2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 今年であった植物 | トップページ | やったー »

2006/01/04

2005振り返りと2006の抱負

あけましておめでとうございます!

いやいや、前回の更新から相当空いてしまいました。
実家に帰れなかったにもかかわらず、なんやかんやいろいろな用事が多くて、ほとんど家にいないくらい、ありがたくも忙しい年末年始でした。
この間、たくさん書きたいことがあったのですが、ここにまとめてダイジェストします。

2005年を振り返って
一言で言うなら、「不自由」なことの多い1年でした。
担当の本は数ヶ月も発刊が遅れ、夏も年末年始も実家に帰れず、買ったばかりの6ヶ月定期も落とすし(相当へこんだ)、週末の楽しみなネットラジオはほとんど生で聞けず、紅白も見れなかったし(笑)、ほかにももろもろ、「なんでー?」というくらい、望んでいたことが思うようにならないこと尽くしだったのです。
でも改まって振り返ってみると、どれもそれほど深刻なことじゃないですね(^^;)
むしろ思うとおりにならなかったことの中に、自分のためになることが多かったような気がします。
悪い意味ではなく、ちょっとだけ”不自由慣れ”することができたかもしれません。

できなかったことは、生活の摂生・自己管理かな。
夏は急激に食欲が失せて貧血を頻発してしまい、相当仕事の能率を落としたのが悔やまれます。
秋冬は逆に食欲の思うままに食べてしまい太ったし(完全リバウンド)、仕事量が多くなってきたにもかかわらず、上手に段取りすることができずにすべてが押し押しになったりやりそびれたり、だらしがなかった。
今思うと気が緩んでました。それにさえ気づかなかったのは、マズイ。冷や汗。

得ることができたのは、素晴らしい著者たちとの出会い。私が園芸が大好きになったのも彼らとの出会いのおかげです。それ以外にありません。
自分はまったく空っぽの状態で始まりましたからね…はっきり言って全然ガーデニングに興味がなくて、3月料理書・健康書から担当異動を告げられたときは不満たらたら、不安もいっぱいでした。
ところが著者は皆さん技術も知識も素晴らしく、自分の欲がなくて読者に園芸を好きになってほしいという純粋な思いを強く持っている人たちでした。部署の先輩から「まっきゅーはまだタチの悪い著者に当たってないな」と逆に心配されるくらい。まあ、皆さんこだわりは強いですが…著者にこだわりがなければ、ラクしたがる今の私にはまともな本が作れないから、今思えば大助かりでした。
4月以降も園芸書を担当させてもらえるよう、今日の会社の新年会では酔っ払った勢いで部長にさんざん自分の希望を伝えてきました。苦笑いしてたけど、伝わったかしら…
仕事以外でも、いくつかのいい出会いに恵まれました。自分の身の引き締まる思いです。
あれ?なんだかんだいって、いい年だったような気がしてきたな…うーん都合のいいやつ。

2006年の抱負
12月あたりからずっと、ぜったいやろうと決めていたことがあります。
それは「約束を守ること」。
はあ?当然でしょ、と思った方いますよね…そうなんです。実はまっきゅー、こういう基本的なことができないヤツなんです。
好奇心と楽観主義がたたって(あとチョッピリ、断れない気の弱さも)、誘われたり頼まれたりしたことは、とりあえず引き受けてしまう癖があります。
でも、それを全部やりとげるだけの根性と甲斐性がない。
どうにもならなくなってきて「ごめんなさーい、やっぱり無理でしたー」というのを昨年何度やったことか!
これを繰り返すと社会人失格ゾーンに突入してしまうのをリアルに感じています。
大事なのは『守れない約束はしない』『できるかどうか計画とシュミレーションをたててから答えを出す』『優先順位を決める』。特に自分が苦手なのは一番目です。ここがきっとポイントになるはず。
あんまり自分はなんもかんもできるやつじゃないと、そろそろ分をわきまえようと思います。
それを言い訳にだらしなくなりたくはないですが…

もうひとつは、自分の中から自然に正直に出てきた「いいなあ!」を大切にすること。
私はなんでも「いいなあ!」と思おうとして物事に望む八方美人な性格があるのですが、結局そういうのは途中で息切れしてしまうのです。
たぶん、自分で企画をたてて本として実現するためには、相当強い「いいなあ!」が要るんだと思います。
それは、正直な素の自分の中から出てきた「いいなあ!」でないと、無理なんじゃないかと。
すべての仕事を自分の中の「いいなあ!」だけからできるわけじゃないのはしょうがないですが、今年はやっぱり自分発の企画を本にしたいので、思い切って正直に、いいなあ、と思えないやつは思えない、理屈でイイというのと感性的にイイ!というのをちゃんと区別しようと思います。
結構、勇気が要るんですわ。私にとっては。わかるひともいるでしょう?

あとは、人との付き合いには時間を惜しまないようにしたいですね。いちばん大事な財産ですもんね。

ながなが自己チューに語ってしまいすみませぬ。
2006年のまっきゅーはこんな感じで参ります。
なにとぞ今年もご高覧をよろしくお願いいたしますね!

p.s.ブログもちょっと路線を変えていくつもりです。

« 今年であった植物 | トップページ | やったー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとう!
今年もよろしくね☆

八方美人なのは私も同じ.
自分の大事なものを大切にするために
いろんな決断していかなくちゃいけないねえ.
決断なんていうとちょっと大げさだけど.

あ,そういや実家からほしいもを
少々貰ってきたよ.
会う機会があったらおすそ分けしたいけど..

おめでとうございます。まっきゅーさんのおかげですばらしいつながりを持てたこと、正直偉大です。あなたのおかげでどれだけの人と出会えたか!心から感謝しております。今年もどうぞよろしくです!

おめでとうございます。おたこはんです。
新年早々ひとつお願いがあるんですけどいいっすか?
もし4月以降も園芸書担当なら、カッコよく屋上緑化してるとこ集めた写真集を作って欲しいっす。もちろん「約束」してくれなんて言わないんで。

deer
あけましておめでとう!とブログ上で済ます年になりましたな(笑)。
正直deerさんのバイタリティには頭が上がりません。見習おうと思っているくらいよ。
ほしいも!!!(☆。☆)キラキラ
わ、わけてほしい…
近々東京に来る機会。。。ある?


たけのうちさま
おめでとうございます!今年もギター教室、ラジオ、音楽活動、プロデュース活動などなど、ますます大活躍してくださいね。
ほんとたくさんのつながりができましたねー。私にとっては皆さんスターですわ。
引力のある人同士は遅かれ早かれ自然と引き寄せあうのですよ。うらやましいですなあ。


おたこはん様
おめでとうございます!
屋上緑化写真集。そうか!思わずおたこはんさんのコメントを隠したくなってしまいました(笑)。なるほどね。
そうかんたんに「約束」はできませんが、いいアイデアですね。いただきです。
すくなくとも「サツマイモ屋上緑化」は実行しますんで。
しかしなぜ屋上緑化…?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62457/8003492

この記事へのトラックバック一覧です: 2005振り返りと2006の抱負:

« 今年であった植物 | トップページ | やったー »