2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 未熟なのか、欠陥か | トップページ | 鉄道情景への旅 »

2005/06/04

新潟の田んぼ

niigatatanada

新潟県下田村北五百川集落の棚田

友人が旅先から送ってくれた写真です。
思わず私もここに行きたくなってしまいました。
自然もきれいだし、なにより農家の手入れが行き届いて、気持ちよく水がはってある田んぼに感動します。
友人の旅は、物見遊山ではなく仕事ですが(きびしい)、そんななかでもこういう景色を見つけて、立ち止まってながめているのですな。おすそわけに感謝。

ふと目に入った景色に予期せず心が励まされることって、ありませんか?
(いつもそんなに悩んでいるのか?とは聞かれますな。元気な心もさらに軽やかになるってことです)
何気なく見ている風景、景観。
でもそれらの多くは「何気なく」何もしないでそこにあるわけではない。
どんな景観でも、荒廃か開発かの可能性がある、最近それが妙に心に引っ掛っているまっきゅーでした。

6月1日、景観法のスタートです。

« 未熟なのか、欠陥か | トップページ | 鉄道情景への旅 »

農・ガーデニングのこと」カテゴリの記事

コメント

ひさしぶりにのぞかせてもらったらえらい素敵になってたのでコメントを書いてみます。充実した毎日を送ってるみたいだね。
盆や正月鹿児島に帰って来たときに会って話したり、このぶろぐでいろんな話題を読むたびにまっきゅーさんはこんなにいろんな方面に興味をもって日々どんどん成長してるのに私ときたらなんにも変わってないじゃない、と反省してしまうのです。
この前会社で上司の机の上に鹿児島の棚田ってパンフレットがあったからもらってみたんだけど、鹿児島にも結構たくさんの棚田があるみたいだよ。長島だったかなぁ、海沿いをドライブしたときに遠目に見えた棚田はきれいだったなあ。
仕事をしながらもすごく感じるんだけど、田舎に暮らしていると雄大な自然も当たり前のものに思えてしまって、守っていかなくてはという感覚が欠如している向きがあるんじゃないかなと思うんです。それはいけいけドンドンの時代を経て、実際野山に手をいれて各種構造物をつくってきた人たち(=私の働いてる業種の人たち)の、自然はそんなに甘いもんじゃないんだっていうことを私がそう解釈してしまっているのかもしれないけどね。だけど自然に手をかける方法・計画を立てている私たちが一番ちゃんと考えないといけないんだよなっていうのが就職して丸2年の私の反省です。
これからもいろんな情報&まっきゅーさんの考え読ませてね。長々と失礼しました。。

お久しぶり!来てくれてありがとう。
コメントもうれしかった。
実はこのブログのデザインは、ネットでただでダウンロードしたものなんだよね^^;)オリジナリティーのカケラもありませぬ。
「ウェルカム プロバンス」でっせ。うそくさ。
変えたばっかりだけど早速目にきつくなってきたので近々デザイン変更するかも。また見てね。

鹿児島も棚田があるとな!知らんかったとです。
こっちじゃ「鹿児島はシラス台地ばっかりで田んぼなんてないんじゃろ」と言われる始末よ。
今度ドライブがてらに見に行こうぜい。

土建の技術も「環境型」に進化してきている部分もでてきたよね。私は河川や水路の技術をチョコっと教えてもらったくらいしか知らんけど。
ぞのさんの会社の仕事は、道路や橋みたいにこういうふうに作る、というのがある程度決まっているものの設計を請け負うんだったよね…?
公共性や形式性が高い仕事はいえ、ぞのさんが設計した通りに道は出来ていく。
「土建の帰農」とか言われてて、土建がこれから土建以外で何やるかが注目されてるけど、ワタシ的には、その本分の仕事が、これからどんな風に変わっていくのかが気になる。

お互い仕事3年目だよね。世間的には節目といわれている年、どうなりますやら!

こんにちは。ブログでは初めまして!先日はお久しぶりにお会いできて嬉しかったです。またよさげな写真撮れたら送らせて頂きますよ!仕事の合間にブログるのもなかなか大変かと思いますが、楽しみにしております!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62457/4400786

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟の田んぼ:

« 未熟なのか、欠陥か | トップページ | 鉄道情景への旅 »