2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/28

デザインという橋

ああ、更新がままなりません。トップページデザインも変えられません…
本日は、たまたま私が手帳にメモしたことを、少しふくらませて転記させていただきます。

***********
ことに表紙カバーのデザインを決めるとき、おじさま方と意見が合わない。

私が表紙カバーのデザインを選ぶときに、いつも意見を聞くのがアルバイトの女の方。
私が編集している本(園芸書)の主たるターゲットになる世代だから、まさにリアルな意見を聞いてる、という手ごたえがあるので、いちばん大事にしている。
しっかし、このおねーさま方とおじさま方の感性がまったく違うのだ。正反対といってもいいくらい。

おじさま方は、カバーに“意味”“メッセージ性”を求めている。
あねーさま方は、カバーに共感できる“センス”と“身近さ”を求めている。
その間で板ばさみになり主体性がなくなる私。

ほんとうは、いいナッと思えるセンスのなかに、発信する側(著者と出版社)のメッセージがさりげなく込められているものでなければならないはず。
でも、デザイナーからプレゼンされる案は、けっこうな高確率で、どちらかに傾斜したもの。
これは、はじめにこういうカバーにしてくれ、こういう要素を入れてくれ、という指示を的確にできていない編集者に責任がある。

おねーさま方を大事にするあまり、意味性、この本にしかないメッセージ性、提案している価値や思想を表現することを、おろそかにしているかもしれない。
カバーデザインは、とても大事だと思う。書店に面陳される機会はほんのわずかだけど、買ってくれた読者とはうまくすれば一生のお付き合いだもの。
すてきなカバーの本は、ただ机に置いているだけでも、ほんのりうれしい。
出会いのきっかけであり、ずっと付き合うものでもある。
ひとつひとつが勝負だけど、まだまだ研究が必要だ。

もちろん私がデザインしたものではないのだけれど、来月、これは新しい!というカバーデザインの本が、出版される。
ぶっちょーヅラのおじさま方をおしきって採用させてもらった。
でも、意味性を問われると、たしかに少し尻込みするかも。もちろんないわけではないが。
でもでも、そのインパクトで、きっと多くの人に手にはとってもらえるだろう。

感想を聞きたいのです。興味ある方はコメントくだされば、直接その書名をお知らせします。
あなたの好きなカバーデザインの本も、ぜひ教えてください。

2006/02/27

ぶーん

誰ですか。半袖サンダルでカブごぅに乗ってるのは。060227_202939.jpg

2006/02/21

どうすればいいんだmixiよ

先週のハナキン、職場の元同期とあやしげな中華料理屋で点心つまみにしゃべくりまくってたときのこと。こんな会話をしました。
「そういえば最近まっきゅうmixi使ってる?」
「あ、酪農娘さん(飲んでた友人)が更新してるときは見てたよ、でも自分のはぜんぜん。更新面倒だし第一仕方わかんないし、最近ID間違えたのかログインできなくなっちゃったしい」
「えーもったいない。今すっごいネットワークが増えてておもしろいんだよ。小学校のときの友人とひさしぶりにmixi上で再会できたりするんだから。もと同期のS君もやってるよ」
「へえ、おもしろそー。でもIDがねえ…」
「どうしてもわからなかったら別のアドレスにもう一回招待してあげるよ。それに、mixiで日記書かなくても自分の今のブログつなげればいいんだから、めんどいことないよ」
「…え、そうなの?」

と、いうわけで、mixiに形ばかり招待してもらってから2年ちかくたって、ようやく使い方の道を教えてもらったまっきゅーなのでした。ありがたいことにIDもわかり、昨日から自分のこのブログをつなげました。
ただ…それしかわからん。どうやってmixiのひとたちとつながったらいいの???
人のプロフィールを見るだけ見て(あしあとっつーのが残るんね)、何も残さず嫌なやつやってしもうてます。
mixiからこれ見に来てくれてる方、申し訳ありませぬ。このとおり無知なぐうたらなんです。
そのうち、本腰をあげて乗り込んでいきたいと思っています。おもしろそうではありそうです。
でも、なかなか時間をさくのは難しいねえ。あしあとだけ残して何も働きかけないのも冷やかしみたいで申し訳ないから、中途半端にまわれないし。
うまく使いこなせたらいいですなあ。

初めていらした方、いらっしゃいませ。こんなブログをやっております。関心ある記事が見つかったら、ぜひコメントを残していってくださいね。私はこちらのココログがメインでございます。

2006/02/19

やつが…来る…!

何がくるかって、春ですよ、春。
つ・ま・り、花粉ってやつがやってくるです。
ていうかもう飛んでいますね。鼻がつまり、悪性のくしゃみが出始めています。
あなたは花粉症ですか?ふふふ、そうでない人も要注意ですよ。昨年は異常な花粉量でしたからねえ。ふっふっふ。

鼻づまりで睡眠の質が悪くなってきたのか、今日はオーケストラの練習から帰ってきたあと、午後から久しぶりに貧血の症状で突っ伏していました。
これでは先が思いやられますなあ。
明日の午後は病院で抗アレルギー剤をもらってこようと思います。
薬は嫌いだけど、仕事に身が入らないのはもっと切実にやばい。
ことしこそは、つぼみ菜療法で完治への道を目指したいなあ。1年つぼみを無理なく食べ続ける算段を計画してみようかな。あらゆる野菜を開花(直前)までもっていく…にんじんの花はいつ咲くんだっけ?にんじんの味がするのかしら。

そうそう、皆さんイチゴは今のうちに食べといたほうがいいですよ。あったかくなってくると収量があがるから安くなるけど、その分甘みが少なくなるでねえ。
ちなみに私はこの冬一回もイチゴを食べていません。だって高いんですもの!とくに「あまおう」東京に来るやつはおいしくないのに799円は犯罪だぞ!半分白いまま収穫してるだろー。ぷんぷん。
それから今年は「さがほのか」「紅ほっぺ」が台頭してきてますね。新品種おいしいのかしら。食べた人いますか?
とよのか、とちおとめを揺るがす品種となるかどうか。
あーイチゴが食べたいわ!

もうろうとした頭でつれづれなる内容でした。
今週も、はりきっていきましょう。

2006/02/16

バレンタインの収穫、唐芋の場合

ここしばらく、ろくな更新をしておりませんでした。
しばしば見に来てくださっている方、申し訳ありませんでした。
職場では年度末駆け込み出版戦争が勃発中であります。
毎日終電というほど切羽詰っているわけではないのですが、継続的な仕事量増加に耐えられるよう、家でのPC使用を控えて早寝早起きにつとめています。
3月前半まで更新は途切れ途切れになりがちになるかもしれません。
モブログも駆使して、ちびちび更新していくつもりなので、ときどきはのぞいてくださるようれしいです。

昨日はバレンタインデーでしたね。
あなたにはどんな出来事がありましたか?
いえいえ、なくてもいいのですよ。もちろん。
わたくしめは、会社の同じフロアーの男性がたに、フェスティバロ社の唐芋レアケーキを配りました。
CIMG0054

普段会社の給茶機の横でインスタントコーヒー屋を経営?していて、その利益をメインの利用者の男性陣に還元しようというものです。
ふだんきむづかしくて無口なおじさまから今日、エレベーターで一緒になったときにふと声をかけられました。
「きのうお菓子ありがとう。おいしかったー、ちょうおいしかった」
と、ものすごーく珍しく”ちょう”つきでお褒めの言葉をいただき、こっそり感激してしまいました。やってよかった!
どこで売ってるの?とあちこちから声をかけてもらったので、ばっちり宣伝もし、まるでわたくし、フェスティバロ社の手先のようです(東京では東京駅大丸地下、羽田空港にあります)。

フェスティバロの唐芋レアケーキ(通称ラブリー、種類によって名前はさまざま)は、唐芋をきめ細かく裏ごししたペーストに生クリームをまぜて冷やし固めた、いわば品格の高いスイートポテトのようなレアなお菓子。これを私がひいきにするのにはいくつか理由があります。
まず、なによりおいしいこと。甘さひかえめで、ひんやりしっとりとして、しかも重みがあって、小さく見えるけど意外とひとつで満足感があるんです。さすが唐芋。甘いものに普段興味ない男性や戦時中に食べ過ぎた経験で唐芋に不快感を持つお年寄りにもウッカリ喜んでもらえるのがさらにうれしい。
つぎに、お菓子なのに、健康にいいということ。これからのお菓子はこの要素が求められてくるんだと思っています。唐芋はそれ自身が大量のビタミンCを含んでいて、しかもデンプン質に包まれていて加熱や貯蔵でも壊れにくいので、お菓子の中に入っていると糖分の酸化作用を中和する働きをします。しかも豊富な繊維質とデンプン質が満足感をもたらし、たいした量食べてないのに”食った食った”という気持ちになり、余分なカロリーを取るのを防ぎ、おまけに吸収せず排泄させる作用も多少ある。
保存料や香料など化学添加物を使用せず、油分も少なく消化にいいため、病中病後の人、お疲れの著者、倒れそうな編集者へのお見舞いにも安心して送れます。ただ甘いだけ、油たっぷりのお菓子は、かえって胃にもたれたりするから意外に渦中の人は食べないのですよね。

そして、なにより唐芋だからという点が大きいのです。
唐芋をよくぞここまで絶品なお菓子に高めてくれた!という尊敬と感謝の気持ちを起こさせてくれます。

唐芋は単位面積あたりの収穫物のカロリー量が全作物中最も高く(収量も高く、収穫物の歩留まりもよく、カロリーも高いということ)、痩せて乾いた土地でも育ち、台風など気候の変化にも強い。土地の環境に合わせて品種を進化させ、栽培もかんたん手間いらず(ほとんど茎を地面にさすだけ)。
栄養価はたんぱく質と脂質がわずかに少ないだけで、残りの栄養素はほぼすべてバランスよく含んでいるという準完全食。白米・麦よりはるかに栄養豊富なのです。こんなに人間の生命を助けてくれる献身的な作物は他にありません。
戦中戦後、味のしない種芋やツルの固いところまで食べたという、もっとも過酷な唐芋ばかりの食生活を送ってきた戦争体験世代にとって、唐芋は確かに見たくもないものでしょう。
でも、そんなひさんな10年弱をのぞけば、日本人は北から南まで、普段のご飯からおやつ、行事食にいたるまで、唐芋をおいしく楽しみに食べ継いで来ました。もう400年も。

この営みを絶やさず、これからも時代にあった形で、楽しくおいしく食べていきたい、そう思っています。
最近はスイーツとして人気が高まってきているので、うれしい限り。
なかでも唐芋レアケーキは一躍唐芋をスイーツのスターにしてくれました。唐芋らしい鼻をくすぐる香りとほんのりした甘み、しっとり感は少しも失ってないのに、上品でほんと誰にもよろこんでもらえるんですよね。
(誰がなんと言おうとまわしものではありません、心底ありがたいなー、こんなお菓子があってと思うのです)

でももっと、普段の食事やおやつのなかに、唐芋をさりげなく取り入れていきたいなあ。
お買い求めスイーツも、手作りおかずやおやつの開拓も、もっと進めていきますよ。
あなたも唐芋文化運動、一緒にやりませんか?

2006/02/06

ここどーこだ?

ぶふふっ。でも確信犯らしい。だれか今度一緒にいきましょ!高田屋の近くよ。060206_194720.jpg

ここがどこかわかるひと!

いつきてもしゃれてるねえ。画像悪いのが残念。060206_190749.jpg

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »