2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« こんな拾い物ってあり? | トップページ | 年の暮れを感じる季節 »

2005/11/10

菊花の祭典 in千葉

本日は仕事とかこつけて、とある菊の競技会の全国大会に出かけました。
まっきゅーは、本格的な菊の大会に行くのは初めてです。
(このブログを読んでる方々にとっても、大方は縁のない世界ではないかしら?)
ほとんど初めて「名人」と呼ばれる人の作品を生で見る機会なので、どきどきわくわく。

そして、期待通りの大感動でした!
ヘタな褒め言葉より、モノをご覧くださいませ。カメラマンの技術がヘタで申し訳ありません。

atumonohukusuke

厚物の福助づくりというスタイル
(厚物…数百枚の花弁が中心に向かって高く盛り上がって咲く)
(福助作り…置物の「福助」に似たずんぐりむっくりの姿の仕立て方。かわいくて大好き)

atubasiri
「厚走り」の一輪菊、福助づくり(厚走り…厚物の下に、走り弁という長い花弁がついている)
白いフリルのような走り弁が優雅です。


kudamono

管物…管状の花弁が長く伸びた、花火のような繊細な種類。
まったくこんなデリケートなものを完璧に仕上げるなんて!尊敬するばかりです!
写真より実物はもっとインパクトが強いです。

kogiku
おなじみの小菊。かわいい。大菊が白、黄、紫、橙ばかりなのに対して、小菊は色にバリエーションがあるのが好きです。見ていて楽しいコーナーでした。

そして、ひときわ黒山の人だかりになっていたのがこの花

oodukami


大掴み(奥州菊)と呼ばれる種類の菊。今年の内閣総理大臣賞を受賞したものです。
写真だとわからないのですが、可憐な姿に似合わずものすごく大きいのです。子どもの頭ほどもある。
いい年したおじいちゃんたちが口々に「すげえ」と連発していました。
私も一目ぼれしました。


まさに”芸術作品”ともいえる菊達。仕立てる菊作りたちの苦労も並大抵ではありません。
冬から”冬至芽”という新芽を育て、3月から10月下旬まで半年もかけて少しずつ複雑な作業を行なってゆきます。葉一枚、花びら一枚も傷ついては台無しになるので、アブラムシをはじめ多くの虫たちとの戦いも熾烈を極めます(即売では害虫対策の本は完売しました、今年は虫害がどこもひどかったようです)
いざ花が咲いたらここからも緊張の作業。花びらの先まで完璧な形に手入れしてゆきます。
大会前日は徹夜で”花直し”(爪楊枝を使ったりしてのメンテナンス作業)をするそうです。
当日は疲れきった菊師たちが会場のベンチで一文字に突っ伏して仮眠を取っていました。
お疲れ様です…でも素敵だなあと思います。おじさんたち、賞が取れてたらいいなあ。

年々菊作り愛好者も高齢化が進んでいるそうです。今日みたところでは60~80代で85%てところでしょう。
35歳の若手の菊師が「来年の菊作りより、10年後この菊花展がやってるかが心配だ」とつぶやいていました。
菊に夢中になってる人たちはみんな、若々しくて燃えているのにね。新しいファンを巻き込む風をおこしてほしい。
素人目としては、もう少し形式に自由があってもいいかなと思いました。少し堅苦しい気がしなくもない。
色や形にもっと新しい品種も出てきて欲しいし、仕立方もフリーの部があってもいいのではないかしら。
迫力ある懸崖(巨大な菊の盆栽)や千輪菊(1本の樹から千~2千輪の菊が咲く圧巻の仕立)など、サプライズになる呼び物を用意して、菊作り知らない人でも覗きに行きたくなる催しにするとか。
やらない人はいいたいほうだい~~やるのは何万倍も大変ですよね。
私は来年6月から湯島の菊作り教室に通うぞ~


« こんな拾い物ってあり? | トップページ | 年の暮れを感じる季節 »

農・ガーデニングのこと」カテゴリの記事

コメント

滝シリ〜ズ写真をblogにupしました。(^_^)
春、夏、秋と袋田のたきと、月待ちの滝の写真をupしましたよ。
見にきてください。
写真は結構、自信作かな。携帯で撮ったの以外は(^_^;)A
http://blog.goo.ne.jp/rouis82


おぉ~、キクですね!みごとですっ!!!
うちの近所にもキクの愛好家のおじさまがおります。
家の前の道路沿いはキクの鉢がずらりと並んでいます。
この季節のお楽しみですよね~。

そうか〜菊も、改良されて行くのね・・・。なんとなく、そういうのって、朝顔だけなのかと笑。

掛け合わせるって、どうやってやるんだろう・・・。素朴な疑問です。教えてください☆

素敵ですね~菊。生き生きしてる{笑}色が鮮やかで白でも躍動感がありますよね~菊って。日本が誇るすばらしい植物ですね!

Rouisちゃん
運転手ありがとうねー
ブログ見ました。日光の紅葉がやはりすばらしいね。
きっと今週末あたりが大子は見ごろなのよ。ちょいくやしーです。

hanakojirouさま
初コメントありがとうございます!
私はこの年まで、菊の見ごろが秋だということを知りませんでした。
切り花の菊は一年中あるので…
見渡せばキク科の植物達は今を盛りと咲き誇ってますね。ひとつかしこくなって嬉しいです。
近所のおじさまは、菊花展に出品していらしてたでしょうか?菊愛好家の方は皆熱心ですよね。

takeyamaどの
アサガオのことよく知ってますねー。さすが関東人。
キクの交配は、聞いた話だと、花びらを短く切って雌しべを剥き出しにし、別のキクの花粉を丁寧につけるのだそうです。(ひとつの花に見えるのは、たくさんの雄花と雌花の集合体なのだそうだ、雄花雌花に分かれてるから交配しやすいのかもね)。
「実生」といって、それ専門の職人もいるくらい、チョット難しい技術なんだって。
ひとつの育種に10年前後かかるらしいから、忍耐力そのものが職人だよねえ。

たけのうち様
もっとよい写真でお見せできれば良かったと思います。
今回菊花展行くまで、菊って地味でお墓仏壇専門花だと思ってたのです。
育てる人の熱意でここまで美しくなるとは!オドロキでした。
最後の奥州菊なんて、もう貴婦人そのものの貫禄ですよね。いつかはこんな菊が仕立てられるようになりたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62457/7024428

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花の祭典 in千葉:

« こんな拾い物ってあり? | トップページ | 年の暮れを感じる季節 »