2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005/01/23

おふろの神様

姉が時々いうこと。
「おふろには神様がいるんだよー」

姉の言い分ではお風呂に入ると気持ちがスーっと楽になって、なんでも前向きに考えられるようになる、そうなんです。
すばらしいアイデアが出てくることもあるとか。
確かに、風呂あがりの姉はいつもルンルン鼻歌歩きです。

昔は「そんなもんかいな」くらいにしか思ってなかったのですが(むしろ私は風呂をめんどくさいと思うずぼら症)、最近「お風呂効果」をしみじみ実感します。
体が軽くなってほどよいやすらぎ気分。
気分が落ち込んでいる時は特に効きますな。
皆さんはどうですか?

風呂で気分が良くなるというのは、体が温まること、シャワーで体の表面にほどよい刺激があることが関係してるんじゃないかと思います。
簡単にできる温熱療法、リンパマッサージになってる。
逆にいえば、体の冷えと、心の状態は大いに関係ありということが言えないでしょうか。
まだそういう話は聞いたことないけれど。
調べてみます。

仮にそうだとしたら、冬は心にはきつい季節ということになりますな。
寒いだけでなく日照時間が短いことも、特に女性には抑うつ的気分を誘発する原因になるとか。
心の調子というのは、日々の出来事だけではなくて、自然にも影響されるのかもしれない。

ちなみに、お風呂に入って体を温めるのは、就寝前の夜が良いそうです。
夜は体の副交感神経(消化や癒しなどの体の機能)が活発になる仕掛けになっていて、
体を温めると、副交感神経がさらに活発になります。相乗効果で体は癒しモードに。

2005/01/22

おもろい本を作るんや

先ほどNHK総合の人間ドキュメントで、CMクリエイター石井達也氏の特集をしていました。
テーマは”もの作りの苦しさ””ふつうの人の視点”

石井達也氏は「亭主元気で留守がいい」とか「みーてーるーだーけー」などのCMで有名。
おしゃれさは全然なくて、「ぷぷっ、こんなおばちゃんいるよなー」なんて親しみを覚える庶民派おもろいCMといえばこの人。知らなかったわー

クリエイターの企画の現場はいつも笑いがあってみんな楽しそうだけど、一方で作り直しやボツなんて日常茶飯事の、厳しい現場なんですな。
私は単行本の編集の仕事だから(しかもまじめ系出版社)、CMクリエイターの華やかな世界とは全然かけはなれてるけど、苦労の共通点はあるんだなあ、と感じました。

それはどの業界でも当たり前のことなんだろうけど、たたかれるのって正直私はまだまだなれない。
企画会議で「あんたこの企画本当に面白いと思ってるの」とか「こんなの企画じゃない」なんていわれるのは当たり前。その場では強がりでいろいろ言うけど、終わった後はガクガクなんだ(とおってもとおらなくても)。
その企画でなんか言われると自分自身のことみたいに深刻に受け取ってしまう。まだまだお子様。

石井さんたちCMクリエイターのスタンスで今回いちばんグサッときたのは、広告主の言うこときいてるだけじゃだめだ、てところ。
広告主を満足させながらも、「おもろいCM作って世間をさわがせるんや」と野望に燃えてのめりこんで作っている。
時には広告主の希望と全然ちがうCMが完成して、予想外にヒットすることも。ただの請け合い仕事じゃない。
だからあっと驚くCMできるんやね。

自分は「請け合い仕事」してないやろか。
眉間にしわ寄せて企画考えてないやろか。
失敗ボツ非難こわがってないやろか。

おもろい本作りたい~~

人間ドキュメント「おもろいCMつくるんや」再放送
NHK総合テレビ:1月27日(木)午前1時00分~(水曜深夜)

2005/01/20

うつ病、仮面うつ病

仕事の関係で医療のホームページをいろいろ見ていましたら、気づいたことがありました。

どうやら、私は昨年の前半うつ病状態だった模様です。
しかも、身体症状しか自覚されない仮面うつ病。
興味ある方はこちらのHPをごらんあれ。

部署が営業から編集へ何の前触れもなく移って、目的意識が持てずに心の伴わない仕事してたからなんだろうなあ、と振り返れば思います。
心の病気って、こんなに易々となってしまうものなんですなあ。
遅刻や特休を容認してくれるなど、ペースを保って仕事をさせてくれた上司に感謝感謝。

仮面うつ病とは、精神の症状を自覚しないうつ病のことをいい、だるさ、不眠(早く起きてしまうけどすごいだるくてゆううつ)、体のコリ、イライラしやすい、やる気減退など、身体的症状が持続して起る状態が主たる症状だそうです。
皆さんあてはまるところありませんか?2週間以上持続すればもう警告サインですってよ。
この状態がもっと悪化すると、仕事やコミュニケーションに支障をきたす本格的うつ病になるのではないかと思います。

