和が取れなくなることに気づかないことが多い。
今まで一緒にやってきたデザイナーの中には、「言うとおりにすればいいんだろっ」て感じで、素人が見てもイケテない変貌を遂げたレイアウトを堂々と送ってくる人もいた。
それが彼女の場合は、一緒になって悩んでくれる。
こちらの思いを組んでくれ、指示通りにはならなくても、目的を達成できる別のデザインを提案してくれる。そのために倍の時間を使って悩んでいるんだろうと思う。
私みたいなこわっぱが言っても、誰の役にも立たないかもしれないけど、デザイナーに必要なのって、オンリー1のセンスだけじゃなくて、こういうA+B=Cの創造能力、総合能力なのかもしれない。

今日は初めて二人だけでお茶を飲んで、いろんな話を聞いた。
彼女は多ジャンルの書籍を中心に、雑誌広告から市町村の広報誌まで、ほぼ紙媒体ならなんでもオファーを受ける。依頼のあったものは金額がどうであろうと、スケジュール等でどうしても無理な場合を除き、まず断らないという。
どうしてそんなにいろんなジャンルの会社から依頼が来るんですか?と聞くと
「Aプロダクションを通してB出版社の仕事をしたら、次にBプロダクションが直接仕事を依頼してくれたり、そんなふうにひとつの仕事が次の仕事につながってきているという感じです。ひとつの仕事を一生懸命にやっていいものを作れば、必ず次につながる、と思って、やっています。今のところ、それでうまくリズムよくやれてますね」
どんな仕事も一生懸命にやる、という言葉が、なんかすごいうれしかった。
装丁から中身まで、一冊ぜんぶ任せてもらうのがすき、とも語っていて、さりげないワンポイントを大きさを変えたり背景にしたり、随所に駆使して本に統一感をもたせたりとか、細部にもこだわる。
本全体をデザインするのが本当に好きなんだなあ、わくわくしてるんだろうなあ、というのが伝わる。
************************************

またこの人と仕事をしたい、と、思う人でした。
フリーで仕事をしている人って、一匹狼で自分の道が大事、っていうイメージを私は持ちがちなんですが、そうばかりでもないのかなあと思い始めてます。
すぐれたフリーの仕事人は、クライアントと一緒になって本気で悩んだり喜んだりしてくれる。そして仕事が大好き。一生懸命きっちりやってくれる。
当然といえば当然ですか。でも、そういうひとと出会えることが、すっっっごくありがたいんですよ。
そんなどこにでもはいないです。もちろん、私には到底ムリ!カナ…  だからだめなのかしら~

2006/03/02

世の中ってサー

うまくいかないもんですなあ。
やさしくて明るくて、すてきな人が、ひとにそのやさしさをあげられないなんて、なんてもったいないのでしょう。

こんなに寒い雨の日に、夜中まで駅前で野菜を売りに来てくれる農家のお母ちゃんがいる。
茨城からわざわざ来ているそう。
いつも手作りのお惣菜や、旬の野菜を並べて、いつもニコニコ声を出して頑張っている。
でも、なかなか人は立ち止まらない。
私はいつも立ち寄って買い物ついでに雑談をしていく。
母ちゃんみたいに、仕事の帰りが遅いこととか、お嫁入りのこととか(?早く相手をみつけろとということかな)心配してくれ、いつもたくさんおまけしてくれる。買った野菜のおいしい食べ方を教えてくれたり、話し始めるとながい。それがうれしくて。

でも、なかなか人は立ち止まらない。
とっても頑張っているんだけど、少し空まわりなのかしら。
並んでいるものは大体同じで、市場から仕入れたらしいものもある。煮物は不思議な酸味?があって、ちょっと買いたくない。お惣菜の味はいつも変わらない。おいしいものはおいしいけど、イマイチなのはいつもイマイチ。
お母ちゃんの疲れが、そのまま売り物にでてしまっているような…きっとがんばりすぎなんだ。

この母ちゃんの本領は、こんなもんではないのだろう。
今日ちょっと、いろいろ提案してみたんだが、「私もそう思うの、いろいろと変えたいことはある。でも、一人でやっているわけじゃないから、制約が多くて、なかなか今の流れを変えられないのよ」と困った顔でため息をついた。
もっともな話だ。
でも、もっともっと、お母ちゃんの引き売りは魅力的になる可能性がいっぱいあるのに!
潜在的にそれを求めている人もたくさんいるだろうに!

どうしたらいいのかなー
とにかく、もっと雑談をしてみよう。

こんな帰り道でした。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »