2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 道のはじまりに立ち会って | トップページ | 干しいも賛歌 »

2005/10/31

フライング気味の衣替え

11月まではあと1日あるのですが、ひと足はやく衣替えさせていただきました。
マロ(上のネコ)、再び登場です。
9月のテンプレートでも使いましたが、ちょっとデザインが違います。
このページに入るごとに、ちょっとずつ違うしぐさをしてくれます。
ちょっと意識してチェックしてくださると彼(彼女?)も喜ぶでしょう。

衣替えしたというのも、すこしリンクを増やしたためです。
このブログ、あまりにサイドバーのコンテンツが多すぎて、アンバランスで見にくいと常々思っていました。
(欲張りすぎ)
そこで、右サイドにもコンテンツを置くようにして、左サイドバーはリンク限定にしました。
それでも長い…たまに横目で見てくださるとうれしいです。ときどきしれっと更新しています。

本日追加のリンクについて、補足コメント。

りんぞうの戯言
彼女との出会いは中学受験のときの塾。
人生の半分以上縁があるわけです。いつのまに!
大学時代は狂言研究会という珍しげなサークルに所属して、和の道を突き進んでいた彼女。ブログにいつその片鱗が現れるかと、今か今かと待ちながら毎日チェックしているまっきゅーなのです(笑)。
9月ごろからはじまったマダマダフレッシュなブログ、今がコメントしどきですよ!(笑)

ほぼ日刊イトイ新聞
友人の影響で見始めたサイト。一日40万~100万アクセスはあるそうです。
最初はあまりに巨大すぎてサイトの地図が把握できずに戸惑いました。
でもこの混沌としたつくり、主宰の糸井重里氏の狙いどおり。ゴチャットしてる方が探す楽しみがあるという論理。
私のお気に入りは「ほめ道を往く」
ほめてほめてほめまくる人生を往きたいものです。

花小次郎
先日あった「東京ガーデンジュエリー」のトークイベントで偶然出会ったガーデナーさんのホームページ。
偶然彼女のとなりに座ったのですが、もう明らかに優しく感度豊かなオーラがでていたので、休憩中思わず話し掛けてしまいました。予想通り!すぐにうちとけていろんな話を聞かせてくれました。
コンテナガーデン(寄せ植え)を制作して、いろんなところに届けるお仕事をされており、園芸療法も実践してるそうです。コンテナガーデンコンテストでは見事賞を受賞されていました。
「萌」くんという看板犬がかわいくてかわいくて…会いに行きたい!
彼女のお庭も植物がイキイキ可愛らしく育っていて、見ていると癒されます。植物も住人のひとりとして一緒に暮らしている、そんな雰囲気がつたわってくるのです。わたしのあこがれの生活。

どれもおすすめ!あなたのお気に入りになるとうれしかです。

« 道のはじまりに立ち会って | トップページ | 干しいも賛歌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

オヒサです☆
いきなり、秋というか、晩秋?気味で戸惑う今日この頃です。
しかしだ、いつの間に、ハロウィーンはこんなに市民権を得たのだろう?正直、楽しみ方が分からない笑。もっと、カボチャを食べる日(cf冬至)、チョコレートをあげる日(cfヴァレンタイン)、のようになればいいのに・・・。

考えてみました。

「国民の祝日」

だったらいいな〜理由は・・・。お菓子をくれないといたずらしちゃうから・・・。

takeyama氏

おお、ひさびさですねえ。
ハロウィンは日本でいうと、のり的には「十五夜」なのかしらね。
昔お菓子をもらいに歩いたもんだなあ。
ハロウィンみたいにおどかしゃしないけど。

それにしても確かに、マネ上手の日本にしては根付かないわねえ。
あからさまに「マネ」「便乗」って感じよねえ。
この季節、かぼちゃを食いまくるのには大いに賛成だけど、冬至に食べる分がなくなっちゃうわ。
そうだ!だから根付かないのよ!(かなり強引)

どもども。リンク&ご紹介ありがとうですw

和の道か~そうだねーそのうち書きますかねぇ。
松山に引っ込んでから能舞台と縁遠くなってしまって(汗)
でも川内は鳥追町を舞台にした能がありますので、
そのうち取り上げますー(^^)

りんぞう様
ようこそおいでませ!
鳥追町を舞台にした能があっとね。知らんかった!
狂言だけでなくて、能もたしなんでいたのね。
記事楽しみにしてます~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62457/6768734

この記事へのトラックバック一覧です: フライング気味の衣替え:

« 道のはじまりに立ち会って | トップページ | 干しいも賛歌 »