私は、身近な人のこのような状態に気づくことができず、たいへん重い状態になってしまった痛い経験があります。
心も体も元気であってこそ、良い仕事ができる。
そんなこともいってられない現実はあるけど、危機に陥る前に、周りが気づいて修正させるようなセーフティネットを作りたいですな。
自分じゃわからないんだ、本当に。

2005/01/12

膀胱炎ではありませんでした

昨日、通勤列車のなかで体調が悪化し中途下車してしまいました。
膀胱炎を2週間ほどわずらっていたのでそのせいと思い、ついに観念して病院へ向かいました。
抗生物質がいやで、自然療法で粘っていたのですが…仕事に支障きたしすぎ。

ところが、

検査の結果、膀胱炎ではなかったのです。
原因不明で婦人科にまわされたのですが、そこでも明らかにならず。
精神的なものか、一種のアレルギーか、来週の検査結果待ち。
アレルギーだったらいやですなあ。

そこで、今日からヒスタミン誘発物質を控えることに。
イチゴ、チョコレート…冬の風物詩よさようなら。切ない。
その他、豚肉、卵白、そば、魚介類、サトイモ、ホウレンソウなどなど。

しばらくはいもがゆの日々が続きそうです。

2005/01/06

膀胱炎2 からだは正直

膀胱炎療養が続いています。
今日、ちょっとショッキングなことをききました。
自然派生活を志向している私の尊敬する先輩が、なんと膀胱炎だけには抗生物質を使っているというのです。
インフルエンザの予防接種も子どもに受けさせない人なのにい~
「まっきゅうさんそろそろ薬飲んだら」との忠告、へこみ。

膀胱炎を患ってもうすぐ2週間。
もはや常習の感あり。頻尿感はないものの、排尿痛と尿道の違和感は相変わらず。
ちょっとからだが冷えたり水分取らなかったりするとすぐに悪化、痛みが発生します。
こんなにからだが正直だとは、面白いほど。
これからどんどん寒くなっていくのに、大丈夫かしら。

でももう少し頑張ってみようかな。
薬を飲めばすぐ治る病気に意地はって四苦八苦なんてお恥ずかしい話ですが、どんな収穫があるか楽しみでもあります。今日はとりあえずあったかインナーを購入。
クランベリーたべなくちゃ。どこに売っているのでしょうか…

2005/01/03

膀胱炎

年末、膀胱炎にかかってしまいました。

おしっこが近くなったり、膀胱が痛かったり排尿痛があったりするいや~な病気。
大学時代にもかかったことがあったので、抗生物質を飲めばすぐに治ることは知っていたけれど、今回は薬漬けになるのがいやで、抗生物質なしで治すことに決めました。

膀胱炎の原因は細菌感染と冷えと、疲れやストレスによる免疫力低下。
なので、下半身をあたためて、疲れないよう心がける。
食事の時は、アルコールやカフェイン、辛いものなどの刺激物を避けて、水分をたくさん取る。
酸性の食品は尿道を酸性にし、最近の増殖を抑えるので良いらしい(ほんまかいな)。
キムチが食べられないのはきつい!
尿をアルカリ性にしないために糖分を控えるのもストレスじゃ~
はっきりいって糖分控えは守れていないです。
治り遅し…体は正直なり。

その他、仕事でお世話になっているお医者様に、漢方薬のゴリンサン、ブシというものを処方してもらいました。
利尿作用、血液循環促進作用があるそうです。
利尿効果はテキメン。
しかしそれより、一瞬だけやっていただいたお灸(シール式)が抜群に効きました。
直後のおしっこは全く痛くなかったのです!マジック!
でも帰り道で凍えてしまったため、すぐに元に戻りました…やはり道は長そうです。

どなたか、東京内でクランべり-を販売しているお店をご存知でないでしょうか。
インディアンの伝統の知恵をためしてみたい!

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

寒いお正月でしたね。
東京に戻ってきたら、年末に降った雪がまだ通りに残っていました。
今年も皆様が健康でイキイキと毎日を過ごせますようお祈りいたします。
冷えにはくれぐれもご注意を!

さて、年も変わり、このホームページもちょっとだけリニュアルしたいと思います。
トップは私のガラに合わないアロハ柄にいたしまして(ちょっと恥ずかしい)、
中身は健康のこと、食べものの耳より(?)情報を中心にしていく予定です。
できるだけ、便利なことだけに頼らず、しっくりする生活、地に足の着いた生活がしたいなあ、
と悪戦苦闘、時々サボりの日々の実践をお届けいたします。
ようするに、自然健康法やかんたん手作り食みたいな情報です。

もちろん、仕事や農業にかんするエッセイ(そんなおしゃれなものではないザマス)も引き続き続けていきますよ。
気になる記事があったら、ぜひコメントを気軽に入れてくださいね。
異論反論、ひとりごと、素直なご感想をお聞かせくださいませ。

どうぞ2005年も、よろしくお願いいたします!

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »