2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

おすすめリンク(個人)

  • 富士山の見えるスタジオA
    花と自然と写真を愛する知人のホームページ。ブログ「緑花文化士が綴る花と暮らす日々」では季節の花、なかなか見かけない珍しい花を紹介してくれています。写真にうっとり。
  • SPICY SOUP !
    大学時代のオーケストラの後輩のブログ。彼の写真、印象に残るものが多くて、ついつい見に行ってしまいます。シンプルで印象に残る文章もグッド。「願わくば,具だくさんで スパイスの効いた 熱い!人生を.」というキャッチフレーズがいいね。
  • 茶娘日記
    元同僚で、元麻布のITウーマンで、現農家の嫁の935のブログ。三重のお茶専業農家に嫁ぎ、かわいい娘さんも誕生。なにげに写真うまいのよね。
  • ペンギンネコ日記
    大学時代の同級生のブログ。愛するネコと植物たちとの生活ぶりが、かわいい写真とともにつづられています。今年はやや転職。とっても勉強家で、ビジネス書などの書評をいつも参考にさせてもらっています。
  • セロ弾きセバスチャンの日々
    中学から大学までオケが一緒だったチェロ奏者のブログ。社会人になってからもあまりにも乗り番が多いため、「乗規法」なるものを自ら設定し、自主規制をはじめたもよう。執事への道をひた進む。
  • 椿屋敷農園
    鹿児島のとある町で、ヤギさんとねこさんと犬さんと膨大な椿とマンガに囲まれながら農的生活を謳歌していらっしゃる春さんのブログ。彼女の手にかかると少女漫画がすっごくおもしろそうに思えてくるんですよね。世間体にとらわれない、サバサバしたコメントがすきなんです(春流”ズバリいうわよ”とひそかに呼んでいる)。たまに載せてくれるお菓子のレシピもぐー。
  • さつませんだい徒然草
    薩摩川内市の名物たこ焼き屋「たこ阪」の店主と、常連客紅葉君が二人三脚でお届けする人情ブログ。といっても最近はたこ阪店主の独裁状態にあります(笑)。店主のおすすめ本紹介と独自の経済論がおもしろく勉強になります。とにかくよく更新されているので、訪問しがいがありますよ。
  • Music Life
    鹿児島在住のシンガーソングライター(ギター教室講師も)、竹ノ内氏のブログ。ネットラジオや地元テレビレポーターなどマルチに活動されてます。木酢液でネズミを撃退する知恵者でもあります。
  • そんな時もあるべ
    大学管弦楽団の直の後輩、トロンボーン吹きtsumumuのブログ。いまどき珍しい、自分の信念を曲げない情熱高校教師。でもオヤジぶっているのよね。
  • my aquarium
    大学時代の同級生takeyama氏のブログ。私がふだん近寄らないようなおしゃれな雑誌、格調高い本の書評をやってくれています。でもバンドマンでキーボード担当で作曲もやっちゃうんだよね。かっこいいーのー
  • 鉄道情景への旅
    会社の先輩で私のカメラの師匠でもあるふにゃ氏の運営する鉄道風景写真&エッセイ集。心に残るローカル鉄道沿線の写真は必見。単なる鉄道でも、単なる風景でもなく、その土地の”雰囲気”を感じる、不思議な親しみの湧く写真。実はものすごくこだわって手間かけて撮っているんだということが最近少しずつわかってきたような気がします。写真は奥が深い。
  • しか的すき.
    超多忙な大学時代の同級生deerのブログ。大学院生のはずだがすでに社会人顔負けの本格的な仕事をしているよう。まあ、なんにせよバイタリティと好奇心とLOVEのかたまりのような人です。子どもの心と向き合う現場での丁寧な思索も垣間見えます。
  • 錯雷魂
    ドラえもんとXJAPANと聖飢魔Ⅱその他もろもろをこよなく愛す、人生豊かな大学時代の後輩銅羅e-monのHP。彼を知らない人でも純粋に笑える内容ですので、刺激のほしいあなたにオススメ。最近ブログは酒ネタばかりだぞ、大丈夫か??
  • beart Blog
    「ノマドの窓」として以前紹介していた友人のHPリンクををブログへ移行しました。全国の農村をまわる遊牧民生活だった彼は、ついに今年定住生活に移行したようです。福岡県赤村の「ゆっくり村」を拠点に、どんな"Be The Change"をやってくれるのか。わくわくしながら見守ってるんです。
  • 鳥越皓之先生のHP
    大学時代の恩師のHP。環境社会学・民俗学が専門で現在は早稲田大学の教授。師の短い論考集が見られる。私はその中の「盛り上がり協力隊」という師の視点がお気に入り。
  • FLORENT DABADIE BLOG
    ちょっと気になるフランス人ジャーナリスト、フローレント・ダバディ氏のブログ。私がココログでブログをはじめたきっかけになった人です。スポーツや映画の話題が多いけど、たまに語られる彼の博愛主義への思いにとても共感します。ブログはパブリックなものであるという、スタンスもお手本になっています。
無料ブログはココログ

トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004/11/26

企画を作るって難しい

今日はある著者との打ち合わせ
めずらしく私もこれはいけるという企画案を持っていったが、中途半端に不完全燃焼。
時間ばかりかかって具体的な成果はあがらなかった…迷惑をかけ反省。

本を作ること、企画を作ること。
私はAという考えをもち、先生はBという考えをもつ。
AとBが一緒の時は大盛り上がりでいいのだが、AとBが正反対の時は大変だ。
大激論するも、お互い遠慮してしまい結論は出ず。

でも、AかBどちらが正しいか、というのが目的地じゃないんだよな、と終わってみると気づく。
どこかに、正解はどちらかしかないと思ってる自分がいる。
先生が私のA案をあまり関心持ってくれないところから、どんどん自信なくなってきてしまった。
先生と私の考えは合わないんだ、とあきらめる。自分のために本を作るんじゃない、著者は先生なんだから、私があきらめようと(先生ももしかしたら同じように思っていたのかしら?)。

でもそんな折れ方は絶対に違う。ただのへっぴり腰や。
明日からは気を取り直して、仕切りなおし。
A+B=Cにするのじゃ!

2004/11/23

主婦の感覚で本を作ってはいけない?

今日はわが編集部の飲み会。
これはその席上での会話。

上司「まっきゅーさん今度の料理書どうなの」
ま「いろいろ迷っていたのですが、一応自分でその料理作ってみたんです。やってみると改めておもしろいな、て思いましたね。理屈はともかくとして、この感覚を伝えられたら…」
上司「ちがうんだよ。てめえの感覚や主婦の感覚で本を作っちゃいけないんだよ。あんた誰のために本作ってんだ。読者のためじゃねえのか。この著者のこういうところをこういうふうに伝えたい、そういう意志をもって
著者と戦うのが編集者なんだ。著者と仲良しで、楽しいですよねーだけじゃただの同人誌だ」

編集者としての自分の意志、てなんなんだ。これって恥ずかしい話なのかもしれないけど、私の中にはまだ全然ない。
私が今大切にしていることは、著者の思いや技や感覚が読者に自然に、しかもありありと伝わること。
こんな人がいるんだな、て距離をもって読むんじゃなくて、いつの間にか読者がその著者の目線になってるような、
読んでてそんな気分になるような本。
実用書だから、著者の技術体系をどう整理して伝えれば読者がわかるのか、少なくともそこだけはかっちりやらなくては。そのための主婦感覚(読者感覚?)なんだけどな。
でもその技術がどのようにすばらしいのか、その本が世に出る必然性は?、それはうまく言い表せない。
無批判に著者のことを何でもかんでも表現していると言われれば言い返せない。

自分で立てた企画じゃないことがばればれじゃ。
まだまだ精進ですな。

2004/11/21

業務の能率

夕べ、久しぶりに中高時代の先輩と電話をした。

先輩の勤め先は某電気メーカー。
オフィスのマネジメントもしているらしい。
そこで、ちょっと相談。

「うちの会社、いまだに週6日労働なんですけど、どうしたらいいんでしょうかね」
「効率の悪いところをリストアップして上司に”なんでこんなあほらしいことやってるんですか”て直訴すればいいんじゃん」

先輩の話によると、稟議や回覧、伝言、スケジュール管理にいたるまで、最近の会社はほとんどその作業が電子化しているらしい(たぶん進んでる今時の会社は、てことだろうな)。
全く紙を使わずに、イントラネット上で情報のやり取りをするそうだ。
私の会社ではというと、入力はパソコンだが、実際の稟議の決済までの過程は紙の上にハンコがおされ、その紙は人の手によって社内を移動していく仕組み。
総務の仕事がまめなおかげで、稟議の決済が出るまでの時間はそんなに遅くないが、それにしても、人件費や紙代を出さずにこういった事務手続きができたらかなりの経費節減になるだろう。

「コアコンピータンス(企業の核となる能力)はなにかを見極め、そこに業務を重点化し、それ以外の部分は効率化し尽くす。コンピュータにできることは全てやらせる」

無駄を無くす。無くし尽くす。
必要なことだとは思うけれど、突き詰めて考えると、恐いな。。
コンピュータが人のように働いてしまう。
人は確かに自分の本当にやりたいことに集中できるけど、人間の手から離れることが多すぎると、漠然と不安になってくるのだ。
『モモ(ミヒャエル・エンデ)』に出てくる灰色の男達を思い出してしまった。
時間は金なり。でも無駄を無くしより効率的に働くほど、人はさらに時間に追われすさんでゆく。
なんてね。

それにしても週休2日は火急の課題だ。
まずはリストアップと自分の仕事の無駄なくしからはじめよう。

2004/11/16

プチ断食終了

1日断食終了。
一日といえど、ちょっと長く感じた。

おなかがすいたー!という感覚はないけれど、絶えず胃酸過多で気持ち悪い。
空腹なれしてないからなんだろう。
ただし、体はとても軽い。

断食明けは玄米粥という鉄則があるのだけど、作る気力がなくてセブンイレブンのおでんに。
ジャガイモが甘く感じた。セブンのおでんもごちそうに感じる断食の威力。

体がよくなったかどうかは不明…

断食療法開始

このところ体調が悪い。

寝ても寝ても体がだるく、気力も落ち気味で思考がまとまらない。
文章をまとめるなんてとんでもないことだ。A41枚の文章をまとめるのに4日もかかってしまった。
その上生理でもないのに生理痛のようなじりじりとしたおなかの痛み…あまつさえ今日の便は血入りときたもんだ。
ただの痔だと祈りたい(ただでもいやだけど)
さて病名は何でしょか。

病名はわからないけれど、体が冷えているのは確かなようだ。
物を食べたときの消化速度もなんだか遅いような気がする。

これはひとつ、断食療法でもやってみますか。
昨日、日本綜合医学会の講演会で甲田光雄先生も「断食で痔がなおる」って言ってたし(笑)
(断食のよさが”痔が治る”で語られちゃ怒られそうですが)
ともかく、一度体をリセットしたい。

断食といっても、根性のないまっきゅーには1日断食が限度でしょう。
ミネラルと少量のカロりーなら断食中でもOKというソフト断食で行ってみます。
これからミルマグ(下剤)と大量のお湯を飲みまーす。

今日の話はなんかきれいじゃないねえ…

2004/11/12

試し投稿

携帯からも投稿できるんかー。べんりやなあ。

2004/11/05

やる気なし残業

文章を書くのが苦手だ。
そして今、文章を書く仕事を目の前に疲労困憊している。

一応、書かれた文章を売り物にする業種の会社なんだけれども、
私は致命的にこの業界人に必要な能力が欠けているような気がする…

頭の中のことを、口で説明するのは不自由しないのだけど、
文章にしようとすると、何でこんなに思考が停止してしまうのかしら?

帰りたいのに帰れない…(往時のCM) 
トホホ。

2004/11/04

思い立って

ダバディ氏のblogを見ていて、急に思い立って作りました。
彼のようにおしゃれにはいかんだろうけど、芋娘は芋娘なりにやります。
どうぞよろしく。

OL生活初めて半年ちょっとたつけど、自分に起こった環境の変化や現在の居場所、仕事、生活が、なんとなく未消化のままずるずると来てしまったような気がする。
東京は、わっぜふとかとこじゃが。
いまだに適応できず時折ひんしゅくを買う私。

でこぼこな毎日だけど、出会った人や事や物、考えていることをボツボツと載せていきたいと思います。
田舎娘流東京OL修行日記。明日よりスタートでございます。

トップページ | 2004年12月 »